カテゴリー別アーカイブ: 地方受験・沖縄兄弟

ICU合格沖縄兄弟 最終回

(東京でのお二人の暮らしの様子を教えていただけますか?)

弟:ワンルームのアパートで2人で暮らしています。
ちなみに部屋の半分が兄のベットです(笑)。

兄:まさか兄弟でICU(国際基督教大学)に合格するとか思ってなくて、沖縄から東京に出てきたときに勢いでセミダブルベッドを買ってしまったのですよ(笑)。
ベットの横で弟が布団を敷いて寝ている感じですね。
(そうすると友達を呼んだりはあまりできませんね?)

兄:二人で暮らしてからはないですね。
呼んでもいいけど、お互いに結構気を使うタイプなので。

(ご飯とかはどうする?)

兄:最初の頃は2人でつくって食べたりしていたのですが、最近は各自で食べることも多いですね。今日は松屋で食ってきた的な。

(ご兄弟2人で同じ大学にいるというのはどういうもんでしょう?)

兄:やっぱり兄としてはうれしいですよ。学校内で友達に「弟もICUに入ったんだって」とか言われますね(笑)。

弟:2人で東京に出て同じ家賃なので、親の負担は多少軽くできているのかなと思っています。

(お兄様から授業のアドバイスなどはされましたか?)

兄:人類学がおもしろいとか、先に必修を埋めておいた方がよいとか、4年間ICUにいて実感したことは伝えました。

(弟さんとしてはお兄さんがICU(国際基督教大学)にいっていなければ、ICUには入っていなかったですかね?)

弟:そうですね、そもそもICUを知らなかったし、琉大にいっていたと思いますね。またICU受験対策自体やり方が分かりませんし、BUCHOさんのオンレクを紹介してもらっただけでも大きいですね。

(なるほど、最後にお兄様は今年就活をされたということですが、その様子を教えて下さい)。

去年から活動していて、今年の3月4月くらいに終わったところです。
沖縄にいつかは戻りたいと考えていて、地元沖縄の企業なども考えていました。
沖縄電力とか。
最終的には沖縄に支社のある、東京本社のIT系企業に就職することにしました。
しばらくは東京で働きたいし、将来的に沖縄に戻れるというチャンスもあるからです。
特に沖縄の場合、地元の企業に就職してしまうと、地元から出られなくなる傾向があるのです。
そういう意味でも今のところ納得しています。

ちなみに今沖縄ではIT系企業の誘致に積極的で、メジャーなIT系企業が沖縄にデータセンターを作ったりしています。
就活が一通り決まってから公務員を受けようかなどと悩みましたが、最後にはそこで勤めようと決意しました。そこに至るまでには少し時間がかかりました。
(今年の就活はかなり厳しいと聞きますが)

30社くらい回って内定が1社が出たというところです。
自分としては普通にやっていたつもりでしたが、前年の様子が分からないので、どれくらい厳しいかは実感できないですね。

(弟さんの方は将来何をなさりたいですか?)

教職を考えています。
まずは在学中に塾の講師をやってみて、自分の肌に合っているか見てみたいですね。
もし会わなかったら別の職業でしょうか。
別の道を考えられるのもICUのいいところですね。

(ありがとうございました。)

okinawakyodai

ICU合格沖縄兄弟 弟編 2

沖縄出身で、ご兄弟でオンレクを受講され、ICU国際基督教大学に合格されたO兄弟インタビューシリーズ 弟編2

okinawa01

(Mさん(兄)写真右、Wさん(弟)写真左。武蔵境にて)

(引き続き弟のWさんに伺ってまいります。浪人中はどの辺りの勉強に力を入れておられましたか?)

弟:
社会科学に現役で大失敗していましたので、世界史、政経、倫理などをしっかりやりました。現役の時は現代社会しかやっていなかったのですが。もちろん英語もかなりやりました。

(先ほど後半はあまり予備校に通っておられなかったとおっしゃっていましたが、社会は独自の学習をされたのですか?)

基本的にそうですね。講座などを取らずに1から参考書でやりました。

(やはり社会科学方面の知識はあった方がいいのでしょうか?)

そうですね、(日本語の)論文を読む上でも知識は有った方がいいし、知識問題としてもでることがありますので、やはり有った方がいいですね。

(日本語の論文そのものを解く練習はしましたか?)

