ICU国際基督教大学合格体験記2005(29)-みのっち(セプテン)

1. お名前、プロフィール

<お名前>

みのっち minorutoyoda [at] hotmail.com

<プロフィール>

Northfield Mount Hermon School(MA, USA)を2002年に卒業。同年、Boston University(MA, USA)に入学したものの1学期後に辞退。その後、日本で大手電気通信事業者に入社。主な仕事内容は翻訳と外国人向けのインターネットに関する技術的サポート。初年給はいい方だがやはり学位がないと昇進は厳しいことから大学へ戻ることを決意。

2. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科

年度:2005年セプテン(9月生)
合格:人文科学科
第1志望:人文科学科 第2志望:社会科学科

3.併願校

後期で上智大学比較文化学部へ提出しようかと思ったがその前にICUへ合格したのでSophiaは放置。 (もともとは慶應SFCと早稲田国際教養学部にも提出しようかと思ったが 1慶應SFC遠すぎ 2歴史が浅い。)

4. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

VISAが取れないのでアメリカで勉強できず、日本の大学へ通うことを決意。ICUをなぜ知ったかというとアメリカの高校へ転校する前に通っていたインターがそこの近所だったから。(ばればれじゃん。。。)

5.ICUに期待するところ

ICUのシステムはアメリカの大学と似ているのでそういった意味で自分にはとっても勉強しやすいと思う。あとやはり日本語と英語、両方で勉強ができるのも魅力。

6.受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

SATIとSATIIをそれぞれ受けるより、ACTを受けるのをお勧め。個人差はあるだろうけどACTの方が簡単だし、1つの試験で済むので経済的にもやさしい。

高校でSATやACTを受けたことない方、または内容を忘れてしまった方は参考書を買って前もってリフレッシュしたり模擬を受けて見ると本番でよりいいスコアが出せるはず。自分はARCOのACT参考書を購入。(紀伊国屋などでも在庫が置いてない場合があるので事前にチェックしといた方がいいです。急ぎの場合は東京駅近くの八重洲ブックセンターに行けば在庫はあるかも。)

7. 最後に一言

Recommendation(推薦状)を送ってもらう場合は頼んだ先生にコピーをキープしてもらうと万が一の時に便利。また早めに済ませておくのは正解。