ICU国際基督教大学合格体験記2008 〜kooriさんの場合〜




1. お名前、プロフィール


<お名前>


koori


<プロフィール>


トフルゼミナールのICU講座(夏休みのみ)
予備校が大嫌いだったため、予備校には通いませんでした。夏休みのトフルゼミナールもさぼりまくってました。


2. 受験形態


一般入試(センター無し)


3.予想得点


一般能力得点 = 全く分かりません。すみません
人文科学得点 = 全く分かりません
社会科学得点 = 全く分かりません
英語リスニング得点 = たぶん、せいぜい8割・・・
英語リーディング得点 = 全く分かりません


4.併願校


学習院女子(一般)
明治学院(センター利用)
神田外語(一般)


5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)


2年までずっと国立志望でしたが、2年の冬に志望校の学祭に行き、行く気が失せてしまいました。志望校が決まらず焦っていたところ、伯母から初めてICUの名を聞き、3年の春に無事ICUが志望校になりました。
それからAO入試の存在を知り、受けてみることに。夏休みはトフルゼミナールのICU講座に行く以外全ての時間をAOに費やす、という非常に間違った感じの勉強法をしてました。落ちたときは頭が真っ白になりました…。慌ててオンレクのお世話になり、今に至ります。


6.ICUに期待するところ


ELPプログラム。期待半分、不安半分…(英語苦手なんですよねぇ…)


7.受験対策


a.願書


<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>


翻訳家になりたいと書き、その為に英語力と教養が必要…とかなんとか。結構適当です。


<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>


1とかぶってしまったので、1の内容をもっと具体的に書きました。


<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>


小さい頃から習っていた筝について書きました。(というかそれ以外書くことがありませんでした)


b. 一般能力考査


特に対策はしていません。初めて見た時に面白そうだな〜と思ったので、やっぱり楽しんだもん勝ちかと。分からない問題は深く考えずに捨てました。時間配分を考えて、思い切りも大切なのかもしれません。
あと、高校の定期試験毎に勉強していたことが一番役に立ったような気がします。…定期試験は大切って本当なんですね。


c. 人文科学考査


特に対策はしていません。本を読むことが好きで、元々国語系は得意だったので、文章を読むのに慣れていれば大丈夫だと思います。


d. 社会科学考査


特に対策はしていません。社会科が有り得ないくらい苦手だったので、知識問題は捨てました。


e. 英語学習能力考査


<リスニング>

一年間できるだけ毎日、通学時間などにTOEFLのリスニング教材(本屋で適当に購入)を聞いていました。初めは苦痛だったのですが、段々耳が慣れてリスニングに対する苦手意識がなくなりました。調子に乗って問題を解かずに試験に挑みました。過去問は解くに越したことは無い、という教訓を得ました。

<リーディング>

AOに落ちてからの受験勉強だったため、時間と気持ちに余裕が無く、単語集や文法のテキストなどを一切やっていません。(余裕があってもやったかどうかは定かじゃありません)英語はノリで解くものだ!と信じ、過去問に専念しました。と言っても途中でICUは9割方諦めていたので、一番多く解いた過去問はセンター試験だと思います…。
その為合格したとき、授業についていけないんじゃないかという恐怖に襲われました。


f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)


とにかく腰が痛かったです。ただでさえ冬休みから家にこもりっぱなし&座りっぱなしで腰を痛めてたうえ、受験生を馬鹿にしてるんじゃなかろうか!(すみません…)とすら思えるあの机椅子は大ダメージでした。腰の痛さで試験のことを全く覚えていません。休み時間の度にギリギリまで外で体操をしていました。そうです、あの変な受験生は私です。
湿布とか持って行くといいかもしれません。周りを気にしなければ。


8. 最後に一言


色々偉そうに書いてしまってすみません。特に対策をしていないのは自信があったからではなく、はっきり言ってICUを完全に諦めていたからです。なぜ受かったのかはさっぱり分かりません。たぶんもう一度受けたら落ちます。入試の時「せっかくだから最後のICUを満喫しよう!」と周りの目を気にせずバカ山ではしゃいでから帰りました。ですので皆さんも最後まで決して諦めないでください。ICUの雰囲気を楽しんでこよう!という気持ちでもいいと思います。何が起こるかはわかりません。
ただ私の場合は、ICUを諦めてセンター対策をしたことが最終的に功を奏していたのかもしれません。基礎力をつけることが出来ました。

もちろんICUの対策をするに越したことはありません。特に過去問はやればやる程力がつくような気がします。ですがもし皆さんが試験の直前不安になった時、廊下で体操をし、バカ山ではしゃいで帰った受験生もいたことを思い出し、少しでも緊張を和らげることができたなら幸いです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。陰ながら応援しております。全然一言じゃないんですけど大丈夫でしょうか…

<Prev> [ Index ] <Next>



BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net