ICUの過去問は全部解いた上で、人文科学・社会科学の本文を要約をしてまとめる勉強しました。短時間で要旨をつかむトレーニングになりましたね。

(なるほど。英語は代ゼミの講座が中心ですか?)

そうですね。基本的には実際の入試問題を解きながら英語力を付けていくというものでした。講座では他の国立大の問題なども解きました。

その他英語で役立ったのは、単語帳はシス単(システム英単語)、文法はネクステ(NextStage)などですね)。

(単語帳や文法のテキストは結構やり込みましたか?)

いえ、実は単語や文法の参考書はやり込むというとこまで復習していません。同じテキストを何回もやるスタイルは自分には向いていませんでした。ICUの過去問で出た熟語などを小さなノートにまとめたりしていたのが役だったりしました。過去問そのものからかなり学んだところが大きいですね。

(元は理系だったということですが、自然科学で受験されなかったのはなぜでしょう?)

元々の理系だった数III、Cまでやっていたので、途中で方向性が違うかなと思って、結局文系のような勉強もしていました。

現役の時なぜ自然科学で受けなかったのは、人文科学と社会科学の相乗効果を期待していたからだと思います。どちらも論文の試験なので。またサイトなどを見ていると、社会科学なら文章を読めば解けると思っていましたので。

(そういえばMさん(兄)は元々文系ですね? 弟さんに何かアドバイスはされましたか?)

兄:
BUCHOさんのオンレクはいいよと言っておきました(笑)。
後は英語をガッツリやっておけば間違いない、ということを言ったと思います。

(Wさん(弟)の方も浪人を経て合格されている訳ですが、現役の時とはここが違って合格できたというところはありますか?)

弟:
そうですね、受験を振り返ると、なんでこの問題が分からなかったのだろうと教養のなさを実感するところはありました。
過去問の人文・社会科学をやりこんで行くと、諸分野の知識が身についていきました。
また英語の文そのものも教養にはなっていったと思います。

またリベラルアーツ学習適性も得意になっていって、オンレクでは常時8割くらい取れていました。実際の試験では緊張からかそこまでの感触はありませんでしたが。

(他の教科はどうでしたか?)

英語のリスニングはあまり得意ではなかった6割くらい。リーディングは結構自信がありまして、8割-9割はいけたかな?というところです。

人文あたりは結構好みが差があって、それが得点に影響する感じがありました。

自分の場合横文字が多い方がギリシアなど西洋古典ものは得意で、夏目漱石が出てくる日本文学、東西文学の比較みたいなのは苦手でしたね。例えば西周(にしあまね)の問題とかが出ていますが、その辺りはかなり苦手でした。

(なるほど、Mさんの方はそのような好き嫌いはありましたか?)

兄:
自分は逆に横文字系(ギリシア古典など)が苦手でしたね(笑)。
学問とは何かとか、社会科学とは何か、とかそもそも論みたいなのはおもしろいと思いました。例えば「歴史学とは何か」とか。学問について学べたようにも思いますし。

沖縄ICU兄弟 弟編1

(沖縄出身で、お二人ともICU国際基督教大学に合格された、O兄弟のインタビューです。続いて弟のWさんにお話を聞いていきます。お兄様とは4歳離れていて、同じようなコースでICUに入学されていますね。やはり沖縄の高校を卒業後、浪人の時にオンレクでICU入試受験対策をして、学習して、ICUに入られた形ですね。)

そうですね、兄とは高校も同じでした。
兄の通っていた高校は一応進学校なので、無難かなと。
また高校が家から近くて、10分くらいというのも魅力でした。

(当初からICU志望でしたか?)

いえ、自分は兄とは違って理系でしたので、漠然と筑波大学の理系などを目指していました。
しかし現役の時は希望校があまりはっきりとは決まっておらず、
たぶんどこかに大学に入ってもあまり関心がないのではないのかなど、いろいろ進路では悩んでいました。

そんな時に兄に電話しまして、ICU(国際基督教大学)なら入ってから決められると、半分冗談混じりに言われたのが、ICUを志望するようになったきっかけでしょうか。
最初はそんな大学があるのかという感じでしたが。
それは高3の夏くらいの事ですね。

(現役の時のICU受験の手応えはいかがでしたか?)

