ICU国際基督教大学合格体験記2017 ポン酢さんの場合〜

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ポン酢

<プロフィール>

通信・単位制高校
塾、英会話教室 中学3年の冬から
部活はボランティア部でした。

2. 受験形態

AO入試入試

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

私は、将来達成したい夢があり、そのためには様々な知識が必要なためICUのリベラルアーツに惹かれて入学することを決意しました。そして高1の夏、ICUに訪ねた時、ここに通う自分の姿が想像でき、「あぁ、私はICU生になるのだな」と思い、それからは他の大学に行くことが考えられず、ICUしか行く場所がないと考えていました。

6.ICUに期待するところ

自身の目標達成のためには高い英語力が必須なため、ELAを頑張りたいです。そして教員免許を取りたいです。ICUらしい先生とは、みたいなことを考えながら日々勉強しています。

7.受験対策

a.願書-1<1.ICUに入学することを強く希望する理由を述べて下さい。>

私は将来の夢があり、それをどのように達成するか迷いがある。リベラルアーツ教育を通してそれを見極めたい、新しい道はないか模索したい、探求したいと熱く語りました。そして、現在の社会を自身の見解で述べ ICUでの学びはどのように、そしてどれほど私に必要か説明しました。そして、まだスペースがあったので自身の将来像を示して、ICUでしか私の望み叶えられない!他の大学じゃ無理!!っていことを締めに書きました。あと、ICUはどんな生徒を”AO”で取りたいのかなぁ、と考えながら書きました。それはホームページ見たらわかるから探してみてね~。

a.願書-2<2.ICUで何を学びたいかを簡単に述べ、また将来の志望とその理由を述べてください。>

私の夢の実現には多分野の知識が必要なので、その旨を書き、具体的にこの授業取りたい!と書きました。そして、それがどのような形で私の役に立つか書きました。(どんな授業が開講されてるかはホームページに乗ってるから探してみてね。)

a.願書-3<3.あなたを学生として受け入れることがICUにとって重要であると思われる理由を述べて下さい。>

この部分は特に力を込めて書きました。私はICUにとって理想的な生徒なんだ!という思いながら、今までどのような生徒であったか、これからどんな生徒になっていくかを具体的に書きました。そして、私の存在はICUの中で重要な役割を果たす、と言い切りました。その主張を通すためにICUが受け入れたい生徒像と自分の共通項をいくつか述べ、さらに自身の長所を書き、これがどのように大学の活性化につながるかまとめました。最後は、卒業した後のビィジョンをかいて終わりました。

b.エッセイ(小論文)

(参考) 以下の課題について十分に考えをまとめ、1500字以内でエッセイを書いてください。
【3】 あなたの物の見方・考え方に大きな影響を与えた経験

3を選びました。実は私は自身の病気で中学3年間は自宅療養で全く学校に行けず高校3年間は闘病しながら単位制の学校に通っていました。なので高校生1年生の時に中学三年分の勉強をして、高校2年時に高1と2の勉強をして3年生になった時に自身の勉強のブランクを克服し受験勉強をはじめました。なので小論文は自身の3年間の振り返り、どのように成長したかを書きました。具体的には、長所としてあげられるものにエピソード付きで説明しました。私の場合は、根性、人への想像力、物事に対する積極性と誠実さが自身のアピールポイントだったので、それにつながる経験を書きました。

例えば、忍耐についてはこんな感じでまとめました。
私は高校の最初の2年間は塾で2個下と1個下の学年と一緒に勉強していました。劣等感にさいなまれがらも勉強し続けた時期を語り、ブランクを乗り越えた時に自分の大きな自信になった、この経験が自身の根性を鍛えた!みたいなことをまとめに書きました。後、自分で言うのもなんですが、この成功体験は努力あってのこそ結果、だからこれは私の忍耐強さの証明だ。みたいなことを書きました。そして、この経験の前の私と後の私を比較して成長したところを強調しました。

大学側に自分を最大限アピールできるのはこの小論文だと、私は考えます。なので、私はこんなにもすごい、生徒として魅力的だと、入学させるべきよね、なんて少しオーバー気味に書くことをオススメします。私はこんなにも人と違う、ユニークな存在だよと、ここで私は他生徒との差別化を計りました。あ、もちろん嘘はダメですよ。でも、ここでは謙虚さは、ただ邪魔なものなのになります。

c. 学校内外における自己活動歴と自己分析

私はボランティア部に所属していました。2年生になった時先輩が卒業でいなくなり部員たったの二人になり、廃部の危機に直面しました。小輪文では部員集めの活動をした時の自身のリーダーシップについて書きました。ちなみに部員は11人まで増えました。

800字はとても少ないです。なので重要なことは最初に提示して、そのあとに理由付けをしました。

d推薦状2通

一枚は学校の先生、もう一枚は私が頑張ってきた時に側で見ていて頂いた塾の先生にお願いをしました。

e. 成績書類

(英語)
IELTS 6.5 英検2級

(評定平均)
4.9

f.一次試験(書類審査)のポイント

一個一個の小論文や願書の欄は結構書ける文が少ないと思います。なので全ての提出書類が繋がっている、一つの物語みたいなイメージで統一感を意識しながら書いたら良いのではと。

あと、大学についてしっかり調べてください。ICUのパンフレットがする切れるくらい私は読み込みました。

g.面接 (二次試験)

すいません。緊張していて全く内容覚えてません。

h.二次試験のポイント

試験の時にもっと新聞を読んでおくべきだった、と思ったのは覚えています。私があげれるアドバイスは沈黙を怖がらないで!です。自分の意見を発表し終わって時間が余ります。焦って うー、とかあー、とかいってしまうかもしれませんが(私は言いました。)自分の言いたいことを言ったなら、そのまま自信を持って構えて時を過ぎるのを待ちましょう。

8.最後に一言

ICUは入学してよかったと思える大学です。今はしんどい時期だと思いますが、その価値はあります。皆さんと大学で会えることを楽しみにしています。

<Prev> <Next>