ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2020(2) ふたご座さん

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ふたご座

<プロフィール>

地方の自称進学校併設の商業科
趣味:Wikipediaを読むこと

2. 受験形態

一般入試

3.予想得点

人文社会または自然科学得点 = 8~9割
総合教養得点 = 6~7割
英語リスニング得点 = 8~9割
英語リーディング得点 = 4~6割

(センター得点参考)
英語:169
リスニング:48
国語:141
政治経済:76

4.併願校

成蹊大学法学部、明治大学商学部

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

元々は明治大学を志望していましたが、単一学部学科に限られた学問は向いていないと感じ親や友人に相談したところ、ICUの存在を教えてもらいました。

6.ICUに期待するところ

様々な人と先生に会うのが楽しみです。とにかく勉強がしたいです!

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

私がICUを志望した理由は、問題意識を持つことの大切さに気づいたからです。私は、持った疑問を解決するには物事を多角的な視点で見ることが重要だと考えています。ですから、他大学の様に1つの学部に収まって学ぶよりも色々な角度で学びたい、と思っていました。そういった点で、ICUは私にとって最も合っている大学だと考え、志望しました。

<2.ICUで何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてださい。>

商業科にいたので商業に絡めて社会学などを学びたいと書きました。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

趣味について滔々と語りました。

a. 人文・社会科学

アメリカ大統領選の話題がメインでした。私は政経選択だったので、歴史系の問題の多い人文にはあまり期待していなかったのですが、今回は幸運なことに政経選択者に有利な問題が大量に出たため個人的にはとても解きやすかったです。文章も非常にわかりやすくかったと思います。

対策は、とにかく文章慣れすること、新しい話題が出てきても怯えず楽しむことが大事です。

b. 総合教養(ATLAS)

ATLASはそこまで苦手ではなかったので、落ち着いて聞いて、落ち着いて答えることを心がけていました。メモはたくさん取りましたが、正直ちゃんと聞いていれば相当なことが無い限りPART1の質問には
答えられました。
PART2,3は現文と一緒なので、落ち着いて読めば答えられると思います。PART4は完全にあきらめるのではなくある程度向き合ってあげると得点源にはなると思います。(少なくとも私はそうでした)

c. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

リスニングは最も得意だったので、過去問以外に特に特別な対策はしていません。
ですが、毎日英語のドラマを音声は英語、字幕は日本語で見たり、TEDなどを登下校中に聞き流すということはしていました。

<リーディング>

リーディングは一番苦手だったので(時間が足りなかった)、とりあえず「取れる問題を取る」というスタンスで過去問などに取り組んでいました。パート1のテキストが3つに増えてからはテキスト一個分読む余裕がまるでなかったので、他の三つに全力を注ぎ、残りの1テキストは知っている知識と勘でマークしました。

ICUの問題は、基礎的な単語が完璧にできていればわからない単語があっても既存の知識で対応できるようにできているので、持っている単語帳を完璧にし、他には過去問を解いていく中でわからなかった単語はルーズリーフにまとめていました。

出てくる話題についての事前知識があるとより読むスピードが上がるので、いろいろな話題について情報収集は良くしていました。慌てると文が頭に入ってこなくなるので、落ち着いて読むのが大事だと思います。

d.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

参考書は、自分に合うものを見つけたらその参考書が壊れるまで使い込むつもりで取り組むのが大事だと思います。いろいろなものに手を出すと断片的な知識ばかりが頭に入ってしまい、穴だらけの知識だけを持つことになってしまいます。もちろん、違う観点からの情報を得るためにほかの参考書を活用することはいいことだと思いますが、「成績が思うように上がらない」という理由で安易に参考書をホイホイ変えるのは、私はおススメしません。

8. 最後に一言

オンレクを通して自分の立ち位置が分かったことが最もいい成長材料になったと思います。受験勉強をするうえで周りと自分との立ち位置の差が分かることはとても安心しましたし、「もっと勉強しなければ!」というエンジンになりました。
ICUは過去問と仲良くなることが合格への最短距離だと思います。本当にありがとうございました!

