ブログ,オープンキャンパス,学食・学生寮,ICU新館

引き続き2022年度ICU国際基督教大学オープンキャンパスのフォトレポートをお届けします。

旧D館1Fのロビーです。昨年の後半に改装された新スペースで、勉強やサークルのミーティングなど、広く活用できそうなスペースです。D館改装に際してはICU同窓生に寄付募集の案内があり、実際に改装費用にはICU OG・OB、団体の寄付金が活用されています。

こちらは2023年完成予定のICU新館、トロイヤー記念アーツ・サイエンス館の建設の様子です。写真左の茶色の建物が本館、右の白いたてものが理学館、中央が新館です。2023年の中に使えるようになる予定で、かなり完成してきていますね。新施設で学べるのは、ICU入試受験生としてはとてもうれしいニュースです。

理系の施設が中心に入る予定なのですが、文理融合のコンセプトもあり、ミーティング等に使える施設も充実しています。

300人規模のホールもできる予定で、セミナー等にも活用されそうですね。

ちなみに、オープンキャンパスでは理系の先生のモデル授業に参加させていただいたのですが、来年は新施設が使えるので期待してほしいということをおっしゃっていました。

学生寮のGlobal Houseです。オープンキャンパスでグローバルが公開されるのは珍しいです。

Global Houseの居住スペース。Global Houseは全室個室の寮です。各部屋の大きさは7-8畳程度との説明でしたが、共有スペースもあるためか、他の寮より一人あたりのスーペースは広く感じました。

ICUのキャンパスの森の中にあり、じっくりと研究に取り組めそうですね。

4部屋ごとにある共有の洗面等のスペース。

こちらも4部屋ごとにある共有スペース。Global Houseは留学生も多く、このような交流施設があって国際生との交流も活発とのことでした。

例年のオープンキャンパスではGlobal Houseは公開されていませんでした。Global Houseはとても充実しているのですが、そもそも定員が少なく、国際生を多く受け入れていることから、各学年、男女3名程度しか入寮できません。受け入れが少ないので、オープンキャンパスでは公開されていなかったという所もあったと思います。

また、ICUの他の新しい寮に比べると若干ではありますが年期が入っている印象があります。そのような意味では新寮や新々寮の方が設備が新しくてきれいですね。特に新々寮はマンションに近いような作りです。

ICUの学生寮はとても充実していて、賃料もリーズナブルで、通学の利便性や、人的な交流面でのメリットも大きいと思います。学生の多くが学内の寮に住めるのは、少人数制でキャンパスが豊かなICUの大きな魅力の一つです。

ブログ,ICU総合教養対策(ATLAS),オープンキャンパス

引き続き2022年夏のオープンキャンパスの様子をお伝えします。

新D館1FではICU受験生がICU生と会話ができるリベラルアーツラウンジが設置されていました。受付でどのような話をしたいかを聞かれるので、例えばICU入試を一般選抜受験することを考えていて、ICU入試の勉強法に関して質問がある学生は、一般選抜合格のICU生と会話ができるようにアレンジしてもらえます。

ICU本館へのアプローチ。人数制限はありましたが、多くのICU入試受験生がICUのキャンパスを訪れていました。都内とは思えないような広く青々としたキャンパスはICUの大きな魅力の一つで、実際にキャンパスを訪れるとその魅力が再認識できますね。

ICU入試制度説明会/総合教養【ATLAS】体験

総合教養【ATLAS】のセッションでは、ATLASの問題を一部体験した上で、アドミッションズ・センター長の平島先生から、問題の解説と、ATLASの出題の狙いなどの説明がありました。

大学のオープンキャンパスにはいくつも参加しましたが、入試の解説を大学の先生がしてくれるのはICUぐらいです。少人数制のICUならではの光景ですね。ATLASの説明と解説の後に行われた質疑応答には一般選抜に合格したICU生も加えて、活発に質疑応答が行われていました。

ATLASの解説に関しては今回得られた対策情報も含め、当サイトのオンラインレクチャー、2022年度ATLASの解答・解説内で詳しく紹介をさせていただきます。

総合教養の説明会で配られたATLAS用のメモ冊子。2022年度のメモ冊子は見開きで年表が資料として含まれていました。メモ冊子に資料が掲載されているパターンは過去問にもあったので、過去問でICU入試対策をしていた受験生はすぐに理解できたと思います。

