ICU国際基督教大学合格体験記2004(8) - booo(一般)

1. お名前

booo

2. プロフィール(出身高校、予備校、趣味、サークル、特技など)

南多摩高校 大手予備校で浪人 
趣味:ライブへ行くこと

3. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科

年度:2004年一般入試
合格:社会科学科
第1志望:社会科学科 第2志望:語学科

4.併願校

早稲田大学

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

とにかくオープンキャンパスへ行ったことがICU受験をきめたきっかけとなりました。体験授業や学生さんとの話を通して、これからの自分に必要なことを見つけたきがしたからです。

6.ICUに期待するところ

社会にたいして自分なりのしっかりした意見を深めていけたらいいなとおもってます。あとELPがついてゆけるか不安もありますが、楽しみです。

7.受験対策

a.願書(願書に書いた志望動機、関心持っていることがらなど。)

1.志望理由:まず第1にICUは少人数ということもあり、密度の濃い授業がうけられるとおもったからです。また、授業形態としてディベートやプレゼンテーションなど、教師や生徒同士で意見を交わしあい考えて進めてゆく授業も多く、自分の考えを深めそれを他人に伝える力をつける上で理想的な大学だと思ったからです。

2.何を学びたいか。将来の志望と理由: 私はすべての戦争や紛争の平和的解決への方法はあるのか、またそのために自分は何を考え鼓動できるのかを、色々な国の政治体制や歴史的背景などをICUの社会科学科で幅広く学ぶことでより現実的に考えを深めたいと思っています。将来は自分の意見を国際社会に発するジャーナリストになりたいです。

b. 一般能力考査

計算問題でグラフや数列、重りの問題など  あと文学史のアナグラムもいくつかでてました。 全体として難しかったです。

c. 人文科学考査・社会科学考査・英語学習能力考査

N/A

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

 

試験前はみんな直前まで必死に参考書をながめてる受験生がほとんどでしたが、私はなにも読んだりしませんでした。ICUの試験はとにかく体力勝負だとおもうので、むしろ休憩時間は好きな音楽をきいて気持ちを落ち着かせ、チョコレートでパワーを回復させるべきだとおもいます。あと外の空気をすって頭をすっきりさせるのもたいせつです。私はとことんコンディションづくりにこだわりました。

オンラインレクチャーで過去問をたくさん解くことはつらいときもあったけど、自分の自信となりました。

8. 最後に一言

私は本番の試験で一般であまりおもうように力がだせなかったのですが、でもあきらめず最後まで全力をだし他で挽回できたのがよかったのだとおもってます。だから本番で難しいなとおもっても、時間いっぱいねばってあきらめないでください。