ICU国際基督教大学合格体験記2007 〜咲音さんの場合〜


1. お名前、プロフィール


<お名前>


咲音


<プロフィール>


高校一年から一年間英国へ留学。帰国後、国語がピンチに・・・。
予備校は、AO入試に落ちたあとから、冬期、直前講座を受ける。
高3からは、進研ゼミで数学、世界史、国語、小論文(途中で辞めた)をやる。
文系だけど、併願校は全部数学受験。もうちょっと、良い受験の仕方があったと思う・・・。


2. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科


形式:一般入試
年度:2007年度
合格:国際関係学科
第1志望:国際関係学科
第2志望:社会科学科
センター方式:受験していない


3.予想得点


一般能力得点 = 5割。もしかしたら、6割
人文科学得点 = 7割くらい
社会科学得点 = 8割いったかも
英語リスニング得点 = 9割
英語リーディング得点 = 6、7割


4.併願校


立教大学 社会学部(全学部入試)×
□□□□□□□□□(個別学部入試)×
□□□□□□□□□(センター3教科)×
□□□□□□□□□(センター4教科)×
□□□□ コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科(個別学部入試)×
□□□□□□□□□(センター利用)○
□□□□ 法学部政治学科(センター3教科)×
明治学院大学 国際学部国際学科(全学部入試)×
□□□□□□□□□□□□□□□(センター利用)○
青山学院大学 国際政治経済学部国際政治学科(B方式)×


5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)


留学中にHPで見て、一目ぼれ。 イギリスで、学ぶ楽しさを知ったので、普通の受験勉強っていうのが嫌だったので。 ICUに集まる人が、魅力的そうだったので。


6.ICUに期待するところ


リベラル・アーツで、幅広い知識を身につけたいです。 あとは、いろんな人と会って、いろんな経験をしたいです。


7.受験対策


a.願書


<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>


リベラルアーツと、大学の独自性に惹かれたと、素直に書くことを意識しました。


<2.ICUで何を学びたいかを志望学科と関連して簡単に述べ、また将来の志望とその理 由を述べてください。>


日本を含めた世界の問題について、考えたい。その為には、まず人間とは何か(心理学や人類学、音楽や美術等)、人間が集まるとどうなるか(社会学、政治学等)、世界を視野に入れて考えるとどうなるか(国際関係学)を包括して、学びたいと書きました。


<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>


ボランティア活動や音楽、読書等、とにかく詰め込んだ感じです。


b. 一般能力考査


国立を考えていたので、その対策が一番役にたった気がします。予備校では、傾向を中心に勉強しました。


c. 人文科学考査


基本的には、現代文の勉強。元々、本を読むのが好きだったので、新書を読んだり。


d. 社会科学考査


学校の政治経済の授業と、過去問。


e. 英語学習能力考査


<リスニング>
過去問。あとは、普段から友達と英語で会話したり。英検準一級の問題も、やりました。


<リーディング>
過去問。他の私大のものも。後は、洋書を読んだり。


f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)


下見は、大事です。私は、元々迷いやすかったので、前日に下見に行って、あせらないようにしました。 今年は、試験が25分くらい遅れたのですが、とにかく平常心が大切です。あと、執念!


8. 最後に一言


ICUに合格できたのは、運と執念だと思います。  当日、電車が遅れたり、試験が遅れたりと、ハプニング続きにも関わらず、平常心が保てたこと。人文も社会科学も、面白い!と思えたこと。リスニングの形式が変わって、自分の得意分野になったこと。 この偶然が無かったら、だめだったと思います。

私は、AO入試で落ちて、自分に自信がなくなりました。でも、もう一度なぜICUにいきたいのかを考え直して、最後まで自分を信じたことで、当日は緊張しすぎずに受験することが出来ました。 皆さんも、何度も悩む時があると思いますが、何度も考えてみてください。きっと、運が自然とついてくると思います。

<Prev> [ Index ] <Next>



BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net