現役の時は一応受けてみるかという感じでした。

とりあえず英語だけに力を入れていて、ほとんど英語だけしか勉強しなかったですね。
そしてちょうど2009年の社会科学の知識問題ばかりが出題された年に当たってしまって、見事に跳ね返されました。

今思うと跳ね返されてよかったのではないか、結果的には勉強する機会ができてよかったとも思います。センターなども7割くらいで止まっていましたし。

全部独学でやっていたのですが、独学でのICU受験対策には限界を感じました。
実際にICU入試を体験するまでは単語を知っていればどうにかなるんではないかという程度の軽い気持ちで勉強していました。

(そこから浪人されるわけですが、浪人期の様子を教えていただけますか?)

自分も兄と同じく沖縄で浪人していました。
沖縄の実家の兄の部屋は、兄がICUに合格して東京に出ていったことで空いていましたので、そこを勉強部屋として使っていました。

勉強の中心はBUCHOさんのオンラインレクチャーと代ゼミの単科講座で、単科講座は英語読解を取っていました。代ゼミは単科以外は自習室の利用ですね。
前半はよく自習室を使っていました。後半はICU入試対策に集中するため、自宅でオンレクを中心に勉強しました。

(代ゼミの単科の英語読解というのはどのような内容ですか?)

初心者から上級者までの一般的な英語対策ですね。一応ハイレベルとなっていましたが。
(浪人時の併願校はどのようなところでしょう?)

中央総合政策学部(合格) 早稲田大学国際教養学部(不合格)などです。

ただ他の学校に受かっても、ICUに落ちたらもう1年浪人(2浪)してICUに行くつもりでした。
とにかくICUに行きたいという気持ちがありました。
現役の時に行ってみて惚れ込んだというところが大きいですね。

(次回に続きます)

沖縄ICU兄弟 兄編2

沖縄出身で、ご兄弟でオンレクを受講され、ICU国際基督教大学に合格されたO兄弟インタビューシリーズ 兄編2

(引き続きMさん(兄)に伺って参ります。ICU対策、および大学受験について、オンレク以外の部分に関して伺っていきたいのですが、沖縄の予備校ではどのような勉強をされていましたか?)

予備校では東大対策みたいなのをやっていましたね。
ちょうどドラゴン桜がはやっていた時期で、元々は東大に行きたいとか思っていましたね(笑)

(確かにあの頃はドラザク(ドラゴン桜)・東大受験ブームでしたね。大学受験の参考書コーナーにまであの漫画が全巻並んでいたのを覚えています。予備校で特に役だったという勉強はありますか?)

英作文とか国語の筆記問題でしょうか。
特に論述問題などのアウトプットが意外に役立ちましたね。

(選択肢のみを選ぶ学習とは違って自分の理解を示すというのは重要なところかも知れませんね。)

後は、国語と英語は既存の予備校の学習が役立ちました。
国公立受験のためのセンター対策で幅広くやったのがよかったと思います。
幅広く知識をつけることができましたので。

(浪人して国立難関校を目指すとなるとかなり勉強されたのでしょうね。勉強は1日何時間ぐらいされましたか?)

浪人期の前半は勉強できる時間は全て勉強していました。
一日10時間くらいでしょうか。
ただそれでは根を詰めすぎてしまって、後半は1日4,5時間に減らしたのですが。

また勉強の内容も当初は国立難関校などを幅広く目指しつつ、最終的に私大にシフトしていった感じですね。

(ICU受験を現役・浪人と経験しておられますが、現役で不合格であった理由、そして浪人して受かった理由はどの辺りにありそうでしょうか?)

現役の時は全体的に足りなかったですね。勉強量そのものが足りなかった。
やっているつもりであまりやっていなかった。問題を解く量とかですね。

(やはり大学受験はある程度勉強時間がものを言うところがありますかね)

そうですね、基本的に大学入試はインプットが求められる試験なので、
時間をかけて色々な知識を頭に入れた方が有利ですね。

また現役の時はICU一本に絞っていました。
それで逆に視野が狭くなってしまい、ちゃんとした受験勉強をしなかったのも原因かと思います。
英語とSPIとかをやり込んで、マニアックな方向に行ってしまったのです。

浪人の時はBUCHOさんのオンレクでICU(国際基督教大学)対策をしつつ、しっかりと受験勉強をしていったことがよい結果に繋がったと思います。

(貴重なお話をありがとうございます。続いて弟のWさんにお話を聞いていきます)

沖縄兄弟ICU合格 兄1

-今回は沖縄出身で、ご兄弟でICU(国際基督教大学)に合格されたというご兄弟にインタビューさせていただきました。お二人ともオンレク受講生です。

お二人とも高校・予備校まで沖縄県、ICU受験の際にオンレクをご活用いただきました。

Mさん(兄)2006年度入試オンレク受講(10) 現ICU5年
Wさん(弟)2010年入試オンレク受講(14) 現ICU1年

(まずお兄様のMさんからお話を伺っていきます。Mさんがオンレクを受講されたのが2006年度なので、IDは10ですね。)

そうですね、1年留年した形なので、10なのに今年(2011年)卒業予定なのですが(笑)。
(*注 ICUでは卒業予定年がIDになります。10だと2010年度卒業予定)

(沖縄ご出身でICUに興味を持たれたというのはどのようなところからでしょうか?)

