BUCHOの早稲田SILS & ICU 入試受験対策会議室

HOME 新規作成 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

■9378 / inTopicNo.21)  失われた20年経て 教養人の育成、いま再び 第2部 世界で戦う条件
  
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2012/04/23(Mon) 16:36:40)
引用返信/返信
■9397 / inTopicNo.22)  眞子さまが英国留学をご準備
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2012/06/01(Fri) 19:58:32)
    <眞子さまが英国留学をご準備>

    秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、英国の大学に9月から留学する準備を進められていることが1日、宮内庁関係者への取材で分かった。眞子さまは20歳で、国際基督教大教養学部3年に在学されている。

     留学は、同大学のカリキュラムにある交換留学制度を活用するもので、期間は半年余りになる見通し。スコットランドにあるエディンバラ大を有力候補としてご家族で検討されている。眞子さまは語学のほか、美術品の修復保存にも関心を持っており、美術分野を学ぶことをお考えになっているという。

     皇室では留学先に英国を選ぶ方が多く、エディンバラ大には高円宮家の長女、承子さまがかつて留学された。秋篠宮さまもオックスフォード大に留学されたことがある。

     眞子さまは大学1年のときにアイルランドに約1カ月間滞在し、語学研修を受けられた。長期留学は初めてとなられる。

    MSN産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/120601/imp12060111150001-n1.htm


引用返信/返信
■9404 / inTopicNo.23)  眞子さま、英国留学に出発
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2012/08/24(Fri) 17:42:16)
    篠宮ご夫妻の長女で国際基督教大(ICU)3年の眞子さま(20)は24日、英エディンバラ大短期留学のため、成田空港発の民間機で同国に向けて出発された。
     白いジャケットに黒っぽいスカート姿の眞子さまは、出発ゲートで見送りの関係者に一礼して飛行機に乗り込んだ。
     宮内庁によると、留学期間は9月から来年5月まで。眞子さまは大学の学生寮に入り、人文社会学部で関心がある美術分野などの講義を現地の学生と一緒に受けるという。(2012/08/24-12:33)

    時事ドットコム:眞子さま、英国留学に出発
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012082400415
引用返信/返信
■9406 / inTopicNo.24)  ICU・早稲田・上智などグローバル5大学連携協定を締結
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2012/09/01(Sat) 21:08:05)
    国際基督教大学、国際教養大学、上智大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学の5大学は、8月26日、グローバル5大学(G5)連携協定を締結した。

     同協定は、2010年4月に国際教養大学、国際基督教大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学が締結した4大学間協定に、国際的な教育で長い歴史と実績を持つ上智大学を加え、あらたに5大学間協定として締結したもの。日本の高等教育のグローバル化を一層推進するために、グローバル人材育成に関する教育方法や学生支援体制に関する情報共有、共同教育やファカルティ・ディベロップメント、スタッフ・ディベロップメントの共同運用などをめざし、相互に協力連携を図る。

    リセマム8月31日
    http://resemom.jp/article/2012/08/31/9598.html
引用返信/返信
■9410 / inTopicNo.25)  マッキンゼー新卒第1号 "マッキンゼー青春の日々"
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2012/09/18(Tue) 15:39:40)
    マッキンゼー新卒第1号

    私がマッキンゼーの面接試験を受けたのはICU(国際基督教大学)で学生をしていた1974年です。

    当時のマッキンゼー東京事務所は開設して間もない頃で、メンバーはアメリカから連れてきた外国人と日本人のコンサルタントがほとんどでした。まだまだ日本では知名度は低く、採用は即戦力の中途採用が中心で、新卒を採って育てようという発想自体がなかった。

    だから、私は新卒採用がない時代に新卒で採用された、記念すべき第一号ということになります。

    なぜ新卒採用をしていないマッキンゼーの面接を受けることになったのかといえば、ICUの先生から「キミのような人間こそ、マッキンゼーに行くべきだ」と強く勧められたからです。白系ロシア人のアナトール・ゴルシコフという先生で、その人はICUで英語を教えながらマッキンゼーでパートタイムのエディターをしていたようで、「とにかく行って話を聞いてこい」というのです。

    (中略)

    私は今でいうイベント屋みたいな学生でしたから(笑)、ゴルシコフ先生はその様子を見ていて、マッキンゼーを勧めてくれたのだと思います。

    でも、こっちはマッキンゼーなんて全然知らない。「世界最大のコンサルティング会社」と聞かされていましたが、コンサルティングという仕事もよくわからない。それでも、せっかく勧めてくれたのだから行くだけ行ってみようということで、マッキンゼーの東京事務所で面接を受けました。


    PRESIDENT Online(2012年9月17日掲載)
    後輩が語る"マッキンゼー青春の日々" (1)―大前さんと出合った日
    http://president.jp/articles/-/7221
引用返信/返信
■9592 / inTopicNo.26)  佳子さま、ICUに合格 宮内庁発表
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2014/10/30(Thu) 17:18:20)
    宮内庁は、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまが、ICU=国際基督教大学に合格されたと発表しました。来年4月に入学される予定だということです。

