ラリ日記

■ Sat/04/Nov/00 - Emperor and the Dull Movie


1.CityにEmperor and The Assassinを観に行く($10)。
2.邦題は「始皇帝暗殺」とか言うらしい。
3.だらだらと長くてぜんぜん面白くない。
4.確かこれ日本が金を出して作ったんじゃなかったかな?
5.うーむ。もったいない。
6.なんだ腹が痛い。
7.腹が痛いとなんにもやる気しない…
8.健康って大事だなぁとかしみじみする。

■ Fri/03/Nov/00 - Grass ■


1.久しぶりに晴れたのでプールに行く($1.85)。
2.行くことに意義がある(寒いけど)。
3.MとSchonell Theaterに"Grass"を観に行く($4.4)。
4.マリファナに関するドキュメンタリー映画。
5.いっちゃってますな。
6.Red Hot Chili PeppersのCDを買う($16)。
7.これもいけてる。
8.今日もいけてる一日でした。

■ Wed/01/Nov/00 - Playing Golf (again)


1.例によってT、KとSt. Lucia Golf Linksに行く($23.2)。
2.ハーフで66となかなかのスコア。
3.帰りにモンゴル焼肉を食べる($14 for "all you can eat")。
4.ゴルフ後のビールがまたうまい。
5.なんだか今日は王様気分じゃ。
6.王様はバスに乗ってCollegeに帰る。($0.8)
7.今日はちょっとお金を使ってしまった…
8.贅沢をした時はすかさず日本円に換算して自分を納得させる。
9.今日の豪ドルレート…1豪ドル=56.67円。
10.ゴルフ代-23.2ドル=1314.74円。
11.焼肉食べ放題-14ドル=792.4円。
12.バス代-80セント=45.3円。
13.これで王様も安眠できます。

■ Tue/31/Oct/00 - The Last Month


1.学期末でいろいろあって最近日記書いてなかったなぁ。
2.というわけでここまでのハイライト(?)
3.21日、なぜかBrisbaneに来たRicky MartinのLiveに行く。($85)
4.23日(?)、SydneyのPokemonマニアから間違ったカードが届く。
5.25日、AU-136(Contemporary Australia)のEssayを提出。
6.27日、Exchange最後の授業が終了、残るはExam3つ。
7.30日、Revision Weekに突入。
8.日本へ帰るチケットを購入($909)、BaliでStop Overして5日間ほど過ごすことに。
9.調子にのってCDをまた買う(Joni Mitchell($22)、R.E.M.($20)、The Sex Pistols($20)、Alanis Morissette($6.75))。
10.Examは12月18日に終了、日本帰国は12月29日か28日。
11.あと1ヶ月しかない!!!!!

■ Mon/14/Oct/00 - Last Lecture


1.今日はPhilosophy Of East and Westの最後のLecture。
2.Moral Theoryについて。
3.お気に入りはAristotolのNicomachean Ethics。
4."Meaning of Life"っぽい話。
5.良いナイフとは、よく切れるナイフ。
6.いい医者はよく患者を治せる医者。
7.では良い人間とは?。
8.例えばよく切れるナイフ、はナイフのFunctonをよく果たしている。
9.ナイフのFunctionとは何かものを切る、ということ。
10.切る、というナイフ独自のFunctionをよく果たしているよく切れるナイフはナイフは良いナイフ。
11.では人間独自のFunctionとは?
12.アリストテレスによるとそれは"Reasoning"するということ。
13.他の動物は人間ほどよくReasoningできない。
14.だからよくReasoningできる人間は良い人間か。
15.20世紀的Virture Ethicsはこの考えを個人のレベルにまで進めている。
16.つまり、良い人間、というか良い人生というか、そういうのは「自分独自のFunction」を発見し、それをうまく果たしているということではないか。
17.「自分にしかできないこと」を良く果たすことこそ、良い人間、であるという考え方。
18.それはある程度あっていると思う。
19.よく切れるナイフは確かに良いナイフだとは思う。
20.しかしそれは状況によるのではないか。
21.たとえば犯罪に「鋭利な刃物」が使われてそれは良いナイフか?
22.あるいは状況に関係なくFunctionをよく果たしているナイフそのものは良いことには変わりないのか?
23.同じように「自分独自のFunction」を果たすことが必ずしもよいことなのか?
24.もし自分独自のFunctionが「女性の下着を独自の方法ですばやく回収できる」などということだったらどうなるのか?
25.それは「良い人間」といえるのか?
26.そしてふと考える。
27.自分独自のFunctionとはなにか?
28.自分にしかできないこととは何か?
29.そしてそれはうまく果たせるのか?
30.とりあえず「なぜか番号のついた日記を書いている」、というのは独自のFunctionかもしれない。

