僕はこうしてICU入った。 〜イルカ族の娘さんの場合〜




1. お名前、プロフィール


<お名前>


イルカ族の娘


<プロフィール>


東京の私立中堅女子校出身。Z会早大即応コース受講&お茶ゼミ。


2. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科


形式:一般入試
年度:2006年度
合格:社会科学科
第1志望:社会科学科
第2志望:人文科学科
センター方式:受験していない


3.予想得点


一般能力得点 = 3割?
人文得点 = 8,5割?
社会科学OR自然科学得点 = 9割?
英語リーディング得点 = 6割
英語リスニング得点 = 7割??


4.併願校


早稲田大学政治経済学部政治学科(×)
     教育学部国語国文学科(○)
立教大学社会学部現代文化学科<セ、一般、全>(○)
明治大学文学部心理社会学科(○)


5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)


大学に行くのだから、勉強したいと思ってました。受験勉強をしながらずっとなんとなくそう思っていて、12月のはじめ、学校で受けた模試の最適併願校?みたいなものにICUが出ていて初めて受けてみようと思いました。翌日に赤本を買って試験問題を見て諦めかけましたが、ICUへの愛だけを支えに(笑)頑張りました。


6.ICUに期待するところ


↑のような理由ですので勉強したい分野とかは特にはありませんでした。私が期待していたのは、生徒が勉強に対して意欲的であることです。あとはおもしろい人に一杯会うこと。(本当にいっぱいいたよ!w)


7.受験対策


a.願書


<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>


大学を勉強のための場と位置づけていること、『英語を勉強』ではなく『英語で』勉強できることが良い、みたいなことを書いた気がします。


<2.ICUで何を学びたいかを志望学科と関連して簡単に述べ、また将来の志望とその理 由を述べてください。>


政治学にすごく興味がある、それは一つの視点だけでは完成されない。そのためにもELPでツールとしての英語をしっかりと身につけたい。


<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>


美大受験用の予備校に通い美大進学を目指していた、そこでは『描く』ことと『観る』こと、沢山のことを教わった。その知識は今でも生きている・・・みたいな感じ。


b. 一般能力考査


最初に見て泣きそうになった一般。BUCHOさんの予想問題をほぼ暗記?ってほどやりました。語彙(慣用句、漢字読み)などは得意でしたが、数学が小学生時代から壊滅的にできなかったため、本番の考査ではすべてCをマークしました。私は試験場で緊張からすごく焦ってしまい、20問ほどはほとんど考えずにCをマークすることになってしまったので、時間を短めに計ってなれておくと良いと思いました。とにかく慣れです!


c. 人文科学考査


現代文が超得意だったので、長文考査×2は得点源にしようと思って臨みました。 本番の人文は内容が私的にはちょっとノってこなかったとと日本史知識問題が多かったので焦りました。人文は社会と比べて主観寄りのロマンティックな文章なのでやりにくい人も多そうです。ただ内容はホントにおもしろい!美術、音楽、宗教に関する知識が本当に役に立ちました。まずは興味を持って問題文を楽しむこと!


d. 社会科学考査


過去問の中には結構多い国際関係論をあつかった文章が苦手でした。あと現代社会っぽい知識がわからなくて不安に思っていました。やっぱり高校の授業を聞き流してでも聞いておくべきだったと思いました。本番はちょっと意外なほどやりやすくて、高得点の争いになりそうだと思って逆にあせりました。人文、社会ともに30分ほど時間が余りました…。 これもやっぱり興味を持たないとつらいです。


e. 英語学習能力考査


<リスニング>
BUCHOさんのCDを通学中とにかく聞きまくりました。リスニングは最後まで課題でしたが、今になって思うのはやはり継続が力になるんだということです。スタートがゆっくりめだったため、私がマジメにCDを聞いた期間は一ヶ月くらいでしたが、やった時間の量が確実に力になる教科だと強く感じています。(とくにICUに入った今!)


<リーディング>
Z会をやっていたこと、また意外なことにリスニングをやったことがとても役に立ちました。リスニングをやることでリーディングを読むのも早く、楽になったと思います。 英語は苦手意識のある教科だったので、過去問をやりまくりました。『ICUの英語』も狂ったようにやりました。


f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)


オンラインレクチャーには本当にお世話になりました。すべての問題がきちんと解説されていてとても頼りになりました。成績の表を眺めて悩み込むこともしばしばでしたが、オンレクは私のようなごく普通の(英語ができるわけでもなく)受験生、だけどICUに行きたい受験生を合格ラインまで引っ張り上げるのには最高だったと思います

とりあえずここのサイトと、『ICUの英語』は必須です(笑)あとはやっぱりICU入試を楽しむこと。実際の試験場でだって楽しんじゃいましょう。内容はおもしろいし、窓から見える芝生はのどかだし。


8. 最後に一言


美大を諦めることがつらすぎて、受験勉強なんて苦でもなんでもないって最初は思っていました。だけどICUに行きたくなって、本当に行きたくてしょうがなくなったら入試が怖くて仕方なくなりました。受験ってある意味辛いものですが、自分の願望をしっかりもって一杯苦労してください。きっと合格発表の帰り道うれしくてまっすぐ歩けなくなっちゃいますよ?


<Prev> [ Index ] <Next>



BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net