ICU 寮生インタビュー2

ラウンジ

ソーシャルルーム

ICU寮生インタビュー2

(引き続きICU(国際基督教大学)の欅寮のお三方にお話を伺って参ります。寮内の交流はいかがでしょう?)

NIT:基本的に階が同じだと接する機会も多くて自然と知人・友人が増えるという感じです。同じ階はとても仲がいいですね。

TAK:セキュリティの関係上、階が違うとやや疎遠になるイメージもあります。寮によっては階同士の交流が盛んなところもあるようですが。

NOR:ICUの新寮は人数が多いので知り合いも増えるけど、多いけど全く知らないという人もいます。100人以上いますし。旧寮と比べるとよりマンションとまではいかないけど、より普通の住まいのイメージに近いかも知れませんね。

(寮内イベントとかはありますか?)

NOR: 最初にカレーパーティがありましたね。新入生歓迎のイベントで、みんなでカレーを食べようというものでした。このメンバーにもカレーパーティなどを通じて仲良くなりました。

NIT: その他イニシエ(イニシエーション)とバカ山発表会、親睦会などでしょうか。

(イニシエとバカ山発表会は仮装して過ごして、バカ山で踊るやつですね?)

NIT:そうですね。イニシエはICUの伝統行事ですが、入学して授業の最初の日から1週間、寮生は仮装して過ごします。バカ山発表会は仮装の最後の日にバカ山で各寮で出し物的なものをやるというイベントです。

(なるほど、ちなみに今年の欅寮はどういう仮装を?)

NIT:SMAPの番組の企画に「しょうわ時代」というやつがあったのですが、それをイメージした仮装と出し物をしました。

(ICU関係者なら誰もが知っているおなじみのイベントなのですが、もしかするとそういうものに若干抵抗を覚える方もいるかもですね。もし嫌だったら参加してなくても大丈夫?)

NIT: そうですね、少なくとも新寮には強制するような雰囲気はないです。

僕も寮に入る前は仮装やばか山発表に対して恥ずかしいなぁやりたくないなぁという気持ちが強かったのですが、毎年行われている行事なので在校生も慣れっこで別に変な目で見られたりしません。

他のICU生からハイタッチを求められたり「頑張れ―っ」て応援されたり。

(なるほど、新入生は皆仮装に参加したのですか? 拒否った人とかいないので?)

NIT:はい、皆で楽しんで参加したという感じだったと思います。表だって拒否するというほどのものではないというか、もしやりたくなければスルーすれば大丈夫です。

ただ仮装しているとセクション(ICUのELAのクラス)で話をするきっかけにも使えてなにかと便利ですよ(笑)

僕も話を聞いたときは嫌だなと思いましたが、ばか山発表など春学期を終えた今振り返ってみると凄く良い思い出です。折角寮に入ったのならば参加することをオススメします。

(親睦会というのは?)

NIT:食事会のようなもので、寮生同士でどっかのお店に行くというという感じのものです。主に階ごとに開催されていますが、寮全体に参加を呼びかけるのもありますね。

NOR:これも強制ではなくて行きたい人だけ行くというものですね。

(なるほど、他の寮との交流はありますか?)

NOR:最初の頃は寮同士でバカ山ランチをするというイベントがあったような気がします。またお互いの寮を見学するようなイベントもありました。

TAK:見学イベントに関しては少し時期が早くて、あまり知り合いもいないような時期だったので、あまり盛り上がらずに終わってしまったところがありますね。

NIT:後はボールなどですね。

(ボールはダンスパーティのようなものでしたっけ?)

NIT:そうです。旧寮でやるイベントですね。ICUの先生がDJをやったりするやつです。

(ボールには結構みんな参加するのですか?)

NIT:基本的に夜開催なので、参加するのは特定の寮生ですね。

NOR:僕は行ってみました。見ている分にはおもしろいと思ったのですが、会場が狭くて暑かったです(笑)。ちょっと好みが分かれるところはありますね。

NIT:そういった他の寮生を集めて行うような行事は新寮ではできないので、旧寮でしかやれないイベントですね。

TAK:その他の交流イベントとしては、ちょうどこの間終わったところなのですが、サッカー寮対抗戦があって、自分も参加していました。

(ちなみにその結果は?)

TAK:運良く欅寮が優勝しました。優勝カップが寮の入り口に飾ってあります。

(次回に続きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です