ICU国際基督教大学合格体験記2009(8)-fgさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

fg

<プロフィール>

私立中高一貫、文系、日本史・政経・化学選択。

2. 受験形態

一般入試(センターなし)

3.予想得点

リベラル得点 = 7〜8割
人文科学得点 = 6割
社会科学得点 = 2.5〜3割
英語リスニング得点 = 7〜8割
英語リーディング得点 = 8〜9割

(センター得点)
国語160
英語190
リスニング48
数学�T・A 90
数学�U・B 80
世界史60
現社70
化学70

4.併願校

早稲田 文化構想

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

高校で熱心に紹介されていたので。また、問題が普通の大学とは違うと知って、受験勉強が楽になるかもしれないと思った。

6.ICUに期待するところ

英語

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

大学で学びたい分野は決まっているが、あまり実用的な分野ではないので、いろいろなことを学べるICUは魅力的だと思った。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

哲学・宗教学、情報科学など、とりあえず文理を横断するかたちでいくつか箇条書きにした。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

高校の成績がそれほどよくないので、高校までの学習は暗記ばかりであまりやる気が起きなかったと弁解して、総合学習で作成した論文が地域のコンクールに入賞したので、それにつなげて、興味さえあればとことんやる、みたいな事を書いた。

b. リベラルアーツ学習適性

ごろに赤本の例題を解いてみると結構できたので、なにもしなかった。直前期に赤本の例題は易しめだと聞いてあせったが、百人一首をみなおすくらいしか時間がなかった。ちなみに、枕詞の知識は早稲田の受験でも微妙に役に立った。

c. 人文科学

特に対策はしなかった。というより、なにをしていいかわからなかった。赤本の過去問を解いただけ。

d. 社会科学

れも特に対策はしなかった。世界史や政経をやろうと思っていたが、やる気が持続せず、結局やらなかった。赤本の過去問を解いたところ、年によって大きく差が出てびびったが(5割〜9割)、本番はおそらく過去最低だったと思う。

e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

前年度の過去問しか解かなかった。不安だったが、問題を入手できなかった。対策としては、ひたすら英語を聞くようにした。模試のCDも何度も聞いたし効果はあったと思うが、お気に入りの洋楽を見つけるのが一番いいと思う。

<リーディング>

センターが終わってから、TOEFL用の参考書を買った。もっとはやくからやっておくべきだった。語彙の充実は本当に重要だと実感した。単語帳はついに一冊も買わなかったが、深く後悔した。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

単語帳は早いうちに買っておいたほうがいい。また、ひとつ試験が済んだら気持ちをきりかえろ、とよくいわれるが、まったくそのとおりだと思う。キットカットなりひとくちチョコレートなり、ちょっと食べられるものを持っているといいと思った。

8. 最後に一言

勉強はしんどいと思いますが、がんばってください。