カテゴリー別アーカイブ: 大学院

ICU(国際基督教大学)からの大学院進学 東大、北大、ICUの院試 2

(引き続きICU出身の大学院生の方々にインタビューをさせていただきます。最近は国際教養系の他大学の学部も増えて、学部でリベラルアーツ教育を受けるメリットも認知されてきたという印象があります。特に文系では「専門性が云々…」という声は最近ほとんど聴かなくなりました。理系の場合でもICUのように広く学ぶという大学はオススメでしょうか?)

北:学部の時は幅広く学んで、院に入ってから専門をしっかりやった方がよいということをおっしゃる先生方は多いですね。理系のエンジニアなどは院に進学するのが当たり前ですし、院のレベルにまで行くと英語もできて当然という雰囲気もあるので、どの分野にせよ、学部の時にICUで学んでおくというのは大いにメリットがあると思います。高校生の段階ではこの先生でこの勉強をしたいとか、もちろんあってもいいと思いますが、理系のごく特定の分野に関して、あまりにピンポイントで「この研究をやるんだ」と意気込んで大学に入っても、そういった期待通りの研究が学部からできるとは限らず、むしろ学部の段階では幅を持たせることも大事だと思います。

I:学部は所詮学部というところはありますね。数学など、きっちりステップを踏むような学問では、学部の段階で学ぶような内容はどの分野の数学の先生でもまずカバーできる。むしろ数学以外のその他の学問の先生から学ぶところも大きかったように思います。

(入学してから専攻分野を決められるというICUの制度も、院進学には有利に働いている部分はありますか?)

北:それはあると思います。僕の場合今は数学専攻で数学漬けの毎日ですが、実はICUの入試では数学を使いませんでした(笑)。当時から数学には関心があったのですが、高校生の段階では別の科目を得意としていましたし、得意=好きな科目、ぐらいにしか考えていませんでした。そういう意味ではICUに入ってなければ今のような希望する大学院への進学はできなかったと思います。

高校生の時は物理と化学の受験勉強をしていました。現代文とか好きで、哲学もやりたいと思っていました。実際ICUに入ってみると入ってみたら哲学文学系統にいい先生がいらっしゃって、大いに学ぶところがありました。

I:そういう意味でICUは理転というか、文系の入試を受けて、理科系の専攻をすることも可能ですね。大学入試的にも文化系から来やすい。ICUは少人数制で、理系の場合特に先生の受け持ちが少ないので、途中で専攻が決まった場合でも、先生は見捨てないし、そういう意味ではサポートが手厚いですね。

(理系の専攻の人とって、文系の人がいるというのはメリット?)

東:ICUのシステム上、文系理系を問わずいろんな人と絡むことになります。バックグラウンドがいろんなところからディスカッションが出きますし。そもそも高校生段階では何をしたいかとか分からないですからね。いろいろな専攻に興味関心を持った人との対話を通して、専攻が見えてきたという人も多かったと思います。

(なるほど。やはり院に進むとなると英語というのは大事でしょうか?)

北:理系だと英語の教材を使わせることが多いです。英語で論文書く機会も多いですね。ほぼ一般向けに書くのでも英語のケースもあります。Officialなものは英語という雰囲気です。研究者では英語は必須条件のようにも思えます。

I:就活をした学部生の話では、就活してて理系で英語ができるというのは非常に有利みたいです。やはり英語は文系にできる人が多いので。

東:自分の場合も今いる研究室でICU出身で英語ができるという部分を期待されています。

ICUは絶対数が少ない割には海外の院も多いですし、海外進学の可能性が広がるのも大きいです。英語をみっちりやっていたおかげで海外でも活躍できたというICUのOB,OGの研究者も多いですしね。

(なるほど。お話を伺っていると理系のICUというのは意外に大いにありのように思えてきました。)

北:確かに国立の院に進学した実感として、ICUよりは、研究機関としての環境は整っています。例えば、北大だと数学専用の図書室があるくらいですし。ただ、例え環境があってもアクセスできなければ意味が無いわけで、学部の時点の専攻などの食い違いで将来が限定されるというのはもったいないような気もします。

ICUの学部→国立院というのは、それぞれ学部と院のいいとこ取りという感じで、相性が良いよいようにも思いますね。

東:自分の専攻している情報の分野も、研究内容によっては大規模な設備が必要なものがあり、そのような意味で国立の院というのは充実しています。そのような意味で、ICUの学部では諸分野を幅広くしっかり学んで、英語を習得し、高度な設備にアクセス可能になる大学院の段階で、設備の整った院に行くというのは自分にとってはよい選択肢でした。

(ICUの院の方はいかがですか?)

