ヤク日記

■  Dec, 16.(Sat)/06 -  No Such Thing ■

 

No Such Thing
-John Mayer(2001)

"Welcome to the real world", she said to me
Condescendingly
Take a seat
Take your life
Plot it out in black and white

Well I never lived the dreams of the prom kings
And the drama queens
I'd like to think the best of me
Is still hiding
Up my sleeve

They love to tell you
Stay inside the lines
But something's better
On the other side

I wanna run through the halls of my high school
I wanna scream at the
Top of my lungs
I just found out there's no such thing as the real world
Just a lie you've got to rise above


「現実の世界へようこそ」
先生はオレを見下したように言った
席について、人生について白黒はっきりさせなさいって

卒業パーティーで人気者になるとか
ドラマの女優に憧れているみなたいに浮かれているわけじゃないけど
オレは自分にとって何が良いか自分で考えたい
それは袖の中に隠れたままなんだ

大人たちは「ラインの内側にいなさい」
なんて教えたがるけど
ラインの向こう側にこそいいものがあるんだ

学校のホールを駆け抜けてみたい
肺一杯の叫び声を上げながら
彼らの言う「現実の世界」なんてのはない
それは君が立ち向かうべき嘘なんだ


John Mayerのメジャーデビュー曲。高校の進路指導の際にカウンセラーが言った言葉を元に作られているらしい。その後本人はグラミーも取って大スターになったなったわけで、ある意味このカウンセラーはすごいなと。

■  Sep, 26.(Tue)/06 -  I love you ■

 

尾崎豊(Ozaki Yutaka)
-I love you

I love you 
今だけは悲しい歌 聞きたくないよ
I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋

何もかも許された 恋じゃないから
二人はまるで 捨て猫みたい
この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい
だからおまえは 小猫の様な泣き声で

きしむベッドの上で 優しさを持ちより
きつく躰 抱きしめあえば
それからまた二人は 目を閉じるよ
悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に


I love you
I don't wanna hear a sad song now
I love you
We've finally arrived at this room, so tired to escape

Our love is not that easy
We are like abandoned kittens in a box
This room is like an empty box filled by fallen leaves
That's why you are crying like a kitten

We are feeling our kindness of hearts in our bed
Holding each other tightly
Then we close our eyes again
So that our love won't be spoiled by a sad song


趣向を変えて英訳をしてみた。実際訳してみると一歩間違えれば童謡っぽい歌詞なのだな。2節をどう解釈するかがポイントだと思われるが、とりあえず捨て猫だから箱の中で、この部屋は空き箱みたいだ、わしら不自由だ、と言っているのかなと。英語にすると最初の「捨て猫」は複数で、次の「子猫」は単数になるのだなぁ。

■  June, 17.(Sat)/06 -  Better Together ■

 

Better Together
-Jack Johnson

There is no combination of words
I could put on the back of a postcard
And no song that I could sing, but I can try for your heart
Our dreams, and they are made out of real things
Like a shoebox of photographs with sepia tone loving

Love is the answer
At least for most of the questions in my heart
Why are we here and where do we go
And how come it's so hard
It's not always easy and sometimes life can be deceiving
I'll tell you one thing
It's always better when we're together

Mmm, it's always better when we're together
Yeah, we'll look at the stars when we're together
Well, it's always better when we're together
Yeah, it's always better when we're together


絵ハガキの後ろに書く言葉はみつからなくて
歌える歌も無いけど
君の心が欲しい
僕らの夢は本物なんだ
靴箱に描かれたセピア調の愛らしい写真みたいに

僕の心の多くにある疑問の答えは
愛というもので
例えば
なんで僕らがここにいるんだとか
これから僕らはどこにいくんだとか
なんでこんなにつらいんだろうとか
それはいつも簡単じゃなくて
時として生きると言うことにに迷ってしまうけど
僕は君に伝えよう
一緒にいようって

