ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2018(31) まさおさんの場合

1. お名前、プロフィール

<お名前>

まさお

<プロフィール>

キリスト教系の私立高校出身。

2. 受験形態

一般入試

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

高校2年の時に、私文系コースにいる私でも理系科目が学べるような大学がないか調べてみたことがきっかけです。
すぐにICUの学べる分野の広さに強く惹かれ、それからはICU一本で考えてきました。

6.ICUに期待するところ

興味がある分野が多様な人たちと学べるところに期待しています。

7.受験対策

a.願書

(エッセイ)

1つ目の質問は、ICUで何を学びたいですか。あなた自身の希望をその理由を含め述べてください。
私は約340字で書きました。

2つ目の質問は、あなたの人生観に大きな影響を与えたと思われることを精神的自伝として述べてください。また、ICUにどういう意味を見出しますか。
私は5段落構成で、約1780字書きました。質問が難しく感じますが、自分が一番書きやすいことをテーマにすることが大切です。私の場合は、一つの経験から学んだことを2つに分けて1、2段落に書きました。そして、ICUに見出す意味=ICUのどこに魅力を感じているかだと捉えて、ICUの魅力を2つ、3、4段落に書き、5段落にまとめを書きました。

3つ目は、英文抄訳(2つ目の内容を英語で簡潔に述べてください。)
何語かは数えていないので分かりませんが、3段落構成で書きました。1段落目は経験から学んだこと、2段落目はICUの魅力、3段落目はまとめです。日本語から英語に一語一句正確に訳すのではなく、日本語の文章から英語で言い易い文を抽出して主旨が伝わるようにまとめれば良いと思います。私は自分で書いた後、学校のネイティブの先生に細かいところを直してもらいました。
校内選考 = 1、2年生の時から定期テストで良い点数を出すことが大切です。学校によって状況は違うと思いますが、全ての教科で90点台を取るぞという意識で取り組むと良いと思います。私の場合は、中間テストの2週間前、期末テストの3週間前からテストに向けての勉強をしていました。人に教えるつもりで勉強すると良いと思います。

評定平均 = 4.8か4.9

(面接)

志望理由書に書いたことについての質問と、高校生活、キリスト教との関わりについての質問がありました。
受験生は3人1組で、30分間面接がありました。なごやかな雰囲気だったと思います。

優しくて真面目な印象の人が多かったです。

(その他のポイント)

ICUのことを調べてどのようなことを大切にしている大学なのか考えたり、自分の学びたいことは何なのかを考えたりすることが大切です。入試に対して不安になる時もあると思いますが、自分の考えに自信を持って入試に臨んでほしいと思います。

この大学に行きたい!という強い気持ちがあれば、大丈夫だと思います!

(追加の質問)

・TOEFLなど英語の成績に関して

1. 私の高校の場合は、成績面では評定平均値と校内模試の結果で推薦者が決まっていました。
英語の成績が特に重視されるというようなことはなく、私自身はまだTOEFLなどを受けたことはありません。また、大学にTOEFL等の結果を提出しなければならないということもないです。

・大学受験に関して、推薦入試と一般入試は平行して対策されていましたか?それとも推薦のみに特化されていましたか?

2.指定校推薦を頂けなくても、一般入試で第1志望としてICUを受けるつもりでいました。推薦者が決まるまでは、主に校内模試に向けた勉強をしていましたが、推薦の対策(時事問題に触れる、過去問1年分を解いてみるなど)も軽く取り組んでいました。推薦が頂けなかった場合は、すぐにICUの過去問中心の勉強に切り替えようと考えていました。

・推薦入試当日のスケジュールを教えて下さい

3.試験当日のスケジュールは、9時半に集合、その後試験の注意事項等を聞いて、110分間の小論文試験がありました。12時から面接がありましたが、最初の方のグループの人達はお昼をたべずに面接でした。ほとんどの人達はお昼を食べてから、順次面接でした。最後の方の人達でも4時半ぐらいには面接が終わったと思います。面接が終わったグループからそれぞれ、帰っていました。