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2020(1) ぽちさん

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ぽち

<プロフィール>

一浪です。

全国区ではないけどそれなりに知名度がある進学校→河合塾

2. 受験形態

一般入試

3.予想得点

人文社会または自然科学得点 = 9割5分
総合教養得点 = 6割
英語リスニング得点 = 7割
英語リーディング得点 = 6割

4.併願校

早稲田大学人間科学部健康福祉学科 (ICU第1で受けてません)

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

父親の話を通じて知り、興味が湧いたので調べたりオープンキャンパスに行ってみたら楽しそうだったので。

6.ICUに期待するところ

心理学をメインに学びつつ国際的な視点や他の学問での観点を得られたらと思います。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

実用的な英語を学べ、多角的な視点を持てる点が他大よりも魅力的だったこと等

<2.ICUで何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてださい。>

心理学を主に他の学問分野や国際的な視点を得たい等

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

部活動の内容や趣味に関して書きました。特に工夫して書いたりはしてません。

a. 人文・社会科学

人文・社会科学選択です。
主にオンレクで対策しました。解き方としては、まず知識問題をざっと解いた後に文章の最初と最後の段落を読んでどのような文章であるかを何となく掴み、次に段落やパート毎(これは文章毎に違うので適宜解きやすい方で)を読んで本文に関する問題を解きました。
対策としては、まず現代文の読解力を上げること。これが1番重要になってきます。ICU等の国際系の大学は世界史の要素が他大学よりも強いので世界史選択が有利だとは思います。高校で習った日本史や政経、公民、倫理の教科書はざっと読んでおくと何もしないより絶対に良いです。

b. 総合教養(ATLAS)

これもオンレクで対策しました。Part1~3は人文・社会科学と解き方や対策はほぼ同じです。日本語での講義のリスニングはある程度大意を掴めれば細かい内容は必要ないとは思いますが、オンレクで過去問を解いていると細かい内容も聞いていたので効率的なノートの取り方は意識した方がいいかもしれません。
私は高校2年の時から私文選択で正直理系科目には3年は触れてません。それでもPart4の計算問題は半分は取れてると思います。つまり論理的な思考がある程度出来ていればちゃんと解ける問題もあるので、私文だからといって捨てるのはとても勿体ないです。

c. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

TOEFLの問題集やオンレクで対策しました。過去問を解いて、解説を見る前にもう一度聴き直して間違えた部分を確かめてから解説を見ました。会話のパートは典型的なものが多いのでよっぽど自信がない限りは過去問を多くこなして身につけるのがいいと思います。ディクテーションは流し聴きしてしまう人にとってとても効果的でおすすめです。私は予備校等の行き帰りの電車の中でpodcastの「TIME’s Top Stories」を聴いていました。長さがちょうどよく、Tedとは違ってICUの講義パートと似た間がない淡々とした口調でいい練習になると思います。

<リーディング>

早慶狙いの人であればそこまで苦戦することはないと思います。準1級程度の単語とパラグラフリーディングを意識すれば長文はそこまで特徴がないので速読力を鍛えるのみです。Part2の穴埋めは量をこなして慣れるのをおすすめします。

d.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

どこでもそうですが、ICUは特に現代文的な論理思考が合格の鍵になってきます。堅い文章を読む習慣をつけておくと受験だけでなく生涯を通じて重要な財産を得られると私は考えます。

8. 最後に一言

あくまで一個人の意見に過ぎないので参考程度に留めて各自で合理的で自分に合った方法を見つけるのが良いと思います。

志望校に合格するかしないかは重要ですけど、それ以上に受験を通じてそれぞれが努力出来るかどうかが今後の人生において重要です。皆さんの健闘をお祈りします。

(オンレクに関して)
これがなかったら受かってなかったと思います。ありがたや…