ICU国際基督教大学合格体験記2009(36)-asakura so-soさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

asakura so-so

<プロフィール>

法政大学高校

2. 受験形態

一般入試(センターなし)

3.予想得点

リベラル得点 = 6〜7割
人文科学得点 = 8〜9割
社会科学OR自然科学得点 = 5〜6割
英語リスニング得点 = 5割
英語リーディング得点 = 7〜8割

(センター得点 参考)
英語 176点
国語 148点
日本史 70点

4.併願校

上智大学文学部フランス文学科(合格)
明治大学文学部文学科フランス文学専修(合格)
学習院大学文学部フランス語圏文化学科〈合格)
中央大学文学部人文社会学科フランス文学専修(合格)

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

高校の担任がちらっと言っていたのが気になってホームページを。良いなあと思って、オープンキャンパスに行ったら、さらに良いなあと思い、高3の夏に受験を決定。以前から花見には行っていた。

6.ICUに期待するところ

ELPと幅広く学べる教育制度。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

リベラルアーツとELPに対して自分が共感したということ。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

フランス文学を多角的な視点から学びたい。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

図書委員として活動していたこと。バレーボールが好きなこと。小説や詩作もしていること。

b. リベラルアーツ学習適性

数学が苦手だったので、問題のパターンを知って、演習形式で解法を覚えた。
時間配分を自分なりに考えた。まずすぐに解けるものを解いて、あとから時間のかかるものに取り掛かったり。

c. 人文科学

とにかくなんにでも興味を持てる姿勢を持つことが大事。
あとは演習形式で慣れる。

d. 社会科学

これもとにかくなんにでも興味を持てる姿勢を持つ事が大事。
これもまた演習形式で慣れる。

e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

TOEFL対策のリスニングCDを毎日聞いた。でも正直リスニングは最後まであまり上達しなかった・・・。

<リーディング>

対ICUという感じでは勉強していないが、過去問とかICUらしい問題は解いた。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

試験中はとにかくマイペースに、集中力を持続させること。自分は本番で今までにない集中力を発揮できたと思う。どうしても入りたい気持ちがあったからだと思う。

8. 最後に一言

学ぶ意欲があれば受かると思う。自分はAO入試に落ち、もう10月という状況の中、試験の詳細も分からず、焦って予備校に入った。もちろんそれは役に立ったと思うが、一年あれば塾に行かずとも受かることは可能だと思う。とにかく本番で力を発揮することが大事。本番まではICUへの気持ちは抑えて他の大学の勉強に集中したほうがいい。本番になって初めて「ICUに入りたい」という気持ちを解放するべき。