高校にいたころは、沖縄県外の大学に行きたいなと思っていました。
いろいろ探しているうちに英語などができる環境、さらに、国際的なもの、海外へのあこがれといったところから、ICUに興味を持ちました。

東京に出てきた際に何校かのオープンキャンパスにも行ってみまして、
その中でもICUはいいなと思いました。

(沖縄から東京のオープンキャンパスに参加するのは大変そうですね)

そうですね、それだけではなく、高校2年くらいのこと観光がてらという感じで東京の大学を回ってみたという感じです。

(やはり沖縄だとICU(国際基督教大学)はあまり知られていませんか?)

沖縄からICUはかなり珍しいです。
地元でICU志望と言うと、病院に行くのとか、おまえキリスト教徒だったのかとか。

(ベタなリアクションですね)

それから地元でキリスト教大学といえば沖縄キリスト教短期大学というのが有名で、それとも本気でよく間違えられました。

(ご両親はなんとおっしゃっておられましたか?)

基本的にノータッチですね。

2人とも高卒なのでそもそも分からないようでした。
大学と言えば早慶東大京大、そして地元の琉大ぐらいしか知らなかったと思いますよ。
本人の選んだ大学なので任せるというといったところです。

(プロフィールによると沖縄の公立校を卒業後、沖縄で浪人されていたのですね。予備校はどうされていましたか?)

浪人期は沖縄県内の代ゼミサテライン校に行っていました。
後半はほとんど予備校には行かず、オンレクとZ会を平行しながら勉強していました。

沖縄の人はあまり大学で県外に出ないですね。
琉球大学に行く人が一番多いです。
琉大対策専門のそれ専用の塾がある程です。

東京にずっと住んでいる方は実感されないかも知れませんが、実家が東京にある方はいろいろと有利ですよ。受験においてもその後の生活においても。逆に地方は不利な面が多々ありますね。

(なるほど、そほど沖縄から東京の難関私立大学というのは珍しいわけですね?)

指定校推薦で早慶に行く人はいますが、一般受験で東京の難関私大で行くひとはほとんどいないですね。やはり琉球大メインです。

(BUCHO.NETのオンレクはどうやって見つけましたか?)

現役で受験するときにICUの受験情報を集めていました。
その時は掲示板などをチェックしていました。
ICU 受験みたいなキーワードで見つけたのだと思います。

(現役の時はオンレクを受講されていませんね)

最初は自分で対策できるかなと思っていました。
ただ実際受験してみると、自分だけでやるのは難しいですね。
沖縄でICU対策をやっている塾は全くないですし。
参考書も過去問くらいしかなかったです。
だったらサイトでやっちゃった方がよいと思いました。
現役からやればよかったと思いましたが。

(現役の時と、浪人の違いはどのようなところにあるでしょうか)

浪人中英語のリスニングなどはすごく伸びましたね。
かなり聞き取れるようになりました。

後は最初の一般能力考査(現リベラルアーツ学習適性)ですね。
あれはオンレクをかなりマニアックなくらいやりこみました。

(Mさんの時代はまだリベラルアーツ学習適性が一般能力考査でしたね。具体的にはどういう対策をされたのですか?)

オンレクの問題を2,3周はやりました。
やっている内に得意不得意が分かってきて、捨てるところは捨てる、拾うところは拾うというのを徹底するようになりました。

自分の場合は漢字の熟語は苦手で、とても覚えきれないと思ったので、自動的に捨てていました。

(なるほど、四字熟語などはよく出題されるところですが確かにバリエーションが多い問題ではありますね)

逆に図形や論理の問題など得意なものはどんどんやっていくようにしました。
そういうものから先に解いていくことを心がけました。

(併願校はどういったところでしたか?)

早稲田国際教養と中央総合政策、青山国際政治などですね。後はセンター慶應法などです。

(次回に続きます)