いつも一緒にいた方がいい
一緒にいるときは星を眺めよう
一緒にいよう
一緒にいよう

ジャックジョンソンというと必ず「17歳の時に頭部を100針以上縫う大怪我」というキーワードが出てくる。Jackは若くから期待されたハワイのトップサーファーだったが、17歳の時に事故で大怪我をし、サーフィンができない失意のなか、ギターにのめり込んでいったのが本格的に音楽を始めたきっかけだったとか。これが「30歳の時に3針」とか「9歳で200針」とかではだめなのでやはり「17歳で100針」が大事だったんだろうきっと。

■  Jan, 2.(Sun)/05 -  The Reason ■

 

The Reason
-Hoobastank

I'm not a perfect person
There's many things I wish I didn't do
But I continue learning
I never meant to do those things to you
And so I have to say before I go
That I just want you to know

I've found a reason for me
To change who I used to be
A reason to start over new
and the reason is you

I'm sorry that I hurt you
It's something I must live with everyday
And all the pain I put you through
I wish that I could take it all away
And be the one who catches all your tears
Thats why I need you to hear

I've found a resaon for me
To change who I used to be
A reason to start over new
and the reason is You

僕は完璧な人間じゃない
やらなければ良かったと思うことがたくさんある
でも学び続けている
君にそんなことをするつもりはなかった
だから行く前に言わなくては
ただ君に知ってもらいたかったということを

僕は理由を見つけた
過去の自分を変えるための
新しくやり直すための理由を
そしてその理由というのは君なんだ

君を傷つけてしまったね
僕が毎日思っていたことだ
君に与えた悲しみを
全部消せたらと思う
そして君の涙を全て受け止められたらと
だから君に聞いて欲しいんだ

僕は理由を見つけた
過去の自分を変えるための
新しくやり直すための理由を
そしてその理由というのは君なんだ

ううむ、いい曲だなぁと思って訳してみたが、いざ訳してみると案外陳腐な歌詞になってしまいますのぅ。ちなみにHoobastankはアメリカ発のバンドだけど、Vocalはスコットランド人と日本人のハーフだそうな。オヤジ(スコットランド人宣教師)が日本での布教中に神戸で母親(神戸人)に出会ったとか。本当にそんな話が話あるんだなぁ。

 

■  Dec, 29.(Wed)/04 -  Radio Free Europe ■

 

Radio Free Europe
-R.E.M.

Beside yourself if radio's gonna stay
Reason: it could polish up the grey
Put that, put that, put that up your wall That this isn't country at all

Raving station, beside yourself

Keep me out of country in the word
Deal the porch is leading us absurd
Push that, push that, push that to the hull
That this isn't nothing at all

Straight off the boat, where to go?
Calling on in transit, calling on in transit
Radio Free Europe

もし君の傍にラジオがあるなら
理由として:それはグレーを磨き上げるようなものだから
ベルリンの壁を打ち立てよう(*2)
それはカントリーミュージック(国家)なんかじゃない(*2)

プロパガンダに狂ったラジオに抵抗しよう(*2)

僕を言葉の国には入れないでくれ
そのラジオは僕らをばかげたものに導く
遠くまで押すんだ
それはまったくなんでもない

移民たちはどこへいくのか(*2)
過渡期に現れる
自由欧州放送(*1)


(*1)冷戦中に東欧諸国に向けて西側の政治的メッセージを発信していた政略的ラジオ局、Radio Free Europeってのがあったらしい。あったらしいというか、今でもあるらしい。RADIO FREE EUROPE/ RADIO LIBERTY

(*2)下記注釈サイトの解釈を採用

R.E.M.の初期の代表作。R.E.M.はアメリカ人でも歌詞の意味が分からないバンドというので敢えて訳してみたが、本当に意味がわからん。 Radio Free Europeが西側のラジオ局であるということを知るまで、「ラジオ無しヨーロッパ」とか「ラジオがヨーロッパを解放する」という感じのラジオを賞賛する内容かと素で思っていた。が、たぶん意味は全く逆で、内容はどうもラジオ批判らしい。ラジオ批判じゃないと文脈がつながらないもんなぁ。わからない箇所が多すぎだけど、もうちょいこの歌の制作背景等の情報がないと訳せませぬ。

