ICU国際基督教大学 社会人入試1 願書 エッセイ

今回は社会人入試でICU国際基督教大学に合格された、silvermoonさんにインタビューをさせていただきました。

(ICU国際基督教大学を知ったきっかけを教えていただけますか?)

長く欧州におりまして、そちらで知り合った方がICUの卒業生であったことがきっかけでした。
他の日本の大学と比較すると個性を大切にするというところに惹かれましたね。

(ICUを社会人入試で受験されるまでは、主婦でいらっしゃったのですね)

そうでうね、ドイツ語を教えていたりもしていました。

(その後日本に帰ってきた段階でICUの社会人入試を検討されたという形ですね。ICU以外の大学は検討されましたか?)

社会人が推薦で入れるところを基準に探しました。
他大学も調べ、受験は他の私立大学なども検討しましたが、結局受験したのはICUだけになりました。

ICUはすごく我が道を行くというというイメージで、西洋的な考えを元に作られたという印象があり自分にはあっている感じがしていました。

日本の有名大学は、いいサラリーマンになるためにはいいけど、個性を伸ばすというイメージがありませんでした。その一方で、ICUは小さくて個性的と言うのでしょうか、そこに一番惹かれました。
人間味があって、校風が自分にあっているという印象ですね。

(ICU国際基督教大学の社会人入試願書にはどのような内容をお書きになりましたか?)

そうですね、まずICUの社会人入試には、「ICUを志望する動機と関連づけながらあなたの社会経験について具体的に述べ1200字以内にまとめて記述してください」という1200字のエッセイと、その他の入試に見られるような短めの質問項目(ICUで何を学びたいかなど)がありました。

1200字のエッセイにはヨーロッパで自分が子供を産んで家庭を持って、後いろいろあって日本に帰ることになった時に、ICUを受験するという機会に恵まれ、これは神様が与えてくれたチャンスかもしれない。また息子たちが大学入学にチャレンジすることを喜んでくれて、背中を押してくれたことも書きました。それから仕事の事ですね。全体に個人的なことを書きました。

(思ったよりプライベートな内容ですね)

ええ、最初は私も当たり障りのないことを書いていていたのですが、そういった文章は美しくは見えるが、それは自分ではないという感じがしました。

よって全体を書き直して、これが自分だという個性を出すことにしたのです。
最終的に、今お話したようなすごく個人的なものになったという形ですね。

(自分の気持ちを正直にお書きになったということですね。)

そうですね、ある意味ICUで何をしたいか頭を整理できたと思います。
社会人で入ってくる方はいろんな経験を積みながら受験されますよね。
高校を中退して、大検受けてくる方もいらっしゃるかと思います。

いろんな人生模様があるので、それをいかして素直に行きたいという気持ちを伝えるというのも大切なことだと思います。大学は決まり切った願書など見飽きているでしょうし。

(次回に続きます)

タイトルとURLをコピーしました