ブログ,4月帰国生特別入試

ICU(国際基督教大学)入試関連の公式Webサイトが更新され、来年度からユニヴァーサル・アドミッションズ4月帰国生入試の内容が変更されることが予告されています。ICU入試対策として、帰国生入試を受験を検討している受験生の方は変更点を一読しておくとよいと思います。

ICU4月帰国生入試の2023年度入試からの変更点

1次選考は書類選考となり、提出書類として新たに、「ショートエッセイ」、「課外活動、表彰歴等」、「推薦状 2 通」が追加されています。

4月帰国生入試は小論文があることが特徴だったのですが、コロナの影響で過去2年間、会場で小論文の試験は実施されませんでした。代わりにWebサイト上で表示されるテーマに関して、期限内に小論文を書き、アップロードするというシステムが採用されていました。

今回の変更はそれらの実情に合わせると同時に、書類選考制であることを明記することで、より海外在住の受験生や帰国生等が応募しやすい環境が整ったと言えるでしょう。ICU入試対策として小論文対策をするのは大変という実情があったのかもしれません。

また、入試制度の中で、初めからオンラインでの面接事前に予告されるのは、今回が初めてかと思われます。従来はコロナの影響で会場での面接やディスカッションの代わりにオンラインが実施されるという形でしたが、今回は初めからオンライン個別面接であることが明記されています。

さらに、活動内容や表彰状を提出することが明記されているため、結果的にICU総合型選抜(AO入試)の内容に類似しています。

従来は海外経験があり、小論文対策で勝負したい受験生は4月帰国生入試を、活動が充実している国内の受験生はAO入試を受験する傾向がありました。今回の変更で4月帰国生も課外活動や表彰状等を提出することが求められているので、海外経験を持つICU受験生は総合型選抜と帰国生入試のどちらで応募するかは迷う部分かもしれません。

ただし、ICU入試対策の過去の傾向として、帰国生入試は帰国生の受け皿という側面があったため、もしこの傾向が今後も変わらないのであれば、海外経験を満たす受験生は帰国生入試を受けた方が引き続き有利かもしれません。

ICU入試ユニヴァーサル・アドミッションズ 4月入学帰国生入学試験

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/exam/returnees/

英語リスニング,一般選抜,4月帰国生特別入試

ICU(国際基督教大学)の公式サイトで、9月末にオンライン・リベラルアーツ・ラウンジが開催される事が予告されています。第1回は6月末に行われていましたね。今回は2回目で、英語開催です。第1部では教養学部長、第2部ではICU生が登場予定。ICU入試を受験する予定のセプテン、国際生はもちろん、国内のICU受験生も、ICUのリベラルアーツ教育とICU入試に関する学部長の説明や、ICU在学生からICUでの学びの様子を英語で聞いてみる機会かも知れません。

特にICUの入試英語リスニングでは学内の様子を反映した各種用語が登場するので、ICUの一般選抜を受験する場合も何かしら得るところがあるかも知れません。また、ライブではありますが、比較的受動的なウェブビナー形式なのであまり身構える必要はありません。質問がある場合もテキストフォームから受け付ける形なので、Webカメラやマイクでのリアクションを求められる事は無いでしょう。

ICU生と話そう!オンライン・リベラルアーツ・ラウンジhttps://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/event/20lounge0630.html

 

 

 

入試説明会,4月帰国生特別入試

<ICU入試説明4>

4月帰国生特別入試の説明です。9月入学との比較も併せてお届けします。

ICU国際基督教大学4月帰国生特別入試

中高いずれかで2年の留学、卒業後2年以内が出願資格。セプテンは卒業後の年数に違いがあるようです。

ICU4月帰国生特別入試

4月帰国生入試の試験はTOEFLまたはTOEIC、小論文、面接の3つ

セプテンとの違いは以下の通り。

<4月帰国生特別入試>
英語書類:TOEFLかTOEIC
受験料:35,000円
会場試験:小論文、面接
推薦状:不要
SAT他:不要
エッセイ:不要
入学後の必修語学クラス:英語(ELP)
倍率4.3倍(243/56)

<9月 (セプテン)ICU September Admissions>
英語書類:TOEFL かIELTS (出願にはTOEFLでiBTで79(PTB550)以上が必要、2006-2008の合格者平均102)
受験料:?22,000(?23,500海外からの出願)
会場試験:無し
推薦状:2通
SAT他:SAT Reasoning Test & Subject Tests (2 subjects)or ACT with Writing
*米国出身の場合。出身国によって異なる
エッセイ:英文2通
入学後の必修語学クラス:日本語(JLP)
倍率(1.7倍程度 正確な数字は不明だが約170名中100名程度とのこと)

なお2つの制度を両方受けることは可能だが、前者は日本語、後者は英語が堪能な受験生が受けるべき制度。
特に9月入学の場合日本語の授業があり、語学としての英語の授業はないので、日本語が母国語で英語はそこまでではでない場合、4月で出願すべき。