総合型選抜の問題冊子です。右側にはシールがしてあって、指示があるまで中が見られないようになっています。実際の総合教養の試験ではまずメモ冊子を開いて、メモを取りながら放送講義を聞き、放送終了後に指示に従って問題冊子の封を解き、問題を解き始めます。

総合教養は他大学にはない試験なので、はじめて解くときは戸惑うかもしれません。ICU入試対策としては問題演習を行って問題形式に慣れてから入試に臨みたいところです。

(次回に続きます)

ブログ,オープンキャンパス

ICU国際基督教大学の入試関連のWebサイトが更新され、今週末9月3日(土)開催のCampus Visit Dayの追加募集が行われています。本記事執筆時点でもまだ空席があるため、ICU入試対策のための試験会場の下見として、参加可能な方はすぐに申し込みをすませておきましょう。

今年度のCampus Visit Daysは10月と11月にも予定されていますが、現時点では定員に達しており、申し込みを終了しています。

コロナ禍の影響でICU入試受験生のICUのキャンパスの見学は指定されたイベント以外ではできないため、まだキャンパスを見学できていない受験生の方で、参加可能な方はすぐに申し込みを済ませておきたいところです。

国際基督教大学 オープンキャンパス・学内見学

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/

(ページ中段のCampus Vist Daysより申し込み可)

ブログ,オープンキャンパス,ICU祭(学園祭)

ICU国際基督教大学の公式Webサイトが更新され、2022年度のICU祭は3年ぶりにICUのキャンパスで対面開催される予定である事が発表されました。ただし、人数限定・完全予約制が予定されているため、事前予約が必須のようです。

ICU公式Webサイトより

ICU祭は受験生がICUのキャンパスを訪れ、会場の下見をする貴重な機会です。ICU祭は2023年度ICU入試受験生が事前にICUを見学する実質的に最後のチャンスになりそうです。

2022年度のオープンキャンパスは8月20日に最終回が終了しています。また、ミニオープンキャンパスであるCampus Visit Daysという企画も9,10,11月に予定されていましたが、参加可能な人数が1回20組と少なく、すでに定員に達してしまっているため、申し込みは締め切られています。

ICUの試験会場を見ておくことはICU入試対策としてとても有効なので、まだICUのキャンパスの見学をしていない受験生は、ICU祭参加の予約だけはまずしておいた方がよさそうです。

イベント日程予約申込
ICUオープンキャンパス7月16日、8月20日開催終了
Campus Visit Days9月3日、10月1日、11月12日受付終了
ICU祭10月9日、10日9月7日開始

予約が可能になったら当ブログでも再度お知らせをします。

ブログ,オープンキャンパス

今回は2019年以来3年ぶりにICUのキャンパスで開催された、2022年夏のICU国際基督教大学のオープンキャンパスのフォトレポートをお届けします。

JR武蔵境駅の3番バス乗り場。今年はICUのスタッフがバス乗り場まで案内をしていてスムーズにバスに乗ることができました。

10分程度でICUに到着。Welcome to ICU! 時折小雨が降る天気でしたが、多くの来場者で賑わっていました。来場者はバスを降りた後、滑走路をしばらく歩いて左側にある新体育館に向かいます。

今年から来場者は新体育館で事前登録したオープンキャンパス参加証を提示して、検温を受けます。コロナの影響で以前より入場までにやや時間がかかるようになっているので、希望するプログラムがある場合は少し早めに行った方がよさそうです。

新体育館を出て教会前の旧ロータリーに到着。正面に見えるICU教会を右に抜けると本館方面、左に抜けると学食方面に出ます。例年ICUのオープンキャンパスは真夏の開催ですが、この日は気温が上がりすぎず快適でした。

まずは学食に。今年度から学食がリニューアルされて業者も変わってます。オープンキャンパスは全メニューがお茶のドリンク付きセットで500円で提供されていました。ICU生によると普段は450円(ドリンク無し)のメニューが多いそうです。

