ICU国際基督教大学合格体験記2013 〜アイリスさんの場合〜

1. お名前、プロフィール

<お名前>

アイリス

<プロフィール>

東京の中高一貫の女子校に通っていて
塾は行きませんでした。

趣味は読書と踊ることです。

部活は入らず、中高六年間図書委員でした。

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

リベラル得点 = 6〜7割
人文科学得点 = 8〜9割
社会科学OR自然科学得点 = 7〜8割
英語リスニング得点 = 5〜6割
英語リーディング得点 = 8〜9割
(センター得点参考)
国語147/200
日本史91/100
英語191/200
リスニング44/50
国語は古典がダメダメでした。

4.併願校

慶応義塾大学法学部政治学科
上智大学経済学部経営学科
立教大学経営学部経営学科
etc…

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

中学受験の時の情報誌でICUを知り、それからずっと憧れの大学でした。
しっかり学ぶ校風や英語をツールとして使うところに魅力を感じました。
オープンキャンパスにも何度か足を運び、より一層惹かれて第一志望に決めました。

AO入試も受験しましたが合格出来ず、一般での再挑戦で無事受かりました。

6.ICUに期待するところ

やはりELAです。
海外経験のない私は、教科としての英語は得意ですが、
「使う」という経験がほとんどありません。
ELAを通して英語を教科の一つから言語にしたいです。

また、リベラルアーツで様々な分野の学問に触れ、多角的な視点と思考力を養いたいです。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

■文理問わず学ぶことができ、学際的な問題を考えられる。
■英語をツールとして使える教育がある。

などを書きました。

<2.ICUで何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてださい。>

■将来人と人とのつながりをデザインするコミュニティデザイン・ソーシャルデザインに関わりたい。
■そのために公共政策、経営、メディア・コミュニケーション・文化などを学びたい。

というようなことを書きました。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

読書について書いた気がしますが、あまり覚えてません。

b. リベラルアーツ学習適性

一番重要なのは出来ないものをさっさと諦めることです。
数学が苦手な私は方程式などは全てcにして先に進みました。
パーフェクトである必要は全くないので、できるものを確実に解いた方が良いと思います。

炎色反応などよく出るものだけは押さえておきたいですが、あまり気負うことはないです。

c. 人文科学

読解には自信があったので、数年分の過去問を読んだくらいでした。
時間があれば、新書などで学術的な文章を読むのに慣れておくのがいいと思います。

個人的にはICUの入試問題は人文・社会科学ともにとても面白くて好きでした。

d. 社会科学

社会科学を選択しました。
高校で世界史B以外の社会科目をとっていたのが役立ちました。
特に倫理、政経の知識があると有利だと思います。
一般常識程度は教科書等で見ておくといいですよ。

e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

これはなるべく早く対策した方がいいです。
やった分だけ伸びますから、逆に慣れてないとかなりきついです。
実際私は最後になって対策し始めたので、おそらくダメダメだったと思います。
皆さんはこうならないように気をつけて!笑
教材はTOEFLのリスニングのものがオススメです。

<リーディング>

普通の英文読解ができれば、大丈夫だと思います。
PART2は慣れもあるので、過去問を何年分か解くとコツがわかるかもしれません。

ここが一番確実に点が取れるところなので、なるべく高得点を狙いましょう。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

試験官の先生はとてもフレンドリーなので話をよく聞いてリラックスしてください。
あとICUの入試はシャーペン不可なので絶対鉛筆を持って行きましょう。
ない人にも貸し出ししていましたが、動揺することは少ないに越したことはないです。
そして試験が長いのでおやつもあるといいですよ。

8. 最後に一言

焦りは禁物です。
受験では周りがみんな自分より上に見えたりしますが、ICUの入試でパーフェクトはほぼ無理でしょう。
「みんな出来ないから大丈夫」くらいの気楽さがあると、楽しんで乗り越えられると思います。

自分の力を信じて頑張ってください。

<Prev> <Next>