2010年 ICU オープンキャンパス フォトレポート 武蔵境駅

2010年 ICU (国際基督教大学)オープンキャンパス フォトレポート

10icu-0p01

JR武蔵境駅。絶対に完成しないサグラダファミリアのごとく、少なくとも10年以上工事が続いているが、ついに上下線とも高架になった。
せっかく高架になったのに特急カイジ号に豪快に飛ばされる武蔵境駅の図。

10icu-0p02

と思いきや、無限工事は続いており、「工事中で謝罪する工事関係者の図」も10年以上表示されている。南口を目指そう。

10icu-0p032

よく見ると対角線上に南口が2つあるという意味の分からない表示になっているが、無限工事中なので、あまり気にしてはいけない。
ICUにバスで行く場合は左の南口を目指す。

10icu-0p04

表示通り2番のバス乗り場を目指す。

10icu-0p05

武蔵境駅南口外観。あれだけ工事したのに外観は10年前から変わらない図。

10icu-0p07

南口を出ると正面にイトーヨーカドー(西館)が見えます。
無印良品も新入居。西武系テナントがセブン系商業施設に入る時代なのですね。

10icu-0p06

武蔵境駅2番バス乗り場の時刻表。国際基督教大学行き(境93)を待ちます。12時前についてしまったため、30分程バスがありませんでした。
普段は問題ないのですが、土日祝のICU行きのお昼のバスは極端に本数が減るので注意ですな。
少なくとも昨年は臨時バスが出ていてそれに乗れたのですが、待っていた範囲では臨時バスは無い様子でした。
(運悪く来なかったのか、もしくはオープンキャンパス時の臨時バスはなくなったのかな?)

一応「国際基督教大学入り口」に近い「富士重工前」は隣のバス停の狛江駅行きや、さらに隣のバス停の吉祥寺駅行きからも行けます。
いずれにしても土日祝にICUに行く場合は、時刻表をチェックしてから行った方がいいかもです。

(次回に続きます)

2010年 ICUオープンキャンパス日程

学内の掲示にICU国際基督教大学オープンキャンパスのポスターが貼ってありました。

ICU国際基督教大学オープンキャンパス日程

2010年のICUオープンキャンパス日程は
7月24日、8月14日、8月21日、いずれも土曜日です。
時間10:00-16:00。予約不要・入退場自由。

来年度ICU(国際基督教大学)を受験される方はぜひチェックしたい所です。

2011年3月26日にも開催されます。

ICU国際基督教大学センター試験、センター入試

オープンキャンパスフォトレポート5

オープンキャンパスで行われた入試説明、ICU国際基督教大学センター入試について

ICU国際基督教大学センター試験

センター入試(ICU大学センター試験)
センターは文理2パターン。独自試験なし。
A 国200、地歴100、公100、数(IorI・A)100、数(IIorII・B)100、理100、英250
B? 国200、地歴公100、数(I・A)100、数(II・B)100、理100、理100、英250

募集定員約40名
満点:950点
2009年度の合格最低点:808点

教科数が多い国立型で、6教科7科目は私学としては最多科目ですね。
厳密にはAパターンが6教科7科目、Bパターンが5教科7科目。
以下に慶応と早稲田の例を書いてみます。

慶応 法
4教科4科目 外200、国200、数(IAor IIB)100、地歴公100
独自試験:なし

早稲田 国際教養
5教科6科目 英250 国200、数(IA )100、数(IIB)100、理100、地歴公100
*独自試験:英語100
(センター得点は1/2にして換算)

*慶応は10学部中センター利用は法・薬の2学部だけ。法のセンター利用は私学最難関レベル。
*早稲田は13学部中9学部がセンター利用あり。制度は学科によって違うが、スポーツ科学、文化構想、文学部を除き、5教科6科目

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学入試説明

ICUオープンキャンパスフォトレポート4

今回は当日行われた入試説明をの様子をお届けします。

ICU入試説明

本館で行われたICU入試の説明プレゼン。

ICU入学制度

4月入学は6つの選考、9月入学は要個別問い合わせ
大きなの違いは、入学後の語学プログラムがELPかJLPかというところでしょうか。
4月入学の6つの選考は一般入試、指定校推薦入試、センター入試、AO入試、4月帰国生特別入試、社会人特別入試

こうやってみると入試制度はかなり増えましたね。ICU内部進学を含めるともう1方式?