     佳子さまが合格されたのは、ICU=国際基督教大学の教養学部アーツ・サイエンス学科です。出願書類や面接などで合否が決まるAO入試と呼ばれる方法で受験されていて、先月24日に合格が通知されていました。すでに入学に必要な手続きは済ませていて、来年4月に入学される予定だということです。

     佳子さまは、今年8月末に、「新たな学びの場を持ちたい」として、1年半ほど通った学習院大学文学部を中途退学されていました。

     国際基督教大学は東京・三鷹市にある大学で、姉の眞子さまが、今年3月に卒業されています。
    (2014年30日15:59)News i - TBS
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2336470.html



    <<ニューススレッドに付き、このスレには返信できません>>
引用返信/返信
■9603 / inTopicNo.27)  ICU那須キャンパス、メガソーラー設置へ
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2014/12/07(Sun) 17:03:53)
    国際基督教大(東京都三鷹市)は同大那須キャンパス(那須町豊原乙)の敷地の一部を活用し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する。環境負荷の低減や、遊休資産の有効活用が目的。出力規模は約2・36メガワット、年間発電量は約240万キロワット時を見込む。1日に着工しており、来年4月1日の稼働を予定する。

     那須キャンパスは1978年に開設され、学生の課外活動、宿泊などに使用されていたが、2011年3月の東日本大震災で施設が被災したため、現在は休止状態となっている。

     メガソーラーは敷地全体の約4%に相当する約3万6400平方メートルを活用。第一発電所(約2万8100平方メートル)、第二発電所(約8300平方メートル)の二つを設ける。総事業費は約7億円で栃木銀行が融資する。



    http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20141206/1800892



引用返信/返信
■9651 / inTopicNo.28)  アルメニア大使館 記念碑の寄贈
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2016/01/10(Sun) 14:06:47)
    毎日新聞2016年1月9日 東京夕刊

    http://mainichi.jp/articles/20160109/dde/041/070/042000c

    キャンパスから平和の風を グラント・ポゴシャン駐日アルメニア大使

     「新しい年こそ、紛争や対立のない世界に」と言葉に力を込めるのはグラント・ポゴシャン駐日アルメニア大使(62)=写真左。日本とアルメニアの友好と人類の共生を希求する記念碑「平和のハチュカル」が昨年末、同大使館から国際基督教大学(東京都三鷹市)に寄贈された。

     「私の母国でも1世紀前に大きな悲劇があり曽祖父も犠牲者の一人だった」。第一次大戦期の1915年に始まった、当時のオスマン・トルコ帝国がアルメニア人を虐殺したとする事件を題材にした映画「消えた声が、その名を呼ぶ」(ファティ・アキン監督)が日本でも公開中だ。

     旧ソ連時代にモスクワ大学で数学を専攻。日本人留学生との交流がきっかけで日本に興味を抱き、国際基督教大の教員に着任したのが25年前。日本でのアルメニア大使館の開設(2010年)後、初代大使に就任した。

     記念碑は同大の敷地内に建立され、妻ナタリーさんとお披露目の式典に出席した。「キャンパスから平和の風を」と願う。

    <ニューススレッドに付き、返信できません>
引用返信/返信
■9678 / inTopicNo.29)  筑波大とICUが大学間連携協定を締結、両キャンパス機能を共有化
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(bucho.net)
-(2016/04/15(Fri) 18:18:18)
    リセマム 2016年4月14日 15時30分 (2016年4月15日 17時38分 更新)

     筑波大学と国際基督教大学(ICU)は4月6日、大学間連携協定を締結した。今後は両キャンパス機能を共有化し、教育研究資源を積極的に活用した教育を展開していく。ICUの学生は、筑波大学の医学医療系の研究指導を受けることができる。

     協定の特徴は、両大学の学生が相互の大学において、自身の大学キャンパスで学習しているような学習環境を得られることにある。協定では、受入れ学生数の上限を設けず、ICUの学生は筑波大学で医学医療系、スポーツ科学系、芸術系等の卒業研究の指導が受けられる。さらに、筑波大学の海外協定校に留学することが可能になる。

     筑波大学の永田恭介学長は、「有数なリベラル・アーツ教育を実施しているICUと協定を結ぶことができたことをうれしく思う」とコメント。永田恭介学長は連携を生かして有為な人材育成につなげる考え。ICUの日比谷潤子学長は「筑波大学は多くの協定校持っているので、そういった資源が活用できれば学生の選択肢が増えることになり、非常にありがたい」と述べている。

     今回の連携協定は、スーパーグローバル大学創成事業で進めている海外大学との連携である「Campus-in-Campus(CiC)」の国内版として、「Campus-with-Campus(CwC)」、つまりキャンパス機能の共有と位置付けられる。

    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160414/Resemom_30894.html
 
引用返信/返信

<前の20件

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 >>

  / 記事が古いため返信不可

Pass/

HOME 新規作成 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索 過去ログ

- Child Tree -


WasedaSILS.com
SILS入試ブログ
SILS対策掲示板
偏差値統計情報
過去問
キャンパスガイド
合格体験記
英語対策講座
リンク集
コンタクト
ICU
オンレクログイン
 © 1999-2011
bucho.net