ICU国際基督教大学合格体験記2014 〜runningeekさんの場合〜

1. お名前、プロフィール

<お名前>

runningeek

<プロフィール>

都立の中途半端な「進学校(笑)」出身。

都大会すらいけませんでしたが、陸上部でした。

2. 受験形態

一般入試

3.予想得点

リベラル得点 = 5割
人文科学得点 = 7割
社会科学OR自然科学得点 = 7割
英語リスニング得点 = 9割
英語リーディング得点 = 8割

(センター参考)

英語 200
リスニング 50
世界史80

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

大学の掲げる理念が自分の経験から得た考えと合致して非常に魅力的に思え、またそこで学ぶことで確実に能力を伸ばせるという確信があるというようなことを願書には書きました。

6.ICUに期待するところ

高校のときに周りに依頼しすぎて失敗した経験があるので、大きな期待はしないようにしています。自分があの大学でやるべきことをやるだけです。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

ELAとリベラルアーツ、少人数教育について書きました。

<2.ICUで何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてださい。>

興味が広いのでまだ決められないということを書きました。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

部活について書きました。結果が出なかったのでなんの自己PRにもなってませんが。

b. リベラルアーツ学習適性

高校三年間でテストの点を毎回それなりにとっていれば対策としては十分だと思います。
あとは学校の勉強以外での「学びの機会」を逃さないようにすることでしょうか ・・・

c. 人文科学

岩波や中公新書にブルーバックスを図書館で借りてよく読んでいました。これは社会科や理科の科目の勉強にもなり、また参考書を何周も反復して使うよりも楽しくかつ効率的でした。ただ一般的な受験勉強とは違うので万人におすすめできるやり方ではありません。
e. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

BBC Radioをよく聞いていましたが、あれはすごくいいのでおすすめします笑

UKロックが好きで、息抜きにLyrics付きの動画をYouTubeでよく見ていたのも効果があった気がします。

あとはディクテーションと自分が理解していてかつ思い入れがある文章を感情を込めて読み上げることでしょうか。

<リーディング>
予備校の授業が文法をかっちりやってしっかり読み込む伊藤和夫先生型のものだったので、
洋書の小説や海外のメディアを使うことで語彙と量を苦痛なく補うことを心がけました。
Very Short Introductionsのシリーズはもうちょっと読んでおけばよかったと後悔してます。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

試験中には集中が切れないようにチョコとか食べるといいですよ。

日本でも見えにくいだけで、イギリスのような階層の格差はあります。そして、大学入試は「文化資本」にかなり左右されるものだと思います。私のようなそれがない人間がどうすればいいのかはまだわかりません。どうしようもないんじゃないでしょうか笑

現役でICU受験を志すようなそれなりの学校の生徒なら高校の勉強+岩波か中公新書などの読書、嫌でなければ一般的な受験勉強+洋書も含めた読書がいいのではと思います。

8. 最後に一言

「必要とするトレーニング量の最小量を行うことがベストである。故障せず、継続的に競技力を伸ばしていくためには、けっして最高の量まで追い込んではいけない」 デヴィッド・マーチン、ピーター・コー

「苦痛は人間を向上させるというのは、これまで考えられた苦痛弁護論の中で最もバカバカしいものである」モーム 『作家の手帳』

ムリしなければいけない時もあるのでしょうが、極力ムリは避けてください。私の駄文が参考になれば幸いです。

<Prev> <Next>