それにしても2002年からこのページ更新していなかったw 次はR.E.M.を訳そうかなぁと思っていたら2年近く経ってしまいますた。R.E.M.恐るべし。


2006年12月追記
ネットサーフィンしていたらR.E.M. Lyric Annotations FAQ というサイトを見つけた(訳すとしたら「REMの歌詞注釈FAQ」か)。やはりRadio Free Europeは西側のプロパガンダのためのラジオ局を意味しており、それを皮肉った歌のようだ。アメリカのファンが作った注釈サイトまであるように、この歌は意味がわからないのがウリというか、超現実的かつ政治的な歌詞を口ごもって歌うというのがすごい事だったらしい。

■  Mar, 26.(Tue)/02 -  We Are The Champions ■

 

We Are The Champions - Queen

I've paid my dues
Time after time
I've done my sentence
But committed no crime
And bad mistakes
I've made a few
I've had my share of sand
Kicked in my face
But I've come through
And I need to go on and on and on and on

We are the champions, my friend
And we'll keep on fighting till the end
We are the champions
We are the champions
No time for losers
Because we are the champions of the world

僕らはチャンピオン(伝説のチャンピオン)- クイーン

償いはしてきた
いつもいつも
刑期は務めた
何も罪は犯していないが
間違いはあった
屈辱も受けてきた
でも僕はそれを乗り越えてきたんだ
そしてこのままいかなくてはならないんだ…

僕らはチャンピオンなんだ
そして僕らは最後まで戦う
僕らはチャンピオンなんだ
僕らはチャンピオンなんだ
負けるわけにはいかない
僕らは世界のチャンピオンだから

(最近買ったQueenのアルバムより。やっぱQueenはすごい。
「わしらチャンピオンだもんね」とはなかなか言い切れない。
関係ないけど昔日本のラジオで「伝説の横綱」という訳で紹介されたことがあるとか。
相撲の歌だとするとすげぇな。)

 

■  Dec, 20.(wed)/01 -  Like The Weather ■

 

Like The Weather - 10,000 Maniacs

The color of the sky as far as I can see is coal grey.
Lift my head from the pillow and then fall again.
With a shiver in my bones just thinking about the weather.
A quiver in my lips as if I might cry.

Well by the force of will my lungs are filled and so I breathe.
Lately it seems this big bed is where I never leave.
Shiver in my bones just thinking about the weather.
Quiver in my voice as I cry,

"What a cold and rainy day. Where on earth is the sun hid away."

天気みたいに-10,000 マニアックス

空は見渡す限りグレー
まくらから頭を上げて、また落とす
震えながら天気のことを思う
泣いているように唇を震わせる

肺に力を入れて、呼吸する
最近この大きなベットから離れがたい
震えながら天気のことを思う
泣いているように声を震わせる

「何て寒い雨の日なんだ。太陽はどこへいったの?」

(10,000 ManiacsにNatalie Merchant がいたころのヒット曲。
寒くて起きられないもんね、ということらしい。
そんなこと言ってないで暖房をつけてくれ。)

 

■  Nov, 14.(wed)/01 -  Affirmation ■

 

Savage Garden - Affirmation

I believe the sun should never set upon an argument
I believe we place our happiness in other people's hands
I believe that junk food tastes so good because it's bad for you
I believe your parents did the best job they knew how to do
I believe that beauty magazines promote low self esteem
I believe I'm loved when I'm completely by myself alone

I believe in Karma what you give is what you get returned
I believe you can't appreciate real love until you've been burned
I believe the grass is no more greener on the other side
I believe you don't know what you've got until you say goodbye

アファーメイション(確認、肯定)
サヴェジ・ガーデン

僕は太陽は議論をふっかけないということを信じる
僕は僕らが幸せをみんなで分かち合うということを信じる
僕はジャンクフードが健康に悪いからおいしいということを信じる
僕は君の両親が君を一生懸命育てたと信じる
僕はファッション雑誌がみんなの個性を無くしているんだと信じる
僕は僕が本当に孤独な時に愛されているんだと信じる

