ICU入試倍率の変動

ICU入試倍率の変動
*データは1976年度から2001年度。ICU入試速報およびICUパンフレットから算出。

1976年から2001年までにICU入試の倍率、志願者数、合格者数を算出してみた。目に付くのが90年前後の急激な倍率と志願者の増加、そしてその後の減少である。ICUでは、91年に国際関係学科が設立され、入試志願者数、倍率ともに設立翌年の92年にピークをむかえた。しかしその後日本経済は「失われた20年」の時代に入り、バブル崩壊後の私立離れのあおりを受け、倍率が低下している。日本における私立大学離れは90年代後半から顕著になってくるが、ICUの場合も例外ではない。ただしその後志願者数自体は98年度以降安定感を取り戻し、2001年度入試においては増加に転じている。他の難関私立大学においても90年代末期からは志願者数が安定しつつある。いずれにしても私立大学の場合、経済や景気動向が、入試に影響を与える様子が覗える。
タイトルとURLをコピーしました