学食の券売機。今回は全メニュー同じ料金になっているので、ボタンは1つだけ押せるように設定されていました。

リニューアルした学食ではカフェメニューが充実しており、食券のメニューとは別にカフェ前でも軽食を買うことができました。

ICU学食の様子。コロナのため座席が間引かれていましたが、座席には比較的余裕があり、お昼時でも座ることができました。

今回はカレーをいただきました。ICUの学食はリニューアルして味がよくなったと学生にも評判で、確かに美味しくなっていました。ちなみにカレーは普段は単品で400円だそうです。

学食は席が間引かれていたり、アクリル板が設置されていたり、テーブルごとに厳重な注意書きや人数制限があるなど、コロナ対策を厳重にやっている様子がうかがえました。

次回に続きます。

ブログ,オープンキャンパス

ICU国際基督教大学のWebサイトが更新され、本日より今年度オープンキャンパスの受付が開始されました。

今回は目玉企画として、ICU OBでSONYのロボットaiboの開発で知られる北野宏明教授の記念講演が行われます。

2020年度、2021年度はコロナで来場型の企画は中止になってしまいました。今回は現在のところコロナも落ち着いた状況で、受験生にとっては実に2年ぶりに夏のオープンキャンパスに参加できるチャンスです。

更に、コロナ中はキャンパス見学者は利用できなかった学食も、今回は利用可能である模様です。

オープンキャンパスに参加するには事前エントリーが必要ですので、ICU入試受験生は早めにエントリーを済ませておくとよいでしょう。オンラインでも一部のプログラムが配信されますが、そちらも事前エントリーが必要です。

ICU入試対策としてもICU入試の会場となるキャンパスを見学しておくことは重要ですので、ぜひエントリーをしておきましょう。

ICUオープンキャンパス 2022年7月16日(土)、8月20日(土)10:00~16:00

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/oc/22sm.html

ブログ,オープンキャンパス

2022年3月21日(月・春分の日)に開催予定の2022年春のICU(国際基督教大学)のオープンキャンパスのエントリー受付が本日より開始されています。

ICUを見学する貴重なチャンスです。

オープンキャンパスでメインとなるのはICUの教授陣によるモデル授業です。

エントリーページを見ると、主なプログラムは12:00-15:45とコンパクトな開催ですが、最大で3つのモデル授業を取ることができます。

夏の開催と違ってモデル授業の数は少ないので、来場型でモデル授業に参加できる人数は少なめかも知れません。ICU入試受験生はすぐにエントリーをして、席を確保した方がよいでしょう。ICU入試の会場となるICUの教室を見ておくことは、ICU入試の受験対策として大きなアドバンテージになります。

一方、オンライン型も同時に募集しているので、当日ICUまで行くことが難しい場合も、まずはオンラインのエントリーを済ませておくとよいでしょう。

ただし受験生としては興味のある、一般選抜試験科目「総合教養(ATLAS)」体験 と、「ICU入試説明」は来場型のみで開催が予定されているため、可能であれば来場型で参加したいところです。

なおコロナの影響で、売店や食堂等はやっていませんので、昼食を済ませてから来場するとよいでしょう。

2022年春のICUオープンキャンパスは下記URLから申し込みが可能です。

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/oc/oc2022sp.html

オープンキャンパス,入試説明会

ICU国際基督教大学で12月11日に開催されるICU受験生向けミニオープンキャンパスは現在受付中です。本記事の執筆時点では各コースに残席があります。

学長の岩切先生の講演を聴くか、アドミッションズ・センター長の久保先生の講演に参加するかという二択ですね。ICU入試受験生としてはどちらも受けたい内容なので迷いそうです。

現時点でICU入試を受験することが決まっていて、オンラインオープンキャンパスで久保先生のお話を聞いたことがまだないという方はアドミッションズ・センター長の講演をオススメします。入試に関して詳しい解説が受けられます。

ICUに興味はあるがどういう魅力がある大学があるかを詳しく知りたいという場合は岩切先生の学長講演がよいでしょう。いずれも人数限定の企画ですので、下記URLから早めの申し込みを済ませておきたいところです。

