BUCHOのICU国際基督教大学入試受験対策会議室


ツリー一括表示

7995 2009年度一般入試の変更点 /BUCHO (08/06/20(Fri) 16:07)  


親記事 / 返信無し
■7995 / 親階層)  2009年度一般入試の変更点
□投稿者/ BUCHO
□ホスト/ Local Host(www.bucho-net.com)
-(2008/06/20(Fri) 16:07:17)
    公式サイトが更新されています。一部入試内容に変更があります。

    一般入学試験
    http://subsite.icu.ac.jp/admissions/screening_system/ippan.html

    一般入学試験科目
    http://subsite.icu.ac.jp/admissions/screening_system/ippan/index.html

    変更点

    1.リベラルアーツ学習適性
    ・「一般能力」→「リベラルアーツ学習適性」に名称変更
    ・100問70分→80問70分に問題数を変更。

    すでに説明会等で言われていた内容です。出題傾向は今までと変わらないようです。

    20問減ったことで、今まで捨てるしかなかったその場でじっくり考えて解く問題(例えば2分以上解くのに時間がかかる問題)が何問解けるかということがより重要になりそうです。

    なお80問バージョンの例題が示されていますが、これは以前から公開されている内容を20問削ったものですね(orz)

    一般能力は今までも実質的に「適正試験」(特定の教科をいかに対策したかと言うより、人物のポテンシャルを見る試験)だったわけですが、ICUサイドからこの名称にしたというのは興味深いところです。

    2.配点の明記
    ・各教科に配点が明記された。
    ・各教科80点、英語のみ90点

    これは一般能力が80問になったための措置のようです。
    各教科の配点が明記されたことで、個々の問題は以下のような配点予想になります。

    一般能力 80問・80点、1問1点
    人文・社会科学 40問・80点 1問2点 
    英語  1問1点or2点(リスニング・リーディング長文の一部が2点、その他1点)


    昨年度まで全教科同程度に評価すると明記されていたので、公式に英語のウエイトが少し増したといことになります(今まで明記していなかっただけかもですが)





 
[ □ Tree ] 返信/引用返信


- Child Tree -