■ Sun/14/Oct/00 - Golf


1.T,K,Pとゴルフに行く($25)。
2.11番ホール(Par3)で生まれて初めてParを取る。
3.これは気持ちいい。
4.でも他のホールは結構叩いた。
5.結局9ホールで81。
6.1ホールあたり9打。
7.それは疲れますわな。
8.Collegeに帰って熟睡。

■ Fri/13/Oct/00 - Trans


1.ようやくEssayを提出。
2.自由ぅぅぅぅぅ…だ。
3.すかさずプールに泳ぎに行く。
4.Essayあってもなくても泳ぐんだけど。
5.Essay完成記念にBon Joviの"Cross Road"を買う($18)。
6.Essay終わっても終わらなくても買うんだけど。
7.CollegeのAsianの皆でCityの"Trans"に飲みに行く。
8.ところがTとKと自分はサンダルを履いていたので入場を断られる。
9.しかたなく5人別行動でドレスコードのうるさくないMayerのBarに飲みに行く。
10.でも今度はバンドがうるさい。
11.なんだか気まずい雰囲気。
12.12時前にCollegeに戻ってくる。
13.Transにのみに行った本隊は午前2時ごろ帰ってきた(らしい)。
14.2時間むこうの方が楽しかったということか。
15.漠然とした敗北感を感じたのは自分だけか?
16.遅く帰ってきて、「あれ、もう君たち帰ってきてたの?」とか言ってみたい。
17.「僕達のほうが3時間52分も遅く帰ってきたんだねぇ(いひひひ)」とか。
18.そんなことしないで早く寝た方がよさそうだ。

■ Tue/10/Oct/00 - pizza philosophy


1.Goverment of JapanのEssayが終わりそうにない。
2.とりあえずMs Donnaに金曜日まで締め切りを延ばしてもらう。
3.すかさずプールに泳ぎに行く。
4.なんだかバイト代が出た後すぐに飲みに行くみたいだ。
5.CollegeのLate MealはまずそうなのでMとPizza Cafeに行く。
6.なんと今日はもうチーズが切れてしまったという。
7.しょうがなくチーズなしのエビピザとアンチョビピザを頼む。
8.持参したビールを飲む。
9.Essayを書かされた後の一杯がうまい。
10.チーズなしピザも意外とうまい。
11.「ピザにはチーズ」という固定概念を打ち破る一枚だった。
12.食べながら「ピザ哲学」について考える。
13.人間はどこまでが人間なのか。
14.手足を全て失っても生きていればきっとその存在は人間だろう。
15.しかし手と足に加えて頭までを失ってしまった肉体は人間と呼べるだろうか?
16.あるいはそれは屍と呼ぶのだろうか?
17.もし頭を失ってしまった存在を人間と呼ばないとするならば、頭にはきっと人間を定義する上で不可欠な要素が含まれるわけだ。
18.同じように、ピザはどこまでがピザなのか?
19.「チーズなしのエビピザ」は誰もが「ピザ」と呼べる存在だと思う。
20.しかし、「チーズ付の生地なしエビピザ」は「ピザ」なのか?
21.あるいは「エビのチーズいため」なのか?
22.「エビピザ」の食べ残しのエビはまだ「ピザ」と呼べるのか?
23.あるいはピザとは分離した別のエビ料理なのか?
24.「ピザ」を「ピザ」たらしめている根源的要素とはなにか?
25.そして自分を自分たらしめているものとは?
26.いずにしてもまだMにピザ代($3.60)をもらっていないことだけは確かだ。