歴史的にはこんな感じです。
1999年 4月帰国生 社会人
2005年 AO入試
2006年 センター入試
2008年 公立校指定校推薦

上記6方式中4方式は10年以内に導入されたもので、推薦・自己推薦でより多くの学生を確保しようという私学のトレンドが見受けられます。

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学オープンキャンパス3

<ICUオープンキャンパスフォトレポート3>

ICUオープンキャンパスICUウォーター

オープンキャンパス名物となりつつあるICU Waterの配布。花道(バカ山から本館に抜ける道)で配布されています。日本語はお配りする感じで、英語だとタダで持っていけという感じですな。

ICUオープンキャンパスICU水

生々しくこういう感じで用意されております。

ICUペットボトル

ペットボトルのデザイン。なかなかカッコいいですな。「世界基準。ICU」

ICUペットボトル成分

世界基準水の中身は「阿蘇のメイスイ」だった。広大なICUでのオープンキャンパスは何かと消耗するので重宝します

ICU Tシャツプレゼント

こちらは新D館前のICUオリジナルTシャツの抽選。

ICUオープンキャンパスTシャツ1

Tシャツを着たICU生のサインを3つもらうと抽選に参加できるという企画。来校した高校生とICU生のコミュニケーションのきっかけにしようというわけですなぁ。万が一お昼のカレーで服が汚れたり、バカ山でエキサイトして泥にまみれても、ICU Tシャツに当選すれば大丈夫、かも。

ICU文庫カバー

少々見にくいですが、こちらはICU文庫カバーのプレゼント。「Tシャツ抽選で涙をのんだ高校生もここで奇跡の敗者復活!」という大げさなことはなく、アンケートに答えると全員もらえるという太っ腹企画。

(いい加減本館に入れと言われつつ、次回ICU入試説明に続きます)

ICU国際基督教大学オープンキャンパスクラブパフォーマンス

ICUオープンキャンパスフォトレポート2>

うっかりと見逃した方向けのICUオープンキャンパスフォトレポートその2

ICUオープンキャンパスクラブパフォーマンス1

お昼頃からのバカ山クラブパフォーマンス。今年もラムズ(LAMBS ラテンアメリカ音楽愛好会)の皆様による演奏。旧D館前からバカ山までをパレード。

ICUオープンキャンパスクラブパフォーマンス2

粛々と進むサンバパレード。すごい迫力でした。圧倒的な音量とノリのよさに若干遠巻きな観衆。

ICUオープンキャンパスクラブパフォーマンス3

無事バカ山に到着。ワンポイントこういう公演イベントがあるといいですね。盛り上がりました。

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学オープンキャンパスレポート

ICU国際基督教大学オープンキャンパスの惜しくもいけなかった皆様、行こうと思っていたのにうっかりと終わってしまっていたという皆様のために、ICUオープンキャンパスのフォトレポートをお届けします。

ICU国際基督教大学オープンキャンパス武蔵境駅バス停

<ICU国際基督教大学オープンキャンパス当日の武蔵境駅バス停の様子>

ICUの最寄りは駅はJR武蔵境駅。ここからバスでICUに行くのが最も一般的な行き方。夏のオープンキャンパス開催日には臨時のICU行きバスが運行されており、通常時よりは便数が多く、バスの便に関しては心配ない。

「境93国際基督教大学」行きに乗ると、終点がICU。なお臨時バスも出ているが、直通バスではないので、「国際基督教大学入り口」にも停まる。ICU入り口で降りるとICU学内まで滑走路を歩かねばならず、大変なので終点「国際基督教大学」まで乗ろう。

実際のバス車内はそれなりに混んでいたが、アグレッシブに攻めれば座れるレベルなので頑張ろう。

ICU国際基督教大学オープンキャンパス入口

10分ほどでICUに到着。「ヨーカドー23時まで営業中!」からいきなり別世界の絵になる。バスのロータリーからICU教会方面に向かって歩く。

ICUオープンキャンパス受付

滑走路(A館前)にある入り口の受付テント。テントには分かりやすく「国際基督教大学」と書いてあるが、ここにまで来て違う大学だとうっかり気が付く人はあまりいないだろう。

このテントでICUロゴマーク入りバックがもらえるのでゲットしよう。バックには学校案内やICUポストカードなどが入っている。青いTシャツを着ているのがICU生のスタッフ。バックを持っていると挨拶してくれたり、あちこちに配置されていて道案内をしていたりと、学生スタッフはなかなか印象がよかった。

ICUオープンキャンパスチャペル

入り口からICU教会方面を歩き、新D館方面に向かう。ここで右折すると本館方面に行くが、オープンキャンパスでは本館ではなく新D館方面が順路となっていた。親子連れや友達と来る人が多い中、意外に一人で来ている高校生も多く、親:友:単=1:1:1だろうか。中には立派なカメラを持ったいかにも観光できておられるという風な方もいらっしゃいましたね。

(次回に続きます)