■ICU入試頻リスニング出英単語

 

順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
  順位 登場
回数
 
1 905 the 26 71 does 51 35 been 76 27 already 98 21 read 125 15 isn 151 12 before 168 11 food
2 433 to 27 70 at 51 35 new 76 27 much 98 21 so 125 15 now 151 12 haven 168 11 forgot
3 409 i 28 63 her 51 35 people 76 27 ve 98 21 sorry 125 15 some 151 12 leave 168 11 hasn
4 252 t 29 61 do 51 35 there 79 26 from 98 21 were 125 15 which 151 12 mary 168 11 hours
5 251 it 30 60 m 55 34 how 79 26 his 105 20 after 130 14 could 151 12 needs 168 11 left
6 228 is 31 59 don 55 34 if 79 26 last 106 19 just 130 14 game 151 12 okay 168 11 long
7 224 a 32 57 and 55 34 know 79 26 speaker 106 19 take 130 14 office 151 12 out 168 11 made
8 200 he 33 55 can 55 34 than 79 26 why 106 19 two 130 14 person 151 12 school 168 11 meeting
9 198 of 33 55 we 59 33 as 84 25 him 106 19 use 130 14 their 151 12 seen 168 11 please
10 175 what 35 53 think 59 33 me 84 25 like 106 19 week 130 14 three 151 12 student 168 11 probably
11 170 you 36 52 will 59 33 more 84 25 really 111 18 book 130 14 until 151 12 though 168 11 problem
12 167 s 37 51 one 59 33 should 84 25 well 111 18 concert 137 13 able 151 12 today 168 11 project
13 152 she 37 51 yes 59 33 thought 84 25 work 111 18 find 137 13 even 151 12 tom 168 11 said
14 141 in 39 49 are 59 33 when 89 24 all 111 18 next 137 13 great 151 12 understand 168 11 soon
15 100 was 40 48 didn 65 32 my 89 24 mean 111 18 report 137 13 help 151 12 university 168 11 wasn
16 99 for 41 47 this 65 32 with 91 23 many 111 18 see 137 13 lecture 151 12 want 168 11 way
17 95 be 42 45 no 65 32 your 91 23 need 111 18 up 137 13 lost 151 12 went 168 11 weather
18 92 that 42 45 time 68 31 by 91 23 students 118 17 ago 137 13 most 168 11 back 193 10 actually
19 91 not 44 44 too 68 31 class 91 23 sure 118 17 but 137 13 other 168 11 being 193 10 change
20 90 about 44 44 very 68 31 doesn 95 22 computer 118 17 going 137 13 professor 168 11 call 193 10 doing
21 85 on 46 43 an 68 31 go 95 22 where 118 17 right 137 13 say 168 11 come 193 10 hour
22 83 man 47 41 did 72 30 good 95 22 would 118 17 thanks 137 13 talk 168 11 couldn 193 10 important
23 76 woman 47 41 has 73 29 get 98 21 better 123 16 only 137 13 them 168 11 difficult 193 10 library
24 74 they 49 39 because 73 29 ll 98 21 day 123 16 yet 137 13 tomorrow 168 11 end 193 10 must
25 73 have 50 37 had 75 28 late 98 21 first 125 15 fine 137 13 wants 168 11 expected 193 10 number
                                          193 10 play
                                          193 10 wouldn

 


・調査方法

1995年度〜2003年度までのICU入試英語読解力考査を全てテキスト化し、コーパス分析ソフトで抽出

総単語数:15345 語
登場した単語の種類:2091種

*解答記号(a.b.c.d)、解答指示(日本語を含む部分)および解答番号(数字)は除外
*問題文(設問)および選択肢は含む


 

・リスニングならではの語彙

 というわけで今度はリスニングの語彙を分析してみた。全体に「'」(アポストロフィ)を伴う表現が多く、リーディングの上位には見られなかった"t"や"s"などが上位にランクインしている。「隙あらば略しちゃうもんね」という口語の特色が出ているものと言えよう。

 そういえばオーストラリア人に日本語配列のノートパソコンを貸したとき、「アポストロフィがシフト+7とはどういうことじゃ!オーマイガー!」と本気でびびっていた(英語配列だとEnterの隣)。「日本語のキー配列ではダブルクオーテーション(")がシフト+2」である事を知った日には路上のカンガルーに衝突して悶絶死しそうな勢いなので、教えないでそっとしておいた。

・やはり多い"the"

 最も登場回数が多かったのは"the"で、実に905回も登場している。総単語数が15345語であるので、約16.9語に1回は"the"が登場している計算になる。リーディングでは15.3回に1回の割合であったので、口語でも文語でもやはり"the"のでしゃばりっぷりは見事である。みのもんた(ry。

・"I"の躍進

 リーディングでは16年間でたった23回しか登場しなかった"I"であるが、リスニングでは9年間で409回も登場している。1年あたりの"I"登場回数はリーディングが1.4回である一方、リスイニングは約45.4回であるので、リスニングでの"I"使用率はリーディングの約32.4倍という計算になる。とりあえず「愛がいっぱい」という感じのやたらと食事場面の多い昼下がりの低予算ドラマが思い浮かびそうな結果である。

・特徴的な単語

 リスニング頻出単語をみると、やはり大学やその授業に関する単語が多い。これはリスニング試験の目的が大学生活に耐えうるだけの英語能力を有しているどうかを測るというものなので、当然と言える結果である。よって、リスニングの練習を行う際は、ビジネス目的のものより、アカデミック方面の会話が多く含まれるものを選んだ方がよさそうだ。「営業のジェームスが今年二回目の無断欠勤しました」「上半期の売り上げは絶好調です」「昼飯はレバニラ定食を食いましょう」などという会話はあまり登場しない。

順位 登場
回数
 
68
31
class
91 23 students
95 22 computer
111 18 report
137 13 lecture
137 13 professor
151 12 school
193 10 library

 

 





BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net

 



BUCHO.NET
Blog
Intro. to ICU
Web Exam.
ICU Vote
ICU Meeting
BUCHO
Links
Past Exams
Listening CD
Online Lecture
Your Experience
Waseda SILS
Keio SFC
Hosei GIS
contact
オンレクログイン

© 1999-2017
bucho.net