■ Sun/08/Oct/00 - 第九


1.昨日の影響で昼の2時ぐらいに目覚める。
2.とりあえずLibralyに行く。
3.TとKとキャッチボールをする。
4.Mの部屋で体重を量る(59kg)。
5.なにせ最近水泳とかしていますからね。
6.Mがなぜか買ったというClassicのCDを聴く。
7.第九とか入ってて年末っぽい。
8.Tomoにもらった携帯電話の使い道について考える。
9.とりあえず、Collegeの電話にかけてみる。
10.鳴る。
11.さびしくなったので電源を切る。

■ Sat/07/Oct/00 - See ya


1.今日は画家のTomoが日本に帰る日だ。
2.Collegeでビリヤードをやる。
3.最後なので「接待ビリヤード」。
4.しかし「よっ、社長」とか接待するまでもなくやつの方がうまかった。
5.夜にEmmanuel College日本人関係者(T,K,M,K子,U子,Y)がフラットに集まる。
6.出発時間の朝4時まで飲む。
7.「FBIの海がめ試験」で盛り上がる。
8.Tomoの描いた絵を奪い合う。
9.なぜか「出前一丁」を食べる。
10.4時ごろタクシーを皆で見送る。
11.本当に彼はいいやつだったなぁ。
12.絵で稼いで、将来は居酒屋をやりたいらしい。
13.またEmmanuelの皆で彼の居酒屋で飲めたらいいなぁ、 なんて思ったりする。

■ Fri/06/Oct/00 - Crowded House


1.朝からプールに行く($1.85)。
2.平泳ぎの練習。
3.疲れたので昼寝する。
4.kとUniのPoster Saleに行く。
5.Jhon LennonのPosterを買う($7.5)
6.UniのCD Shopで探していた"The Very Best of Crowded House"が$19で売っていたので思わず買ってしまう。
7.TとKと夕方からCityに行って日本食を食う($6.6)。
8.安物のビリヤードのキューを買う($9)。
9.Collegeに帰って早速ビリヤードをやる。
10.今日もなんとなく幸せだったりする。
11.残り少ないAustralia Lifeを楽しまないとね。

■ Thu/05/Oct/00 - Van Morison


1.朝6時にCollegeの写真撮影。
2.眠すぎる。
3.10時からMusic(History of Rock Music)のListening&Objective Test
4.すげぇマニアックなんですわこのテスト。
5.例えばQ21、「To which rock band did Van Morrison belong prior to his solo career?」
6.「(a)The Doors (b)The Grateful Dead (c)Them (d)Tupelo Honey (e)Santana」
7.正解は(c)のThem。
8.(a)のThe DoorsはJim Morrisonとのひっかけですな。
9.前日たまたまVan Morrisonのところを読んでいたので正解できたりする。
10.それにしてもこれが大学の試験なのだろうか?
11.たのしすぎるわい。
12.試験対策(?)のためにたくさんCDを聞いたり本を読んだりするので、洋楽に詳しくなれる。
13.午後からContemporary AustraliaのLectureに行く。
14.Topicは"Drug"。
15.一緒にいった友人達はやすらかに眠っていました。
16.なにせ6時に起こされて写真撮影とかやらされてますからね。
17.Drugなしでやすらかに眠れるのはなれるのはよいことです。
18.廊下であった知り合いに「なんか幸せそうだね。」とか言われる。
19.夜に友人達とIndooroopillyに映画を観に行く($6)。
20."Road Trip" ってやつをみたけどいやぁむちゃむちゃおもしろかったわい。
21.なんとなく今朝のテストで正解してしたVan MorisonのCD($19.50)を買ってしまう。

