ICU国際基督教大学合格体験記2010(17)-どりーさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

どりー

<プロフィール>

某都立高校生(現役)
予備校は二学期から。
部活は細々と12月くらいまで。

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

リベラル得点 = 7割くらい
人文科学得点 = 7割くらい
社会科学OR自然科学得点 = 8割くらい
英語リスニング得点 = 会話9割講義7割くらい
英語リーディング得点 = 読解9割穴埋め7割くらい

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

オープンキャンパスとICU祭に行きました。
いわゆるふつうの受験勉強をしなくてよいのと専攻選択に猶予期間が与えられていること
自分と違う文化・専攻の人と知り合えること少人数のところが気に入りました。
幼稚園がキリスト教のところだったのでキリスト教にもさほど抵抗はなかったです。

6.ICUに期待するところ

すごく個人的かつ些細なことで恐縮ですが
英語のカタカナ発音を矯正できたらいいと思います…

7.受験対策

b. リベラルアーツ学習適性

いろは歌
数列(数2Bまでやってれば対策必要なし)
文学史・美術史・音楽史
偉人と功績・名言(世界史日本史の文化史でカバー可)
原子番号・イオン化傾向
血液型・動物の分類などなど

就職試験での一般常識対策の本一冊購入すると全体的にカバーできます(^^
時間はなかなか厳しいですがとれるものは確実に。

c. 人文科学

今年は知識問題が出ず想定していたより一問に使える時間が短かったです。
自分の考え・常識と違った部分に線を引いておくとよいと思います。
段落が分かれているのでわからない部分があっても残りの段落部分を落とさないようにすれば大丈夫だと思います。

d. 社会科学

世界史・倫理選択なのですが、センターでしか使わなかった人に政経の教科書と資料集をもらいさらっておきました。今年は政治分野での出題だったのですがおかげで落ち着いてとけました。
時事問題も出ましたので(アメリカ大統領選挙など)普段からニュース・新聞を読むことも肝要かと思われます。

e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

「ICUの英語」とTOEFLのリスニング対策の本を使いました。

<リーディング>

設問がICUは独特なのでそれになれるとやりやすくなります。
過去問を何年分か解きました。
穴埋めは文脈と文法両面から検討しましょう。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

時計は忘れずに。
できる問題は落とさない。
広く深く勉強。
とりあえずマークはする。
口角をあげるとリラックスできるらしい。

8. 最後に一言

がんばってください(^^