I:ICUの大学院は、理系の場合特に超少人数制なので、第一線との研究者の指導を密に受けられ、ある意味で贅沢ですね。お目当ての先生がいればこんなにいい環境はないです。確かに研究分野によっては他大学の設備等で外研をする必要が出てきたりしますが、そもそも、最近の学問は国内だけで済むような研究ばかりではないですからね。ICUの院だと海外に研究に出る人も多い。そういう意味では大いに強みがあると思います。

(ありがとうございました。)

ICU(国際基督教大学)からの大学院進学 東大、北大、ICUの院試

ICU(国際基督教大学)からの大学院進学を考える

(写真)各大学院の学生証(上から北海道大学、東京大学、ICU)

今回はICUを卒業して大学院に進学された3人の大学院生にお集まりいただき、
お話を伺いました。お三方とも数学(情報)専攻です。オンラインレクチャーの理系解説の作成にもご協力いただいています。

1.SさんICU大学院(以下I)
2.Fさん東大大学院(以下東)
3.Kさん北大大学院(以下北)

参考2011年度 ICU進学先上位大学院(ICUWebサイトより)

大学名
人数 大学名 人数
東京大学大学院 28 一橋大学大学院 13
国際基督教大学大学院 9 京都大学大学院 5
名古屋大学大学院 5 早稲田大学大学院 4
慶応義塾大学大学院 3 北海道大学大学院 3
上智大学大学院 2 筑波大学大学院 2
東京学芸大学大学院 2 オックスフォード大学 2
ブリストル大学 2

(ICUは就職の実績もよいですが、大学院の進学実績も非常によいですね。2011年のデータでは、東大28、一橋13人など、ICUの学生数を考えると非常に多くの学生が国内の著名な研究機関に進学している様子が伺えます。このようにICUから大学院の進学実績がよい理由はどのあたりにありそうでしょうか? 特に東大はかなりの人数が行っていて、人数上は最も多い進路になってしますね。)

東:東大に関してはそもそも院の人数がとても多いです。東大の大学院は博士課程を含め4000人以上いて、学部より入学者数はずっと多いです。試験という意味では倍率も低いですね。

(ご自身の進学された情報関連の研究室だとどれくらいですか?)

自分の所は外部(東大出身者以外)の学生で2-3倍、内部進学だとあまり落ちないくらいの感じだと思います。

(なるほど、次に東大の院試の様子を教えていただけますか?)

東:自分の受けた研究室の場合、院試は大きく3つあって、

数学、専門科目(コンピュータ科目)、TOEFL

でした。TOEFL以外は会場試験ですね。時期は8月後半です。

(過去問は大学に行ってもらう形ですか?)

今は東大のページで公開されているので、ネットで見れますよ。

(何年分ぐらいやりましたか?)

5年前に形式が変わったので、5年分やりました。

(どれくらいから受験を意識して勉強しましたか?)

3月ぐらいから意識してやりました。

東大の内部生だと直前にやる人もいたとか。
自分の場合3月から8月はほぼ受験対策をして過ごしたという感じでしょうか。

(推薦状とかは?)

いらないです。

(東大院の場合何が合否に大事?)

基本的にテストの点で決まります。
ただ希望の研究室に入るにはそれなりによい点数を取っておく必要があります。
同じ専攻で合格しても、試験の点数が高い順に希望の研究室に入れる形ですので。

(ICU生だから有利というのはあると思いますか?)

分野によると思いますね。TOEFLの点数は間違いなく有利です。
専門科目に関してICUの数学は非常に充実しているので、その点でもある意味有利と言えるかも知れません。

(基本的な部分の質問で恐縮ですが、院試の場合、出身大学別に有利不利とかはあるのですか? 大学別に採用不採用とかはあり得る?)

北:あまり露骨に大学別で門前払いされるということは院試ではないと思います。例えば自分に進学した北大の自分の研究室で言うと早稲田とか立教とか関東の私大もいますし、地元北海道の私大の方もいますし。

(なるほど。次にICUの大学院の院試の様子を教えていただけますか?)

I:はい、必要な書類は以下のようなものです。

・研究計画書
・推薦状
・英語の成績 TOEFL/TOEIC IELTS
・卒業論文のコピー 英語要約

もちろん面接もあります。これは生徒一人に先生が3人くらいの形で行われます。

(やはりICUの院だとかなりのTOEFLを要求されそうですね?)

専攻によると思います。日本人が多くないコースの場合、
英語のスコアが高くないとというコースもあるが、多くのコースの場合本人のやる気次第というところもあると思います。

(なるほど、ICUの大学院の売りと言いますか、魅力はどの辺りにありそうでしょうか?)
そうですね、とにかく学部にも増して少人数なので、先生を独占できるというところでしょうか。先生一人に学生が一人二人、という状態です。

大人数の大学院ではこうはいかないと言いますか、指導を受ける環境としては非常にいいですね。

またICUには文系のイメージを持つ高校生が多いと思いますが、理系の先生も充実していいて、知る人ぞ知るという所もあると思います。有名なところでは日本物理学会前理事長の北原先生も在籍されておられましたし、全体に指導教官のレベルは高いと思います。

(北大はいかがですか?)

北:北大は書類と面接です。推薦状は必要ありませんでした。

(ICUから北大院は珍しいような気もしますが、ICU関係者はいらっしゃったりするのですか?)

去年は3人行っていますし、全くいないわけではないですよ。むしろ驚いたのですが、自分と近い研究室の教授陣に2人もICU出身の方がいらっしゃいました。アカデミックの方面で活躍しているICU生も多くて、北大に限らず、ICU卒で教授になる方は結構いるみたいですね。

(次回に続きます)