■ Mon/02/Oct/00 - Life After Death


1.夕方からPhilosophyの授業に行く。
2.今日は"Life After Death"について。
3.「死後の世界」についてはいろんな国や宗教においてその存在について言及されている。
4.そうした考え方は死に対する恐れ、あるいは少しでも永く生きたいという欲求からきているらしい。
5.その根底には「死=罪、なにかしらいけないもの、避けたいもの」という意識や、「永遠の命」へのあこがれ感じられる。
6.しかし哲学的には「死後の世界」というのはとても矛盾した考え方だ。
7.まず肉体と魂の関係について。
8.死んで肉体は朽ちても魂は生き続けるという考え方がある。
9.しかし、もしかりに肉体なしに生き続けられるとして、肉体のない存在は生きているといえるのか?
10.それは何も触ることができず、味わったり、におったり見たり聞いたりすることもなく、何にも影響を与えることはできない。
11.そんなものは生きているといえるのか?
12.次に「生まれ変わり」的な考え方について。
13.よくある話だが、ある人の前世はどっかの王様だったとか、農民だったとか、あるいはなんかの動物だったとか。
14.しかし仮に誰かが何かの生まれ代わりだったとして、その前の存在と、今ある存在はなぜ同じ連続した存在であるといえるのか?
15.例えば自分が狼の生まれ代わりだったとしても、その狼であった存在の記憶とか考え方とか、肉体とかはすべて消えているわけで、それでもその存在は連続しているといえるのか?
16.個人的に好きなのはBernard Williamsの主張。
17.「人生ってのはLimitedされているから意味がある。」
18.「永遠の命なんてのは意味がない。」
19.人間はその制限された人生の中で「こんなことをやった」とか「こんなことを成し遂げた」とか、「こんな人生だった」みたいなところに人生の意味を見出していく。
20.もしすべての人が本当に死後も永遠にどこかで生き続けたり、永遠に生き返り続けたりするのなら、すべての人がいつかは全てのことを成し遂げられてしまう。
21.例えば何か作品を作り上げたとして、それは自分にしかできないことだと誇りにしていたりする。
22.しかし、全ての人が本当に永遠に生きたりするのであれば、長い宇宙的なスケールの時間を持ってすれば、誰もがいつかは自分とまったく同じ作品を作れてしまう。
23.だから「人生はLimitedされているから意味がある」そして、「永遠の命なんてのは意味がない」ってのはそのとおりだと思う。
24.サッカーの試合は90分の中で戦うから面白く、そして意味のあるものなのであって、もし永遠にやりつづけたらつまらないし、全く意味のないものになるだろう。
25.「死後の世界」ってのは今生きてる人生に意味を見出せないとか、なんとなく死後の世界ならなんとかなるとかいうそういうあこがれからきているのだろうか。
26.なんとなくBryan Asamsの「i don't wanna live forever」を思い出したりする。
27.結局わしらはLimitedされた人生を精一杯楽しく生きるわけですな。
28.ちなみにNIRVANAってのはBuddhismでいう輪廻転生(Samsara)から抜け出すことを意味するらしい。
29.だからってKurt Cobainは頭を打ち抜かんでもいいと思うのだが。
30.NIRVANAのUnpluggedのCDを聞きながらそんなことを考える。

■ Sun/01/Oct/00 - Golf


1.友人とゴルフに行く。
2.初体験ってやつですね。
3.St. Lucia Golf LinksはCollegeから歩いて20分ぐらい。
4.5時おきでふらふらしながら到着。
5.料金はすごくやすくて、半分回るのにGreen Feeとクラブ代で$25(1500円)くらい。
6.イギリス流のドレスコードがあって、襟付きのシャツを着ないといけない。
7.そういえばイギリス原産スポーツのテニスとか卓球も試合では襟付きのシャツを着ていますな。
8.「プロゴルファー猿」とかなんか野性っぽい服を着てたけど大丈夫だったんだろうか?
9.受付で、「シャツ着てくれないと困るんですよねぇ」とか言われないんだろうか?
10.まぁプロだし、しかも猿なんだからだれも文句言わないか。
11.「プロゴルファー犬」とかだったらきちんと襟付きのシャツ着ていそうなきがする。
12.そんでもって「ホールイン・わん」とかつまらないネタをやりそうな気がする。
13.結局9ホールで84も叩いたわん。