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/news/2111091200oc.html

オープンキャンパス

ICU国際基督教大学の公式サイトが更新され、2021年12月11日(土)に、ICU受験生限定で対面式のミニオープンキャンパスが実施されることが公表されました。

11月、12月開催のCampus Visit Daysとの比較を交えてお伝えしたいと思います。

12月開催の受験生向けミニオープンキャンパス

イベント開始日時は2021年12月11日(土)13:30で、以下の3つのコースに分かれています。

ミニオープンキャンパス の内容(3つから1つを選択)

1 13:30~15:00 学長による大学説明と学生によるキャンパスツアー(所要時間90分)
2 13:30~15:00 アドミッションズ・センター長による入試制度説明と学生によるキャンパスツアー(所要時間90分)
3 13:30~14:00 学生によるキャンパスツアー(所要時間30分)

オンラインではなく、ICUのキャンパスでの対面のイベントです!

このイベントは受験生限定保護者や家族は同伴不可です。

各プログラム先着60名(計180名限定)の事前予約制、予約開始は11月19日(金)正午から下記URLで可能となる予定です。

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/news/2111091200oc.html

11月、12月の週末開催のCampus Visit Days

こちらはオープンキャンパスとは別に昨年度から開催しているキャンパスツアーを中心としたイベントです。

ICU職員の方から大学説明(30分)を受けた後、ICU生によるキャンパスツアー(30分)に参加できるイベントです。

本年度の残りの日程は11月27日(土)、12月4日(土)、5日(日)の3日間で、いずれの日程も14時~/15時30分~の2回ずつ、各10組20名が参加できます。こちらのイベントは保護者の同伴が可能です。申し込みは下記URLの"Campus Visit Days"(ページ中段)から可能です。12月分は11月17日(水)正午受付開始予定です。

Campus Visit Daysの内容

ICU職員から大学説明(30分)+ICU生によるキャンパスツアー(30分)

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/#cvd

ミニオープンキャンパスとCampus Visit Daysはどちらがオススメか?

今年度は夏のオープンキャンパスが開催できなかったことから、2022年度のICU一般選抜入試を受ける方には実質的に最後のキャンパス見学のチャンスと思われますので、いずれかのイベントに参加しておきたいところです。

ミニオープンキャンパスとCampus Visit Daysはどちらも受験生にICUのキャンパスを訪れてもらうためのイベントであるため、内容が似ています。

個人的なおすすめはミニオープンキャンパスです。

受験生限定のミニオープンキャンパスは学長の岩切先生の大学説明やアドミッションズ・センター長の久保先生の入試説明が対面で直接聞けるチャンスなので、12月11日開催のミニオープンキャンパスはオススメです。参加人数から考えてもICUの本館の教室で開催される可能性が高く、入試で使うICU本館の教室の下見を兼ねることもできそうです。

地方などから見学にいらっしゃる場合で、保護者の方と一緒に見学したい場合は、 Campus Visit Daysへの参加を検討するとよいでしょう。

いずれにしても受験生向けのイベントがICUから企画されているのは、ICU入試受験生にとってはありがたいことですね。

一般選抜を受験する場合はICUのキャンパスでの受験となるので、ICU入試の試験対策上、ICUのキャンパスを一度見学しておいた方がよいです。

いずれの企画も人数限定で事前予約制であるため、日程を確認した上で早めに申し込みを済ませておきたいところです。

オープンキャンパス

本日ICU(国際基督教大学)の入試関連の公式Webサイトが更新され、今週末の10月2日(土)、3日(日)のCampus Visit Daysが開催されることが告知されています。すでに申し込みは始まっており、申し込みが可能であることが確認できました。

今年度はオープンキャンパスもオンラインで実施されてましたので、受験生がICUを見学するとても貴重な機会です。この記事をみたICU入試受験生はすぐに申し込みをしておきたいところです。

特にICU AO入試(総合型入試)受験生にとってはICU入試前にICU見学をする最後のチャンスかもしれません。

いずれにしてもコロナ関連で頻繁にICU入試の情報が変更されるので、情報収集は欠かせないですね。このブログでもICU入試関連の最新情報は可能な限り投稿していますので、ぜひ定期的にチェックするようにしてみてください。

ICU Campus Visit Daysの申し込みは下記URLから可能です。(サイト中段のCampus Visit Daysの日程を参照)

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/#cvd