ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2019(7) ICU23さんの場合

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ICU23

<プロフィール>

都内の私立高校に通っていました。人と比べても仕方がないですが、英語に関しては学年一位でした。ただ、世界史は大嫌いで、学力補習を食らっていました。受験期に入ってもなお、一切勉強をしていなかったのですが、「暗記科目だからやれば楽勝だろう。」と思い、夏休みから始めるも、間に合いそうもなかったので、9月に諦め(捨て)、それ以降は一切勉強しませんでした。(もっと言えば、古典、漢文も一切勉強しませんでした。恥ずかしながら。笑) 学ぶこと自体は好きなのですが、「テストのため」とか、「受験のため」に勉強すると言う考えが大嫌い、そんな感じで好きなようにやっていました。

2. 受験形態

一般入試

3.予想得点

人文社会得点 = 9割
総合教養得点 = 7割
英語リスニング得点 = 9割
英語リーディング得点 = 9割

(センター得点 参考)
センター受験なし。

4.併願校

●青山学院大学 文学部 英米語学科 B方式
●慶応義塾大学 総合政策・環境情報学部
→ICUが一番始めだったので、結果としてICUしか受けませんでした。

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

2年次にオープンキャンパスに参加したのをきっかけに興味を持ちました。

6.ICUに期待するところ

大学生活全部。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

私がICUを志望した最も大きな理由は、「外発的動機」ではなく、「内発的動機」に基づいて学びたいからです。私は、今まで英語の勉強を続けてきましたが、それは自らの英語への興味関心があったからこそできたことでした。つまり、「内発的動機」により勉強してきたのです。一方、典型的な受験勉強や予備校、高校の授業というのは、模擬試験の点数などの「外発的動機」のみに基づいた勉強でした。そのような勉強から脱却したいと思ったのと同時に、大学では、興味関心が向く方に学びたいと思いました。そのため、リベラルアーツ教育などを提供しているICUは、私が求めていた理想の環境、大学だと思い、志望しました。

<2.ICUで何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてださい。>

私はICUで、英語、フランス語、国際関係学、平和研究、国際人としての教養など、幅広く学びたいと考えています。それは、将来国連で働きたいという強い思いがあるからです。国連で働くには、語学力はもちろん、さまざまな知識や教養、コミュニケーション能力など、必要とされる能力は多岐に渡ります。そのため、学ぶ範囲をあまり限定せず、広範囲に学びたいです。また、学びを通して、批判的思考力や異文化理解力などを養いたいと思っています。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

私は英語で学ぶことが好きです。英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学んできたからこそ、英語力だけではなく、たくさんの知識を得られたと思っています。例えば、2018年に70周年を迎えた「世界人権宣言」に関する記事を見た12月には、Wikipediaを始めとして、NPRやTED-Ed、国連のホームページなどさまざまなメディアを通して、英語力のみならず、「世界人権宣言」に対する理解を得ました。

a. 人文・社会科学

(1)読書(池上彰の本を何冊か、『大学受験のための教養講座』、『謎解き 聖書物語』など)
→ちくまプリマー新書は読みやすい。興味のある本を読むのが一番だと思います。

(2)社説
→朝日の社説をネットで探して印刷し、読書と同じ要領でたまに読んでました。

・やり方:(1)も(2)も同じく、知らない表現をいちいち調べ、読み進めていました。夏頃から始めてましたが、早ければ早いほどいいと思います。

(3)過去問

b. 総合教養(ATLAS)

上記の(1)と(2)を人文・社会科学の対策と兼ねて、やりました。
Part IVの対策はしませんでした。実際、Part IV(自然科学)のパート10問に関しては、適当に塗りつぶしました。

c. 英語(リスニングを含む)

<リスニング>

英語: *英語の勉強はしましたが、典型的な「受験」英語の勉強はしませんでした。(受験参考書は一切持ってないです。単語帳も使ってないです。) なので、模試などは複数受けさせられましたが、別にどうでも良かったので、一切気にしませんでした。 正直、模試の対策などをして、点数を上げるのはナンセンスだと思います。笑 英語力をつけるために、勉強するのが一番だと思います。 英語力をつけるためにやった勉強は下記の通りです。

(1)ポッドキャスト(NPRの”Planet Money”、”The Indicator from Planet Money”など)

・やり方:スクリプトを印刷して、分からない語彙を調べ、繰り返し聞いてました。

*ポッドキャスト以外にもNPRのホームページは使えます!オススメです!いろいろ漁ってみてください!

<リーディング>

(2)適当にネットで記事を選んで読む。
→興味のある内容が良いと思います。

・やり方:記事を印刷して、分からない語彙を調べ、繰り返し読んでました。

(3)ICUの過去問

d.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

これは2019年度合格者411人中の一個人の経験なのであくまで参考までに。

8. 最後に一言

特殊、特殊と言われますが、特別なことは必要ありません。英語以外は差がつかないので、英語を優先してやるべきだと思います。 また、周りに言われることは、あまり気にすることはないと思います。自分を信じることが何よりです。 メンタルヘルスは非常に重要なので、いやになったら勉強から離れて、息抜きをして、頑張って下さい! 正直、英語が出来れば何とかなります。拙い文章ですみません!