■ Thu/28/Sep/00 - The Sex Pistols


1.The Sex Pistolsに関するドキュメンタリー映画"The Filth & The Fury"を観に行く。
2.SexはSex Pistolsを結成したManager、Malcolm MacLarenの経営するLondonの洋服屋(?)、「SEX」からきているらしい。
3.VocalのJhon Lydon(後にJohnny Rotten)はSEXの客だった。
4.Lydonはvocalistとしての経験がぜんぜんなかったというからすごい。
5.初期のbassist、Glen MatlockはSEXの店員で、guitaristのSteve JonesとDrummerのPaul CookとともにSwankersというバンドで演奏していた。
6.彼らは最初EMIとの契約をものにするが、テレビ番組で暴言をはいたことを理由にレコードを回収されてしまう。
7.BassisitのMatlockはバンドをはなれ、代わりにJhon Ritchie(Sid Vicious)が入る。
8.バンドはこの後Virgin Recordと契約。(彼らはVirginの契約した最初の大物で、その後のVirgin飛躍の原動力となる。)
9.77年の女王在位25周年時に作られた"God Save The Queen"はイギリスのテレビ、ラジオにおいて放送禁止となる。
10.タイトルを雑誌に掲載することも禁止されたため、God Save The Queenが全英1位になったときは、その週のヒットチャートの一位は空欄となった。
11.バンドは早くも78年に解散してしまう。
12.BassistのViciousはガールフレンドとともにNew Yorkに移るが、その後そのガールフレンドはホテルで遺体で発見される。
13.Viciousは事件の捜査中にDrugのoveruseで死ぬ。
14.The Sex PistolsはBritish Punkのはしりだが、ギャングとかドラッグの世界を真似して歌うNew York Punkとは異なり、その歌には実際に鬱々とした70年代イギリスの社会的不満が叫ばれているという感じがするし、メンバー達は本当にそういう世界に生きてきたわけですな。
15.この映画は日本には行くんだろうか。
16.結局いつの時代でも若者は自分達がCultureの中心にあるという意識をもつと同時に、世の中大人にControlされてるっていう現実に直面するわけだ。
17.若者が感じる自分達のCultureも結局は大人がMarketingによって作り出した製品なのかもしれない。
18.今世の中になる「こんなのが流行る」とか、「こんなのがかっこいい」なんての事の多くは誰かが考えて意図的に作り出したものなのかもしれない。
19.そんな中でセックス・ピストルズってのは本気で世の中に反抗したっていうか、本当の意味で若者の支持を得たPunk Bandだったのではないだろうか。
20.自分が「かっこいい」とか、「こんなんがいい」みたいなものはどれくらい自分だけのもので、どれぐらい周りの影響なのか、考えてみたりする。

■ Sun/24/Sep/00 - Coming Back


1.旅行から帰ってくる。
2.今回は2週間ぐらいオーストラリアをまわってみた。
3.いろんなことがあった。
4.いろんな人と友達になった。
5.いろんな事を学んだ。
6.そして思ったのは、いま自分は「海外でも一人で生きていける」ということだろうか。
7.英語とかコミュニケーションとかまだまだ下手くそだけどね。
8.これからなんとかしていけばいい。
9.今ここにいる自分を「それはそれでいい」と思ったりする。
10.そしてこれからも旅を続けようと思う。

