ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(6)-ウヅキング さんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ウヅキング

<プロフィール>

私立高の国立志望理数コース出身で、予備校経験なし、高校時は医学部を目指していましたがA判定の大学に失敗し自暴自棄になり、センターをたまたま出していた文系大学に進学。

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

一般能力得点 = 5割
人文科学得点 = 9割
社会科学得点 = 6割
英語リスニング得点 = 5割
英語リーディング得点 = 8割

4.併願校

N/A

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

大学に入り、やりたいことがやれず鬱々していた時に去年行く気もなく資料請求したICUの冊子?(小さな本みたいなもの)が出てきて、ICUの考えに感銘を受けた。

6.ICUに期待するところ

まずは、英語。
そのあと宗教と神話。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

すいません、覚えてません。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

愛読書の著者が森本あんり先生で、この人のもとで学びたいとかなんとか書きました。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

人をたてるところ、サブにまわれるとこ。

b. 一般能力考査

N/A

c. 人文科学考査

とにかく宗教の本を読みまくりました。

d. 社会科学考査

出身校はキリスト教主義であったのが役立ちました

e. 英語学習能力考査

<リスニング>

ICU受験対策のCDしかやってません。

<リーディング>

ICU受験対策のCDしかやってません。

8. 最後に一言

なせばなる!

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(5)-gmaskさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

gmask

<プロフィール>

愛知県の公立高校(早慶合格0人)
→高2・代ゼミ(地元のフレックス校)に入るも半年で倒産
→高3・参考書を駆使して勉強
→現役で学習院大学合格
→仮面でICU
といった感じです。

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

一般能力得点 = 7割
人文科学得点 = 6割
社会科学得点 = 8割
英語リスニング得点 = 6割
英語リーディング得点 = 5割

4.併願校

N/A

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

昨年の学習院大学の受験日とICUの受験日が同じでした。
それで一緒に東京に受験に来た友達がICUに受けるとのことで、前日に下見に行くことになりました。
そして僕が偶然それについて行って、ICUに出会いました。
キャンパス、制度、全てに魅了された僕は仮面浪人を決意し、学習院の入学式の翌日にICU対策予備校の説明会に行きました(入りませんでしたが)

6.ICUに期待するところ

ELPがどこまで過酷か、それに恐々としています。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

学習院から仮面して受けるという情熱をぶつけました。

<2.ICUで何を学びたいかを志望学科と関連して簡単に述べ、また将来の志望とその理 幅広い教養?たいしたことは書いてないです。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

幅広い人と話すことができる、とか書いた気がします。

b. 一般能力考査

オンレクの問題でパターン化されている問題を徹底的に暗記しました
(和歌・元素記号・国と首都・英語・楽器など)
SPIの本などはやってません。
オンレクの問題だけで7割は確実にとれるようになるはずです。
本番は7割5分ぐらいでしょうか。

c. 人文科学考査

これが苦手でした。
新書を読んで対策しました。
ICU対策にオススメな本を載せておきます。
【宗教】三浦綾子著 新約聖書入門
【芸術】光文社新書 美学への招待
【音楽】中公新書 西洋音楽史
【思想】岩波ジュニア新書 ヨーロッパ思想入門
各ジャンルの本を1冊読むことでかなり違うと思います。
本番は6割ぐらい。

d. 社会科学考査

これは現役時に政経を選択をしていただけあって得意でした。
しかし今年は世界史の知識を必要とする問題が多く、それらはことごとくミスりました。
結局政経選択と世界史選択どちらが有利かと聞かれると、幅広く役立つという意味で政経選択な気がします。
本番8割。

e. 英語学習能力考査

<リスニング>

リスニングはオンレクの教材のみです。
11月以降ぐらいから毎日少しずつ聴いていました。
しかし本番はあまりできなかった気がします。
というか長文はほとんど勘。
本番5割5分。

<リーディング>

現役時は高校の英語の授業の予習復習をやってました。
あとは法政・学習院の過去問をやってました。
仮面になってからはオンレクのICUの過去問だけを丁寧に解きました。
2月に入ってからは1日1題解いてました。
本番は自分の教室の黒板に書いてあった終了時刻が直前で訂正されたせいで10分余ってしまいました。
いつも時間が足りなかっただけにその状況は絶望的でした。
本番6割。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

政経と世界史の基礎知識があると全ての科目に有利な気がします。
僕は本番に社会科学考査でマークシートをズラして書いてしまいましたが訂正してもらえたおかげで合格できました(*1)。
やっぱりICUはいい大学です(笑)

