ICU国際基督教大学合格体験記2004(5) - vine(一般)

1. お名前

vine

2. プロフィール(出身高校、予備校、趣味、サークル、特技など)

埼玉県立所沢高校 河合塾大学受験科 日本史選択

3. 合格年度、学科、第1志望、第2志望学科

年度:2004年一般入試
合格:人文科学科
第1志望:人文科学科 第2志望:国際関係学科

4.併願校

津田塾 国際関係学科 合格 早稲田 一文 結果待ち 中央 文(センター) 合格

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

高2の時大学の実態を紹介した本を見て知った。はじめはまさか自分が目指すとも思わなかったし、受かるなんて思っていなかった。まさに偏差値40からのスタートだった。(日本史は30)現役の時とりあえず入った塾でもはじめは「大学はどこでもいいんで。」と言って面談を逃げていた。でも受験勉強の中で学ぶことの面白さに気づいてから変わった。それでも去年はまだものを考えるのに浅かった。彼氏と親友の行く学校に近かったからと校風から早稲田を目指した。で落ちて、このまま受かった法政いくのももったいないなぁと思って浪人を決めた。浪人したからには現役時代目指せなかったようなところにしようと思ったのもあるし、徹底的に学ぶ姿勢が気に入ったのでICUを目指した。とにかく勉強がしたいんです。

6.ICUに期待するところ

「世界の貧困、飢えなどの悲惨な現実に対して何が出来るのか。国連の役割、価値観の違い、歴史など幅広く国際的な視野で学び、考えたい。そして判断力と行動力を磨き、私だからこそ出来ること、やるべき事を探し、国際社会に貢献したい。」とICUで学びたいことの欄に書いた。

7.受験対策

a.願書(願書に書いた志望動機、関心持っていることがらなど。)

「私は大学でものごとを本質的に捉え、考える力をつけたい。そして人の役に立つ知恵を養いたい。ICUの教育の姿勢が大学の本質だと感じ、また自分に合っていると思った。英語をしっかり勉強したいのでELPにも魅力を感じた。人生の大切な土台をICUで築きたい。」と書きました。

b. 一般能力考査

苦手だった。就職試験の一般常識ってゆう本を直前に丸暗記した。雲とか滑車とかはこれでカバーできた。数学も公式丸暗記して代表的な問題の解き方はやっておいた。

c. 人文科学考査

毎日読まなきゃ力落ちると思い何でもいいから読み続けた。前日にセンター追試の96年度をやっていて、みればわかると思うけど、似た話の問題でびびった。倫理もやった。

d. 社会科学考査

かなり有名な話だったし、過去問みてるかぎり絶対くると睨んでいた話題だったから結構知識でカバーできた。世界史は現代史だけやっておいた。「人道的介入」よんでたし。

e. 英語学習能力考査

脳論がくると思っていた、というかすごいきそうな感じできたら嫌だなと思っていた。それで脳論読みまくってたんで、パート1の2つめ、もらった!って思った。あーやっぱりって。かなり読解できた。英語は河合の人気講師のS本先生に教わっていたから自信あった。パート2の空所補充は得意中の得意だった。他にも超いい先生の授業で頑張った。暗誦とかしまくった。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

 

これは自分流で。私の場合書ききれません。机が白いやつで超嬉しかった。願書はギリギリに出したのに。もうはやく受けたくてしかたなかった。模試はほとんど全国優秀者で名前載ったりしてて、私大の三科目はもう飽きていたからICUの対策はそれなりにできた。

8. 最後に一言

受かったけどこれからだなって思う。