■ Fri/25/Aug/00 - Sushi Train


1.Philosophy-Essay(Due on Next Friday)のReadingをする。
2.CityのSTA Travelでタスマニアのツアーについて聞く。
3.どうもCityのSTAは態度が悪い。
4.Allans MusicでBryan Adamsの楽譜を探したけど売ってない。
5.Nirvanaも売ってない。
6.こっそりと練習しようと思ったんですけどねぇ。
7.回転寿司に行く。
8.なんと寿司が模型の列車に乗って店内を回っている。(いわゆる"Sushi Train"。)
9.一皿$2からでけっこうおししい。
10.しかし列車の妙に速く、寿司が取りにくい。
11.「あ、アボガドとかうまそう」と思うと次の瞬間には向こう側のおやじの前を回っている。
12.あの模型は急行だったのかもしれない。
13.人気がない海藻巻きとかはぐるぐると回りつづける。
14.やつらは3日ぐらい回っていそうなので手が出せない。
15.閉店するときは「お客さん終電です。」とかやるんだろうか。
16.終電らしさを出すために従業員同士で酔っ払ってけんかしたり、「げぼぉ」「大丈夫?(せなかすりすり)」などとすると効果的かもしれない。
17.友人の部屋で体重を量る。
18.「寿司のあとはやっちゃいけない行動」というものを認識する。

■ Wed/23/Aug/00 - たばこ


1.なんか最近さびしい。
2.忙しいからかもしれない。
3.日本にいる人のことを思う。
4.あの人はまたたばこ吸ってるんだろうか?
5.自分のことを覚えてくれているだろうか?
6.全部忘れられたらすごくすっきりすると思うんだけど
7.なんかさびしいときにふっと出てきたりするんだよね。

■ TUE/22/Aug/00 - レミーナ


1.友達と旅行について考える。
2.旅行の計画はなかなか難しい。
3.なんだか優柔不断な自分がいやになる。
4.相手にも悪いしね。
5.気晴らしにに友達にもらった違法ドラクエ1(パソコンでできちゃうやつ)をやってしまう。
6.「レミーナ」の呪文を覚える。
7.レベルが10になる。
8.ゲームの世界はEasyでいいよな。
9.竜王を倒すとかお姫様を助けるとか、単純ではっきりとしたな目的があるわけだ。
10.それがPlayerをやる気にさせるんだよね。
11.俺の人生にはどんな目的があるのだろう?
12.気晴らしになってないか。
13.ところで「レミーナ」ってなんに使うの?

■ Mon/21/Aug/00 - Metaphysics


1.哲学のEvening Lectureに行く。
2.今日はMetaphysics(形而上学)について。
3.アリストテレスは哲学に関するある本を書き残したが、その本には題名がなかった。
4.後の世になって、その本を分類をしていた図書館の職員がその本に題名をつけようとした。
5.とりあえず題名を付けるためにその本を読んでみた。
6.しかし内容が難しくて何の本だかもよく分からない。
7.さぁ困ったぜ図書館職員。
8.そこで考えた図書館職員。
9.その本はたまたま"Physics"(物理学)に関する本の後ろに置いてあった。
10.そこで"Physics"に「後ろ」を意味する"Meta-"を付けて"Meta-physics"と命名。
11.そんなメタメタな。
12.日本語でいうと「物理学後」。
13.そうすると「家庭教師2-秘密の個人レッスン」などという本の後ろにあったら、「家庭教師2-秘密の個人レッスン後」になっていたわけか。
14.でもレッスン後は疲れていそうなので哲学の勉強がはかどらないかもしれない。
15.「君は哲学専攻ということだが、とくにどういうことに関心をもっているのかね?」
16.「アリストテレス、とくに「家庭教師2-秘密の個人レッスン後」を専攻しています。」
17.なんだかとても哲学的だ。

■ Sun/20/Aug/00 - Meaning of Life?

1.Essayを仕上げる。
2.昼間Alice Springsで出会った友人からいきなり電話が。
3.「今日Brisbaneに着くんだけどさあ。」
4.彼は夜の12時にCollegeに着いた。
5.好きな絵を描きながらもう8ヶ月もオーストラリアを旅している。
6.彼のいきざまはかっこいい。
7.「好きなことしてないと老けるぜ。」
8.俺は老けたくねぇ。
9.でも「好きなこと」か。
10.俺は何をしたくて生きているんだろう?