僕は自分のやったことは自分に返ってくるんだと信じる(仏教的なKarmaを信じる)
僕は一度焼けるような恋愛をしないと本当の愛はわからないと信じる
僕は僕の今いる場所が一番だと信じる(向こうの芝生はそんなに青くない)
僕は何かを失ってみるまでその何かの価値がわからないものなんだと信じる

(Savage Gardenは留学先のBrisbane出身のバンド。
地元でもえらい人気だが、もちろん世界的にもヒット
ちなみにこのAffirmationは最後までI believe〜と続くというすごい歌詞だ。
ただ単に歌詞をつくるのが面倒になったという噂も…。)


■  Nov, 11.(Sun)/01 -  Shape Of My Heart ■

 

Shape Of My Heart
Back Street Boys (2000)

Baby please try to forgive me
Stay here don't put out the glow
Hold me now, don't bother
If every minute it makes me weaker
You can save me from the man that I've become

Lookin' back on the things I've done
I was trying to be someone
Play my part and kept you in the dark
Now let me show you the shape of my heart

Show you the shape of my heart

僕のハートの形
バックストリートボーイズ

僕を許してくれ
情熱を失わないで、ここにいてくれ
ためらっていないで僕を抱きしめてくれ
時が僕を変えようとしても
君のおかげで僕は僕らしくいられるんだ

僕がやってきたことを振り返ると
僕は他の誰かになろうとしていたんだ
自分のことばかりで君のことをおろそかにしていた
--僕のハートをみてくれ(僕の本当の気持ちをわかってくれ)

(とりあえず外科的な手術が必要だな。)

 

■  Nov, 9.(Fri)/01 -   The Star-Spangled Banner ■

 


The Star-Spangled Banner
Francis Scott Key, 1814

O say, can you see, by the dawn's early light,
What so proudly we hail'd at the twilight's last gleaming?
Whose broad stripes and bright stars, thro' the perilous fits,
O'er the ramparts we watch'd, were so gallantly streaming?
And the rockets's red glare, the bombs bursting in air,
Gave proof thro' the night that our flag was still there.
O say, does that star-spangled banner yet wave
O'er the land of the free and the home of the brave?

「星のきらめく旗=星条旗」(通称星条旗よ永遠なれ)

おお、君は夜明けの薄明かりの中で我々が誇りとするあの旗が見えるか?
激しい戦いの間中我々の陣地のなかで勇ましくはためき続けた
あの星のきらめく旗は誰のものか?
ロケット弾が赤く燃え、爆弾が空中で爆発しているなかでも
我々の旗はずっとはためき続けていていたのだ
おお、星がきらめく美しい旗は、
自由の地、そして勇者たちの地に今もはためいているだろうか?

(やっぱ戦争中につくられた歌っぽいっすね。
夜なので爆弾が飛び交い、光っているのですな。
そしてそのなかでも星条旗はひかり輝いていたと。
どうでもいいけどロケット砲でも燃えないっつうのは防火布とかをつかっとるんかね?
さらにどうでもいいけど夜はどっちみち旗が見えないような気もするな。)

 

■  Nov, 6.(tue)/01 -   New Beginneg ■

 


Tracy Chapman
New Beginning (1995)

The whole world's broke and it ain't worth fixing
It's time to start all over, make a new beginning
There's too much pain, too much suffering
Let's resolve to start all over make a new beginning
Now don't get me wrong - I love life and living
But when you wake up and look around at everything that's going down
- All wrong You see we need to change it now, this world with too few happy endings
We can resolve to start all over make a new beginning

Start all over  Start all over  Start all over  Start all over

世の中はどうにかなってしまっていて、直す価値もない
今はすべてやり直すときで、出直すときなんだ
あまりにも多くの痛み、苦しみ
全部やり直してみよう
でも誤解しないで−私は人生や生きることを愛している
でもあなたが起きて周りを見回すとすべてがうまくいっていない
−そしてあなたは今それを変えないといけないとわかるでしょ?
−この世ではハッピーエンドが少なすぎるから
全部やり直してみよう

Start all over, Start all over, Start all over, Start all over…

 





BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net