ICU国際基督教大学合格体験記2010(22)-ジャッキーさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ジャッキー

<プロフィール>

出身高校・・・小金井北高等学校
予備校・・・河合塾
趣味・・・楽器を演奏すること
部活・・・吹奏楽部

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

リベラル得点 = 6割くらい
人文科学得点 = 6割くらい
社会科学OR自然科学得点 = 4割くらい
英語リスニング得点 = 7割くらい
英語リーディング得点 = 7割くらい

4.併願校

中央大学総合政策学部
中央大学商学部
明治大学国際日本学部
明治学院経済学部など・・・

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

ICUの名前は聞いたことがある程度でしたが、夏休みにICUのオープンキャンパスになんとなく参加してみたことで第一志望校が即決しました。
選んだ理由はさまざまな分野が幅広く学べることと、英語に力を入れていること、またキャンパスの広々とした土地柄に惹かれ、私に合うのはICUしかないと思ったからです。

6.ICUに期待するところ

英語に力を入れ、英語で自分の考えを英語でうまく表現できるように勉強したいです。
キリスト教を学ぶことも楽しみで、そこにICUの基本となるものがあると思うので深く知りたいです。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

志望理由はICUでは社会の中で賢く生き、また人のためになることにつながる幅広い知識を学べると思ったからです。現在の世界中の様々な問題に向かうためには柔軟に物事を捉える幅広い視点が必要で、その学びが出来るのはICUしかないと思い志願しました。
  

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

将来の仕事のことははっきりとは決まっていませんが、ICUで学ぶ中で私が役に立てることを探していきたいと思っています。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

わたしは人を喜ばせることが好きなので、周りの人たちがいつも笑顔でいられるように私も常に笑顔でいようと心がけています。

みたいな感じだったかな・・・。

b. リベラルアーツ学習適性

数学が割と多く、時間をかけないと答えられないような問題が多かった気がします。
対策はいろんなことに手をださずにオンレクだけやっていました。オンレクを始める前に一般常識の問題集を買っていたので、オンレクで見たような問題はそれも使いました。

c. 人文科学

出題傾向は変わらず、問題数も同じでした。私はあいかわらず時間がギリギリでした。
人文科学の対策は、過去問を解くだけで特にしていませんでした。現代文を勉強していれば論文でも文章の構成や主張をつかむことが出来るようになるので授業を大事にしていました。

d. 社会科学

社会科学も傾向は変わっていなかったです。今年はとても知識問題が多かった気がします。対策は人文科学と同様で過去問を解くだけでした。ただ背景知識があると有利な場合があるので分からない言葉は調べてノートにまとめていました。

e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

傾向は変わっていませんでした。1回しか読まれないけど、わりとゆっくり読んでくれるんだなぁと印象に残っています。
対策は毎日電車の中で英語を聴くようにしていました。効果があったかは分かりませんが、ニュースなどを副音声で聴いたりもしていました

<リーディング>

傾向は変わっていませんでした。今年の英語はとても読みやすかったです。
対策は出来るだけ毎日英語に触れるようにし、長文に出てきた分からなかったところはノートに書き出して文の構造や単語の意味など調べていました。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

ICUでは試験時間が長く、一番最後にある英語の試験までに疲れてしまってボケーっとなりがちになると思うので、体力の配分もうまく考え、日ごろから体を鍛えているといいかと思います。

8. 最後に一言

私はオンレクを受講していたからこそ受かったと思っています。オンレクでは解説も詳しく書いてあって分かりやすいですし、また自分が周りの人と比べてどのくらい出来ているかがわかるのでとても励みになりました。BUCHOさんにとても感謝しています!!!

何事もそうですが勉強は楽しんでやることが一番だと思います!!!
病気にならないように健康に気をつけて頑張ってください!!!