■ Sat/19/Aug/00 - Going to Ekka。

1.今日はついに友人とEkkaに行ってしまう。
2.入場料に$16も取られる。(18歳以上Adult料金)
3.UniのStudent IDも効かない。
4.しかし一緒に行った友人(20歳留学生)はチケットを買う前にかばんから輪ゴム2つとくしを取り出した。
5.そしてそれで髪の毛をお下げにした。
6.するとヤツはどう見ても「16歳、女子高生」(いやほんとに)。
7.下手すると「15歳、趣味はあみもの」。
8.ヤツはまんまとHighschool料金($12)で入ってしまいました。
9.「正規の大人料金$16」−「高校料金$12」=$4。
10.ヤツはお下げを2つ作ったのでお下げ1個あたり$2の経済効果。
11.お下げを8個作れば入場料は無料に。
12.レゲエの人なんかがやっていそうな複雑な髪形にすればさらにキャッシュバック。
13.レゲエ人口が増えると州政府は採算がとれなくなります。
14.「お下げも結構かわいいんじゃない?」
15.でもその路線ではいきたくないそうです。
16.おじさんの友達とか増えちゃいそうですしね。
17.Ekkaは動物の品評会だけかと思ってたけど移動遊園地とかあって意外といい感じ。
18.8月にブリスベンにお越しの際はぜひぜひ。
19.輪ゴム等持参。
20.帰りにGuinnessを飲んで酔っ払う。

■ Fri/18/Aug/00 - Essay。

1.明日はEkkaに行きたい。
2.なにせ最終日ですからね。
3.今日中にEssay(Due on Monday)を書くべし。

■ Thu/17/Aug/00 - Australian Study。

1."Contemporary Australia"のLecturerに行く。
2.今日のLecturerは"Paul Newman"などというすごい名前。
3.いやでも面白いのは名前だけだったんですけどね。
4.気合を入れて一番前に座ったりした。
5.ふと後ろを見ると誰もノート取ってない。
6.自分もひまだったのでカンガルーの絵を描いてみた。
7.しかしどう見てもキツネに見える…
8.とりあえず有袋類らしさを出すために袋を描き加えてみる。
9.しかしそれは「袋ギツネ」…
10.ふと「なんで俺はこんな絵を描いているんだろう」などと思う。
11.元はといえばポールニューマンがつまらない授業をするのがいけない。
12.「ポールニューマンという名前への期待」-「ポールニューマンの授業のだるさ」=「袋ギツネ」
13.しかし、これからポールニューマンは一生ポールニューマンという名前を背負っていくわけだ。
14.日本でいうと「コンパなどでいまいち場の雰囲気をつかめないキャラ」が「西郷隆盛」という名前で生きていく感じだろうか?
15.それはちょっとつらい。

■ Wed/16/Aug/00 - Ekka。

1.今週は"Ekka Week"。
2.そして今日はその"Exhibition Day"で、クイーンズランド州では祝日。
3.Exhibitionでは動物の品評会みたいなのをやっているらしいんです。
4.でもまぁ行かなくてもエッカ。

■ Tue/15/Aug/00 - パーティ。

1.今日はCollegeの"At Home" Party。
2.Cityで髪を切る($28)。
3.ついでにHMVで見つけてしまったBryan Adamsのunplugged($30)を買う。
4.すごくいけてるんだこれが。
5.最近日差しが強いのでサングラス($20)なんかを買ってしまう。
6.これはいけてない。
7.パーティは楽しい。ワインを飲む。踊る。
8.って踊ろうと思っていた友人がいないじゃないですか。
9.そしてやつは部屋でパジャマ着てEssayのReadingをやっていました。
10.もちろん妨害しに行きました。
11.なにせこちらは酔っていますからね。
12.「酔っ払い独自の権利」というか、「酔っ払ってるから俺のせいじゃない」意識。
13.まぁなにもないんですけどね。

