ICU AO入試 エッセイ

(Yafugiさんインタビュー3)

<ICU国際基督教大学AO入試 1次提出書類2>

(エッセイはどのような内容で書きましたか?)

<*参考:以下の課題について十分に考えをまとめ、1500字以内でエッセイを書いてください。>

課題:初対面の人(複数)に、自分の特長を深く、かつ正確に知ってもらおうとする時、あなたは自分の経験を、どのように伝えますか。以下からテーマを一つ選んで書いてください。

【1】あなたに深い感動を与えた人物との出会い

【2】 あなたの人生の転機となった経験

【3】 あなたの物の見方・考え方に大きな影響を与えた経験

私は【3】のテーマで1年間のアメリカ留学での体験・またその経験から学んだことについて書きました。自分がマイノリティーであるという環境で生活するなかで自分が常識としてとらえていたものはあくまでも日本人にとっての常識であることを知り、自分とは違う物事を受け入れる寛大さ・違いに触れる好奇心が身に付き、視野が広がった・対人関係において言葉の壁を越えたコミュニケーションの取り方・感謝や賛辞の表現・エンターテイメント性などを学び、人と交わるということが好きになった。また自分が日本人であるというアイデンティティーを自覚した。などを書きました。

(エッセイのチェックや添削などは受けましたか?)

中学の国語の先生に添削をお願いしました。実は姉がAOで早稲田に進学していて、その際にこの先生に添削していただいたので、ぜひ私もということで(笑)。

(どのような点で指導を受けましたか?)

特に言い回しなどの指摘を受けました。主観的に書くと自分では分かっているので、どうしても曖昧な部分が出てくるのですが、初対面の自分の知らない人にでも分かるように書くことが重要、などの内容です。非常にお忙しい先生でしたので、Eメールでやりとりをし、添削していただきました。

(するとパソコン上で一度原稿を完成してから、規定の用紙に清書したという感じですね?)

そのような形になります。とにかく1,500字のエッセイは何度も練り直し、一番力を入れて書きました。

(どのようなことを重視して書きましたか?)

留学に行く前の自分とその後の自分との対比というところでしょうか。初稿では1500の文字数にもかかわらず、いろいろ書いていたら2,500字以上になってしまいました。先の国語の先生や、高校の進路の先生、家族など、いろいろな人に見てもらって、徐々にポイントを絞り、エッセイを完成させていきました。

(次回ICU AO入試 学校内外における自己活動歴と自己分析に続きます。)

タイトルとURLをコピーしました