僕はこうしてICU入った。 〜ダンボさんの場合〜




1. お名前、プロフィール


<お名前>


ダンボ


<プロフィール>


東京の某私立大学付属高校出身。
高三4月より早稲田塾に通うが、夏期講習より城南予備校に切り替える。尚高三10月まで文化祭実行委員で、ほとんど勉強せずでした。
特技:ハンドベル☆


2. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科


年度:2005年一般入試
合格:社会科学科
第1志望:国際関係学科 第2志望:社会科学科


3.予想得点


一般能力:6〜7割くらい・・・
人文科学:7割くらい
社会科学:9割くらい
英語読解:6割くらい
英語聴解:6〜7割くらい


4.併願校


○フェリス女学院大学国際交流学部→合格
○立命館大学国際関係学部F方式→不合格


5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)


受験を決めた高三の5月頃に、なんとなくICUのパンフレットを見たことからICUの魅力にとりつかれてました。母に薦められていた影響もあるかも・・・。ICUの全てに惹かれました。リベラルアーツももちろん、キャンパスライフが楽しそうで楽しそうで☆ずっと慣れ親しんでいた(キリスト教主義の学校に通ってました)キリスト教(メソジスト派)にも親近感をもっていました。


6.ICUに期待するところ


ともかく何でもかんでも吸収できることは吸収したい。民族学にも地理学にも国際関係論にも比較文化論にもマス・コミュニケーション論にも、ともかく今興味があるいろいろなことに目を向けていきたい。また、英語を道具として使えるレベルにして、更にフランス語もある程度できるようにしたい。


7.受験対策


a.願書


<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>


ICUの教育理念であるリベラルアーツという考えが自分の求めるモノに一致している。ずっと慣れ親しんできたキリスト教概念にも親しみを感じている。…あんまり何を書いたか覚えていません。ごめんなさい。。


<2.ICUで何を学びたいかを志望学科と関連して簡単に述べ、また将来の志望とその理 由を述べてください。>


中学の頃に学校の講演カンボジアの子供たち(ストリートチルドレン)のことを聞いて以来、世界中で貧困に喘いでいる子供たちに、衛生的な生活の場そして教育の場を与えて、日本のように自由に学べる環境を作る手助けをしたい。


<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>


ハンドベル(小4よりクラブ活動でやっている)。高校生活を通じて生徒会活動をしていたこともあり、人をまとめ何かを一緒に作りあげることを得意とする。


b. 一般能力考査


ベクトルみたいなのが出てビビった。文系だし知らないよっと思った。あと思ったより複雑な数学(ただの等差・等比・階差数列ではない)が出て焦った。あんまり世界史系は出ていた記憶がない。数学をもっとちゃんとやればもうちょっとどうにかなったかなと思う。図形パズル系が5題出たと思う。


c. 人文科学考査


聖書哲学っぽい文でした。確か「金魚鉢と縄」とかいった題名。問題文が論文に出てきた通りにならんでいず、少々焦った。人文でこういう問題形態にであったことがなくて・・・。でもキリスト教に親しんでいたせいか、結構抵抗なく読み進めることができたと思う。文は横書きでした。


d. 社会科学考査


社会科学は例年に比べて何もかもが簡単だったような気が・・・。ほとんど間違えなかったと思う。ジェンダー問題がテーマ。わりかしそこまで予備知識がなくともいけるって感じでした。本文も一段落が短くて読みやすかった。


e. 英語学習能力考査


リスニングは例年のように、何回も出てくる表現があってソコはできた自信がある。だけどわけがわからないのも多々あった。リーディングはPART1のTEXT2が本当に意味不明でした。哲学的?生物的??文化的???受かった今でもよく思い出せないから、本当によくわかっていなかったんだと思う。PART2のマーケティング論だったかな?難しさは例年通りだと思った☆


f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)


とりあえず毎日何か英文と長めの論説文に目を通すようにしていた。自分の意見を持つのはもちろん、長い文にビビらないようにした。現代文は城南で徹底的にやった。現代文が出来るようになって、英文も読みやすくなった。あとICU模試はやっておいた方がいいと思う。ICUの入試の長丁場に慣れておいた方がベターかと!


8. 最後に一言


私みたいに本格的に受験勉強を始めるのが遅くても、ICU一本に絞ってその為だけに勉強するのが効果的だったのかなといます。気分が乗らない時はICUのパンフレットを見て自分にカツを入れてました。あとちょこちょこICUのキャンパスに足を運んで志気を高めました。はっきり言って私が合格したのは、50%の努力+50%の運のおかげだったと思います。ICUの入試は結構精神的な部分に左右されるので、落ち着いて自分は受かると信じて、入試に望めたら結構いけると思います。私の場合は確実にそうでした。だから最後まであきらめずICUを愛する気持ちを持って、頑張って下さい!!!


<Prev> [ Index ] <Next>



BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net