■ Mon/14/Aug/00 - バスケットボール。

1.PhilosophyのTututrialに行く。
2.テーマはExistence of God。
3.やっぱ英語で哲学はむずかしいですわ。
4.でもTutorは美人。
5.神様ありがとう。
6.Uniでバスケをやる。
7.なぜかパソコンが「バス毛」と変換することに気がつく。
8.なんだか自分のパソコンがいやらしいと思ったりする。
9.「全米バス毛連盟」とかできたらいやだと思う。
10.でもなんとなくそういう競技でもアメリカは強そうな気がする。

■ Sun/13/Aug/00 - SMに関する知識。

1.フラットメイトとLibralyに行く。
2.AustraliaのRepuclicについて比較的まじめに調べる。
3.Collegeでまずライス、まずライスプディング、まずChinese風の何かを食べる。
4.Gymで筋トレ、ランニングなんかをしてしまう。
5.「ひょっとして今のでやせたんじゃない?」という思いにかられる。
6.友人の部屋に押しかけ、ヘルスメーターで体重を量る。
7.Pokemon チップの購入を中止する。
8.フラットメイトの部屋で談笑していたら、友人の一人(22歳女子留学生)が「SM」という言葉を知らないという衝撃的事実が判明する。
9.「それは、まずいだろう」。
10.とりあえずなぜか思いついた「Small Window」という言葉を教えておく。
11.友人が日本から持ってきた「イミダス」を調べると、「Standard Missaile」、「Smart Media」などという言葉が載っている。
12.SM業界の武装化、ハイテク化に驚く。

■ Sat/12/Aug/00 - サイドポケットとVBの関係。

1.気晴らしにチャリでSouth Bankまで行ってしまう。 (ノ゚ο゚)ノ
2.New Zealand Natulalでアイス($3)を食う。
3.なんだかさびしい気分になったので帰りにRoyal Exchage HotelでVB($2.4)を飲む。
4.ついでにアイス($2.2)をまた買う。
5.Collegeに帰ってビリヤードをやるとなぜかサイドによく入る。
6.調子に乗って黒まで沈めてしまう。
7.友人に旅行の計画について電話をしようと思ったけどなんとなくこっちから電話するのは こっぱずかしくてためらわれるが、かといってここで電話しなければ話が進まないかなぁと思いつつもやっぱり電話してくれるんじゃないかとか思う。
8.友人から電話を待っていたら眠くなったので寝ようかなぁと思ってしまう。

■ Fri/11/Aug/00 - たたかうぅ。

1.友達がけんかをする。(PM-8:00-9:00)
2.「おまえなに女泣かせてんだ」と言いに行く途中チップスを買うとすごくいいPokemon Cardが出てしまう。(PM-10:00)
3.けんかをした男とカードの話題で盛り上がってしまう。(PM-10:00-11:00)
4.けんかをした女の話を聞くと男の方がものすごく悪い。(PM-12:00-AM-1:00)
5.「おまえなに女泣かせてんだ」と再びたたかいに行く。(AM-1:15)
6.「いまチップス買うとまたいいカードが出るかも」と思うが止めておく。(AM-1:20)
7.「まぁ表にでようや」(AM-1:30)
8.やっぱこっちでも冬の夜は寒いねぇ…ととりあえずUniまで歩く。(AM-1:30-2:00)
9.止まると凍えそうなのでひたすら歩く。(AM-2:00-AM-3:00)
10.俺達たたかうんじゃなかったのか?(AM-3:00)
11.男はぜんぜん反省していないし、寒いし疲れたのでCollegeに帰って寝る。(AM-3:30)

■ Thu/10/Aug/00 - 600MB。 ■

1.友人とCollege生用の10MB/day(Max600MB)のLAN接続をUniのITサービスに申し込む。($66)
2.「おお! やっぱ1日10MB使えると違いますよね」とサーフィンしまくる。
3.これでHP更新しまくるぞ。
4.日記も書くぞ。
5.まじめにCNNのHeadlineとかストリーミングでみちゃうもんね。
6.WingのLAN-Hubがダウンする…。





BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net