*1
社会科学考査の考査中に20番台の1問がICU側のミスで削除されました。 削除された問いの部分のマークは空白にして次の問題をマークしなければならなかったのですが、そこをマークしてしまったために1つずつマークがずれ、40番が空白となってしまいました。 そして社会科学考査が終わり、マークシートが回収されてからその過ちに気づきました。 すぐに試験監督の先生(M先生)に事情を伝えましたが、受験番号と名前を伝えたのみでその場では確認はしてもらえず、結局マークシートのズレを修正してもらえたのかは不明です。 しかしもし修正してもらえていなければ不合格であったと思うので、おそらく訂正してもらえたのだと自分では思ってます。

8. 最後に一言

結局ボーダーは6割5分ぐらいだったのかなって感じです。
とにかく、受かってよかったです。

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(4)-キャサリン さんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

キャサリン

<プロフィール>

北海道旭川北高等学校
茶道部

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

一般能力得点 = 65/100
人文科学得点 = 30/40
社会科学得点 = 30/40
英語リスニング得点 = 20/35(?)
英語リーディング得点 = 25/40(?)

4.併願校

津田塾大学
青山学院大学国際コミュニケーション学科

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

ICUを知ったのは、高校1年生の時で高2時には実際にキャンパスを見に行きました。
でも実際に受けてみよう!と決心したのは高3の11月でした。
ICUを選んだのはなんと言っても、大学の雰囲気と教育カリキュラムが充実しているというところです。
あと、私は英語が好きなので英語を道具に他の事を学べると言うところも魅力的でした。

6.ICUに期待するところ

ICUでは国際関係と平和学を特に学びたいです。
あと柔軟に対応してくれるICUのカリキュラムを使って興味のあることを学んで自分の視野を広げたいと思っています。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

私は英語に興味があり高校に入学したときから大学では留学したいと思っていました。そんなときICUの存在を知りました。たくさんの留学生を受け入れており、英語で授業をするICUはとても魅力的でした。 また高2の時には実際にキャンパスに行き東京の大学とは思えないほど広大な自然のなかどこか海外の大学を思わせる雰囲気のキャンパスに惚れ込み、ICUを受験することに決めました。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

高校の世界史の授業で国家間の絶え間ない戦争について学び、どうして誰もが平和を望んでいるはずなのに戦争は起こってしまうのか、またなぜ無くならないのかという国際関係について学びたいと思いました。 あと平和学についても学びたいです。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

茶道部に所属していたので茶道を通して基本作法や和の心を学べたことが良かったです。

b. 一般能力考査

BUCHOさんのオンラインレクチャーをやったのと、SPIと公務員試験の問題集をやりました。それだけです。

c. 人文科学考査

毎日現代文の問題を一題は解くようにしていました。あとはセンター試験系の問題を解いたり、新聞を読んだり・・・解くときは論理的に読むようにして、作者が言いたいことは何なのかを理解するように読むよう心がけていました。あと現代文の参考書でオススメなのが出口先生の参考書です。解説がとっても詳しい!

d. 社会科学考査

社会科学を受験しました。
社会科学系の本を読んだりしていました。あと新聞とか
個人的に、過去問や本試を通して思った事なのですが、世界史の知識がとても役に立ちました。

e. 英語学習能力考査

<リスニング>

TOEFLのリスニングとラジオ英会話をやりました。
あとBUCHOさんの過去問CDを夜寝る前に聞くようにしていました。

<リーディング>

やはりこれもTOEFLとBUCHOさんの過去問を。
わからないところは学校のネイティブの先生にきいていました。親切にもその先生は丁寧におしえてくれたので、リーディングの勉強はもちろんのこと会話の勉強にもなりました。 あとは、学校の先生に頼んでNEXTSTAGEの文法問題を毎日100題ずつ解くようにしていました。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

勉強することはもちろんですが受験で一番大切なことは、絶対に諦めない気持ちと絶対に合格してやるという気持ちなんだと本当に思いました。

8. 最後に一言

私はそんなに模試で良い成績をとっていたわけでもなく、センターでも失敗して本当に自信をなくしてしまいそうになったときが何度もありました。でも、絶対に合格してやると思って毎日自分が出来ることを一つずつ潰していきました。

そうして今、ICU生になれて本当に嬉しいです。ありがとうございました。

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(3)-あいまさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

あいま

<プロフィール>

神奈川の県立高校

都内の某大学

2. 受験形態

転入本科(ICU編入)

3.予想得点

一般能力得点 = 7割くらい
人文科学得点 = 7〜8割
社会科学得点 = 7〜8割
英語リスニング得点 = 5割くらい
英語リーディング得点 = 7割くらい

4.併願校

なし

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

現役のときはICUを知ってはいたものの、受験はしませんでした。第一志望不合格で都内某大学に進学したあと、ICUに転入制度があることを知り、いろいろ調べて受験を決意しました。

