ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2007(19)-エルモ-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

エルモ

<プロフィール>

水戸第一高校出身 
サンタモニカカレッジ 在学

特技 英語 ヨガ 

2. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科

形式:9月生
年度:2007年度
合格:国際関係学科
第1志望:国際関係学科
第2志望:教育学科
センター方式:受験していない

4.併願校

ICU一本です

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

たまたま 知り合ったお友達に、留学生でも9月入学を使ってICUに編入できるよと教えてもらい、そこで初めてセプテン入学のことを知りました。これは本当に知っている人もわずかですし、かなり情報収集が難しかったですね。特にアメリカに住んでいる私にとっては夢のような受験方法でした。日本に帰らず、書類審査だけで受験が出来るのはとても有利ですし「あの!」ICUに入るのはとても大変だろうと思っていた私にとっては本当に朗報でした。

6.ICUに期待するところ

ICUへはまだ行った事がないので分からないのですが、書類等を見る限り、とても素敵で留学生も沢山いるということなので彼らと共に勉強を楽しみ、励ましあえたら良いなと思っています。2年アメリカにいるのでその英語をうまく使っていけたら良いなという風に考えています。

7.受験対策

<エッセイ(概要)>

とても外国を意識した大学の在り方が、ほかの日本の大学にはなく、新鮮で心を惹かれました。

国際関係学科で、マスコミュニケーションを中心に学びたいです。アナウンサーのインターンをしていたので、将来的にもそれに結びつくような仕事が出来ればと思っています。

英語圏にいるので、英語は困らない程度に話せることをとても誇りに思っています。日本に帰ってからも盛んに話して、忘れないよう頑張ろうと思っています。

<その他>

私はセプテンというとても普通の受験のみなさんとは違った方法で受験をしたので、役に立つかは分かりませんが、私の場合、カレッジ在学中もすべての授業を手を抜くことなく、頑張っていたのでそれが評価されたのかと思います。あとは、クラブ活動を頑張ったり(international student club)、インターンとしてハリウッドにあるTV局でアナウンサーとして働かせていただいていたので、そのときのTVのビデオを願書と共に同封しました。ICUの審査官の方が見てくださったかは分かりませんが、その努力はわかっていただけたように思います。

あとはTOEFLとACTは時間がなくって勉強する時間がとても少なかったのでちょっと後悔しています。もう少し前にセプテンの受験のことを知っていれば…と思います。でも2年という留学期間と授業の点数、そして学校外の活動をかなり考慮に入れてくださったと思います。

8. 最後に一言

セプテンは本当に情報が少ないので私もネットを網羅してこのHPにたどり着いて、とても役に立ったので私も役に立てればと思います。私は普通の大学受験も経験し、とても苦い思いをしているので今、こうして大学合格の通知をもらっている自分が不思議でもあり、とても幸せに思います。

2年のアメリカでの大学生活、そして2年の日本での大学生活を出来ることをとおても誇りに、そして幸せに思いながら頑張りたいと思います!皆さんも大変でしょうが頑張れ!

*9月生入試に関する追加質問

1.推薦状はどのような方に執筆を依頼されましたか?

これは2通は教科の担当の先生から、そしてもう一通はdean からということだったので、教科担当の先生方には一番成績の良かった先生お2人に、それは特に私のメジャーに関わる教科の先生だったのでよかったと思います。(communication とspeech のクラスでした)Deanのほうは私の通っているカレッジ(santa monica college)のinternational student officeのdean に頼みました。運良く、彼はハワイの日系3世で、何らかの関係で三鷹にも住んでいたことのある方だったのでICUのことも知っており、快くスラスラと書いてくださいました。やはり私を好んでくださっている先生に頼んだことが良かった様に思います。ただ、こちらの先生は日本の大学など知らないので、封筒にサインを書くなど経験にないらしく、そこが抜けていることに後で気づき、わざわざお電話をしてサインひとつの為に学校に来ていただきました(笑)本当にありがたいですね。

2.SAT(他),TOEFLの成績は?

こちらはあんまり胸を張って言えるような成績ではありませんでしたね・・・なので控えさせていただきます。ごめんなさい。ただ、時間がなかったのでかなり焦ってどちらも受けたのがいけなかったようにおもいます。もう少しはやくしっていれば・・・と思いました。

3.提出した高校の成績(GPAなど)は?

私は大学ICU編入(トランスファー)なので、大学のGPAになりますね。私のGPAは3.6くらいですかね。カレッジ自体も1度ICU編入(トランスファー)しているのでGPAが2つあるため、少しそこはあいまいです。でも私は留学期間が2年しかないことが考慮されたかもしれません。

4.願書に記載の”Extracurricular Activities”および”Work Experience (Description and length of time)”に書いた内容は?

まず、私はriverside community college とsanta monica college の両方でinternational student clubという留学生クラブのようなものにはいっていたのでそれをActivities の方に書きました。あと、international student は従来は学校外ではVISAの関係上働けないので私は一度学校でMATHのチューターの仕事をしたのでそれを仕事に書きました。最後に、こちらが最も私の書類の中で重要なのですが(笑)、たまたまお友達の紹介ではじめたハリウッドにある日系のTV局にインターンが決まり、去年の夏にずっとニュースキャスターとしてはたらかせて頂いていたので、そちらのことを書きました。TVにでていたので、その1シーンのビデオも同封しました。

5.その他

エッセーにはほかにもインターンのことを書いたり、この大学のこの授業を特に受けたいなど、かなり具体的に書きましたね。それがエッセーのミソなのではないかと思います。でもエッセーの場合、私はかなりネイティブのお友達に推敲を頼みました。やはり、彼ら曰く、彼らにしかわからない文章の滑らかさや文法の使い方があるので、そこをどれだけ自分の言葉でうまく表現できるかもかなり重要なところではないでしょうか。