ICU入試頻出英単語(リーディング編)

■ICU入試頻出英単語

 

順位登場回数順位登場回数順位登場回数順位登場回数順位登場回数順位登場回数順位登場回数順位登場回数
12485the26146or5176how7651could9742much12634history14928great17124second
21310of27134more5274been7750like9742up12733advanced14928just17124things
31037to28132an5274would7849between9742used12733americans14928now17124webster
4787in29130one5473time7849even10441last12733countries15427fact17923i
5688and30127most5571following7849way10441over12733often15427humans17923after
6679a31126their5669do8148children10441reading12733out15427show17923common
7563is32119were5767world8148had10740did13232become15427then17923education
8434that33118people5866so8148will10839food13232her15826century17923languages
9331it34111does5963such8148years10839human13232made15826changes17923manufacturing
10310for34111has6062his8546if10839into13232native15826fine17923small
11249as36106writer6062no8645being10839need13232opinion15826know17923stories
12240are37104but6062when8645change11238important13731arts15826water17923systems
13234be3899than6360language8645however11238should13731better15826writing17923third
13234not3991all6360paragraph8645news11238still13731line15826year17923thought
15220what4088text6558part8645them11238think14030development16525ago17923whether
16206by4187can6558word9144too11238women14030idea16525law19122british
17192they4285at6757our9243according11737life14030nature16525long19122card
18188on4383other6757who9243best11836work14030study16525questions19122far
19187have4482only6956american9243may11935also14030teachers16525since19122invention
20180was4581because6956some9243technology11935both14030us16525waves19122itself
21176from4679he6956there9243today11935make14030view17124ability19122meaning
22170this4778new7255first9742cards11935own14729public17124less19122number
23163with4877english7255these9742different11935two14729same17124old19122point
24162which4877its7454many9742example11935use14928art17124pope19122really
25149about4877we7552why9742modern11935you14928before17124school19122take
19122technological
19122through
19122where

 


・調査方法

1988年度〜2003年度までのICU入試英語読解力考査を全てテキスト化し、コーパス分析ソフトで抽出

総単語数:38184語
登場した単語の種類:4860種

*解答記号(a.b.c.d)、解答指示(日本語を含む部分)および解答番号(数字)は除外
*問題文(設問)および選択肢は含む


 

・基本的語彙の重要性

 さて、こうやって上位の頻出単語をみるとこれらはいずれも基本単語で、難しい単語ではない(”pope”、”webster”など例外はあるが、これは1つの文の中で繰り返し使われたため、上位に来ている)。また、16年間で登場した単語は4860種であったが、この内2161種は1回しか登場していない単語である。このような傾向を見る限り、ICU入試においてはむやみに意味の難しい単語を暗記するより、基本単語の意味をしっかりと押さえた上で、基本単語の文脈における多様な用法などをしっかい学習した方がよいと言えるかもしれない。つまり、機械的な暗記学習ではなく、いかに英語に慣れ親しむことができているか、どれだけ英文を読み込んでいるかということが重要になると考えられる。

・やはり多い”the”

 最も登場回数が多かったのは”the”で、実に2485回も登場している。総単語数が38,184語であるので、約15.3語に1回は”the”が登場している計算になる。そうすると1文に1度くらいは登場しているわけで、このでしゃばりっぷりは見事なものである。もはや「テレビを付けたみのもんた」「朝からなぜかものもんた」ぐらい頻出しているが、別に感慨深くないところもやはりみのもんた風である
(注:ものもんた氏は執筆当時テレビによく出ていたタレント)。

・意外に少ない”I”

 意外に登場回数が少なかったのは”I”で、16年間でたった23回しか登場していない。このことから、ICUのリーディングに登場する英文の内容は日記、エッセイといった内容より、論説文や学術論文などの文体が圧倒的に多いという傾向が伺える。そうえば論文指導の際に「論文では”I think”などの表現は使いません。論文は言うまでもなく全部あたなの考えなんですよ」とバッサリ赤を入れられた事を思い出したぞと。

・気になる単語

 上位のリストではあまりICUに特徴的な単語というのは見受けられないが、強いて言えば”Amecican”とか”Americans”が他の国の登場回数と比較すると突出して多いという事が言えるだろうか。問題文(本文)の多くはアメリカの学術誌や雑誌、新聞などから引用されているケースが多く、必然的にアメリカのネタが多くなるという傾向があると考えられる。

順位登場回数
6956american
12733americans
19122british
20521canadian
6607chinese
7686japanese
18022jewish