ICU国際基督教大学合格体験記2004 〜carelessmithさんの場合〜

1. お名前


carelessmith


2. プロフィール(出身高校、予備校、趣味、サークル、特技など)



埼玉県立の男子校出身で、トフルに二年の九月から通ってました。特技は授業中寝ること。


3. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科


年度:2004年一般入試
合格: 国際関係学科
第1志望: 国際関係学科 第2志望:教育学科


4.併願校


上智大学 法学部地球環境法学科 


5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)


気付いたら知ってました。特に憧れるでもなかったけど、あーこんなところがあるんだ、いいなーと。二年の初めまでには第一志望として固まっていたかな・・。ICUの英語を買って、それをみてトフルに入ったのが二年の中ごろです。ICU講座は長い休みの講習にしかなかったので、三年になってからは高田馬場まで出向きました。志望理由は、月並みですがリベラルアーツです。最近受験生には支持されなくなっているとかいないとかですが・・もともと変わった人たちがあつまるんだ、気にするな、と思って決めました。どの分野を専門にするか、高校の三年間では全く決まりそうに無かったので。


6.ICUに期待するところ


とにかくまずはいろいろな分野からつまみ食いしたいです。音楽学なんて、ちょっと他にはない魅力なような気がしますし・・(勉強不足だったらごめんなさい)あとはやはり英語です。


7.受験対策


a.願書(願書に書いた志望動機、関心持っていることがらなど。)


将来どんな仕事をしても必要になるであろう、物事を多角的に捉える視点を得るために・・とかごく一般的なことを書きました。



b. 一般能力考査


過去問と変わらず・・といった印象しかなかったです。時間配分がなんといっても一番大事ですね。


c. 人文科学考査


幽霊、フェミニズムを通してみる比較文学。・・なんか説教されてる気分になりました。難解な文章ではなかったけど、面白くもなかったです。幽霊は弱者である女性の声を代弁し、そしてその力は、幽霊ゆえに、文化や時代を超えて現れるそうで。フェミニズムは現在の知的パラダイムの転覆を狙ってるのだ、それが出来るのはフェミニズムしかない。そこにポストモダン的、私勝手にこう思います論をぶつけたらああなる気がしないでもない。


d. 社会科学考査


世界の平和について。とくに最近のアメリカについて論じていました。文自体はすごく平易で、構成もわかりやすく、読んでいて楽しい感じでしたが、知識問題が多くてがっかりでした。あまり関係ないけど、E・サイードの名前が人文・社会ともに出てましたね。ICUを狙う人は読んでみるといいかもしれません。「知識人とはなにか」とか「オリエンタリズム」とか。知識問題に関しては、世界史だけかと思いきや日本史の問題も多かった印象があります。杉原千畝が出たのにはびっくりしました。知ってるつもりバンザイ。


e. 英語学習能力考査


印象的だったのはリーディングの、二つのパラグラフの関連を問う問題。来年からも出るのでしょうか。文の内容としては、なんかやはり説教されてる気分になりました・・。リスニングは、早稲田の国際教養も受けた友達が「ICUのが三倍ムズい」って言ってました。なんの参考にもならないか(笑)でも毎日続けてれば、相当取れるんじゃないかなぁ。となりの人はかなり出来るらしく、ほおづえをついて、放送が終わると同時かそれより前に答えてました。なんてことだ。まぁ周りに気を取られず、わかんなかったらすぐ諦めて次を聞くってのが、生粋の日本人には一番いいとおもいます。



f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)


 

まず一般は、リラックスして解けばいいと思いますよ。ミスで19問ノーマークで出した友達も合格しましたし。勉強法は・・トフルゼミナールのICU講座って役に立つのでしょうか?近くでやってりゃ勉強の合間に受けてもいいくらいかな・・。春期講習とか、そういうのに出て問題にたくさん触れるのは悪くないと思います。あとやはりICU入試は国語力でしょう。英語は全体の四分の一、国語は二分の一(社会科学ならですが)。一年かけて、新書とか岩波や新潮文庫とか、とにかく読むのがいいとおもいます。読解の方法に関しては「本を読む本」ってふざけた本がオススメです。試験中は、休み時間には教室から出て新鮮な空気を吸う事に気をつけました。あと今年からか分かりませんが、マーカーとか使用禁止でしたよ。知り合いはそれでかなり困っていたようです。


8. 最後に一言


大学が欲している生徒像を考えて、それに向かって努力すれば、結果が出るんじゃないかと思います。そういう風に努力したなら、もし不合格でもその努力はとても有意義なものになるでしょうし。それがICU入試のいいところなんじゃないかなぁ。そのかわり求められてるものを得るのは簡単ではないでしょうが。たとえ合格したからといって、全て得られたかっていったら全くそんなこともないし。全く、厳しいなぁ・・。僕はそう思って頑張りました。がんばってください。





BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net