6.ICUに期待するところ

まずはELPをしっかりやりたい。あと、いろいろな人と知り合いたい。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

リベラルアーツによって幅広く学べる、という趣旨のことを書きました。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

環境問題解決への手法として経済・政策などの社会システムを学びたい、という趣旨のこと書きました。(その理由を交えつつ)

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

具体的に最近感銘を受けた本の名を挙げて、読書のことを書きました。

b. 一般能力考査

まず頻出する問題の知識(論理問題、いろは歌など)を覚えました。
そのあとはオンレクの問題を毎回解いていく過程で、テクニックや考え方、知識を徐々に 身に付けていきました。

c. 人文科学考査

「色」に関する文章が出ました。比較的読みやすい文章だったと思います。
また、これは人文科学考査・社会科学考査に共通する部分ですが、時間の使い方が非常に重要です。過去問を解くときは必ず時間を計り、マークシートを用意して臨みました。

・本文を読む時間と設問を解く時間の配分
・設問ごとにかける時間の配分(知識問題はパッと解く、本文中に該当箇所がある設問はすぐその箇所を見つけ出す、というようなこと)

これらを考えて解いていました。

d. 社会科学考査

ICU編入(トランスファー)なので受験用に社会の科目は勉強していないのですが、学校の行き帰りの電車で、読書代わりに『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』を読んでいました。

e. 英語学習能力考査

<リスニング>

オンレクの復習を中心に勉強しました。
2007年度から出題形式が変わったので、過去の問題(94年〜06年)のPART3とPART4(会話と長文)だけを毎日聞きました。

また『基本英文700選』を毎日聞いていました。
<リーディング>

これもオンレク中心でした。

速く、かつ正確に解けるように過去問を研究しました。
あとは上で挙げた『基本英文700選』と、語彙力の強化は欠かさないようにしていました。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

過去問は重要です。過去問をやってみて(時間を計って)、どうすれば点数が取れるかを考えてみてください。
あと試験本番ですが、自分が受けた部屋の室温は結構高めでした。調節のきく服装をおすすめします。

8. 最後に一言

オンレクにはお世話になりました。
D+とかMといった難易度表示は、捨て問題かとるべき問題かが分かってありがたかったです。

参考になれば幸いです。
試験本番は長いですが、リラックスして頑張ってください。

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(2)-doe_さんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

doe_

<プロフィール>

N/A

2. 受験形態

一般入試(センター無し)

3.予想得点

一般能力得点 = 8割
人文科学得点 = 8割
社会科学得点 = 8割
英語リスニング得点 = 9割
英語リーディング得点 = 9割

4.併願校

<合格>
上智大学 外国語学部 英語学科
早稲田大学 国際教養学部
青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科(センター)
東京外国語大学 外国語学部 英語専攻

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

もともと知っていましたが、人に勧められたのが興味を持ったきっかけです。実際にキャンパスに足を運び、受験を決めました。それからはICUに行くぞーと考えていました。

6.ICUに期待するところ

リベラル・アーツとELPに期待します。
戦争に関心があるので、国際関係を勉強しようかと考えていましたが、宗教に興味があるのでそのような授業も取ってみようと思っています、と願書には書きました。

7.受験対策

a.願書

<1.ICUを志望した動機または理由を述べてください。>

やりたいことはあるが、その前に色々なことをやってみたいので、リベラル・アーツの大学の仕組みは自分に合っているだろうと思った、と書きました。

<2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。>

国際関係と宗教を中心に学びたい、と書きました。

<3.学内外を問わず、技能、諸活動など自分の最も得意とすること、好んで行なって いることを述べてください。>

学校で参加していた委員会と部活のことを書きました。

b. 一般能力考査

学校で一通りのことは習っていたので、オンラインレクチャーで回数を積みました。

何より間違えた原因を探ることが大事だと思います。(知識がないのか、計算ミスか、あてずっぽうだったからなのか、などなど)出題が毎年ある程度パターン化されているのだとしたら、自分のミスの傾向をつかむだけで正答率は結構変わって来ると思います。

数学?算数?系の問題は多いので、理数系は全部適当にマーク、は勿体ないです。時間にまだ余裕があるのなら特に論理、場合の数、数列の出題パターンを見ておくといいと解いていて思いました。

ただ知識系はあえて対策するのは効率良くないかもしれません。国立受験の人はセンターの知識で結構対応出来ると思います。知識を持っていても、問題の意味が分からないと答えは分からないので出題パターンを分析しておくだけでも良いと思います。

答えから解くのも手です。

c. 人文科学考査

要約するつもりで読みました。はじめのうちは要約を書いていました。面倒な時は図にしたものをやはりはじめのうちは読んだときに書き、解説をみて自分の勘違いを訂正していきました。

