ICU国際基督教大学合格体験記2000(2) - ひろえ

1. 名前(メールアドレス、ホームページアドレスなどもあれば)

ひろえ

2. プロフィール(出身高校、予備校、趣味、サークル、特技など)

埼玉県立K女子高校(現役)。趣味:映画を見る。本を読む。特技:マッサージする。

3. 合格学科、年度

合格:国際関係学科
第1志望: 国際関係学科 第二志望:語学科
年度:2000

4.併願校

津田塾、東京女子、明治学院。

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

中学生の時、語学の勉強がしたくてICU高校に行こうと思ったのが始まり。 その時は行けるはずもなく断念した。でもなんか、普通の大学とはちょっと違った感じにひかれたのと、「ICUはひろえに向いていると思う」と言ってくれるひとがいたので、大学受験でもついつい第一希望にしてしまった。

6. ICUの良いところ
7. ICUのダメなところ、あるいは入学前とイメージが違うというところ。

11月以降掲載予定( ^.^)( -.-)( _ _)

8. 科目別受験対策法

a. 一般能力考査

「公務員試験」のテキストなるものをやったが、役に立ったのは「クイズ問題」くらい。それよりも、国語の資料集とお友達になった方がいいと思う。 3年の秋まで1ページも開かなかったが、読んでみると案外おもしろい。数学は本当に苦手なので、数学系は数列だけちゃんとやって、あとは最後の10分で適当にマーク。とにかくわからなくてもマークだけはする。

b. 人文科学考査

答えは本文中に書いてあるので冷静に読む。 でも、いきなり縦書きで、「武蔵野」なんてびっくりした。ほんとに。 知識問題は、やっぱり国語の資料集が役に立った。

c. 社会科学考査

たぶん一番できなかった。知識問題がやたら多くてイヤになった。 基本的なことは人文科学と同じ。 知識問題は、新聞の国際面をちゃんと読んでおけばよかったのかな。

d. 英語学習能力考査

問題に慣れるにはやっぱりTOEFLの問題集がいいと思う。アルクの黄色い本がいい。アルクは黄色い本の他にTOEFLシリーズがもう一種類あるけど、そっちより黄色い本のほうがよい。

e.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけるこ と、全般的な勉強法など)

私は塾に行ってなかったし、ICUのための夏期講習とかも行かなかったので 不安だったけど、情報が全く得られないというわけではないので、大丈夫だと思う。(某YゼミのICU対策のテキストを見せてもらったら、アルクの黄色い本の英文が載っていたし)試験中は集中が大事。私のように周りが気になるひとはとりあえず周りを見ないで過ごす(^^;)。

9. 最後に一言

試験中はとにかくマークして頑張ってください。