全体の構成に注意するのが大事だと思います。(抽象と具体例の段落の構成とか、具体例の対関係とか)

d. 社会科学考査

基本的には人文と同じ勉強法を取りました。ただ政経の知識と世界史の知識が役に立つので、読まなくても問題が解けるものも年によっては多くあるので、やはり先に問題を見ておくのは効率的だと思います。

もしICUの受験を考えていて、これから地歴を選択するという人で、迷っているという人がいたら私は世界史をお勧めします。日本史選択の人しか知らない、というような情報よりも、「知っているだろう」みたいにして世界史の知識が要求されることの方が一般能力でも、人文でも社会でも、色々な場面で多いと感じたからです。
英語の文章で世界史の知識が理解に役立つことも多いと思います。

(でも個人的には日本史好きです)

e. 英語学習能力考査

<リスニング>
回数を積むこと!と言われますが間違いのパターンの分析が一番得点には結びつくと思います。単語にひっぱられてしまうとか、ひっかけに必ずひっかかるとか、深読みしてしまう、とか。回答するときに自分は基本的にはその答えを正解だと思っている訳ですから、仕切りなおすのが大事だと思います。

でも英語を普段しゃべっているわけではないので、耳がなまってしまうということは起こると思うのでやっぱり毎日聞くとか回数も大事だと思います。
<リーディング>
必ず回答に根拠を持ってくる、という作業を繰り返すと正解が選べると思います。ICUの英語はそういう意味でやりやすくて、良いです。あと日本語でも英語でも基本的には評論文は人を説得させたいと思っているはずだし、構成を分析しておくといいと思います。そうすれば知らない単語が設問に出てきても回答に推測をつけることができると思います。

パートIIの空欄補充はまずイディオムになっていないかチェックして、品詞や時制で、おかしな選択肢を切って次に意味を考えて…とするといいのかもしれないと思います。

f.その他受験に関するアドバイス(役立つ参考書、試験中に気をつけること、全般的な勉強法など)

よく言われていることかもしれませんが、私は普段はICU以外の大学のための勉強を中心にしていましたが、それが結果としてICUの入試に役立ちました。

受験勉強に関しては、自分のなかの出来ないことをひとつずつ出来るようにしていくしかないのだと私は思います。本番までにどれだけ間違えられるかが勝負だ、と思うと気が少し楽になるし、実際やるべきことも見えるのだと思います。

8. 最後に一言

オンラインレクチャーかなり使えました。直前にだーっとやったことがICU入試の脳ミソに切り替えられたのか、本番は動じずに受験できました。毎回偏差値が出るのもいい刺激になりました。

私の書いたことが何か役に立てていたら嬉しいです。 これから受験の方は頑張って下さい。

ICU入試国際基督教大学入試合格体験記2008(1)-ヅュノーさんの場合-

1. お名前、プロフィール

<お名前>

ヅュノー

<プロフィール>

千葉県の私立校出身です。クリスチャンではないです。
高2のとき交換留学しました。

2. 受験形態

AO入試

3.予想得点

N/A

4.併願校

AOだったのでもちろんICU一本!でした。
一般入試を受ける場合は
1慶応大文学部
2上智大法学部国際関係法学科
3上智大外国語学部フランス語学科
4立教大法学部政治学科か立教大社会学部のような併願パターンで受験しようと考えていました。

5. ICUに入るまでのいきさつ(どうやってICUを知ったか? なぜICUを選んだか ? など)

中3の春、I進学院のチラシでICU発見。中3ながら大学のオープンキャンパスに参加し一目惚れ。一目惚れした勢いでICU高校を受験するも不合格。。大学でのリベンジを誓い受験しました。不純な動機といえばそうなります。。でも、幼心(?)に夢見た桜満開の”滑走路”の下をくぐっての入学式、バカ山での青空授業を諦めたくありませんでした。

6.ICUに期待するところ

メジャー・マイナー制の導入によって自身が興味のある学問をより有機的に結びつけることができること、といったところでしょうか。

7.受験対策(AO入試)

-提出書類-

a.願書

1.ICUに入学することを強く希望する理由を述べてください。

ICUのリベラル・アーツ教育とW大国際教養学部・S大国際教養学部のリベラル・アーツ教育 の理念、システムの相違を指摘し、真の意味でのリベラル・アーツを体現しているのはICUであると結論付けて入学する理由としました。

2.ICUで何を学びたいか、また将来の志望を述べてください。

初めに、私は国際関係法学を学びたいと結論付けました。そこからICUの特長である幅広い学問の選択を活用し、国際情勢に対して多角的な視点を身に付けたいということを書きました。

3.あなたを学生として受け入れることがICUにとって重要であると思われる理由を述べてください。

端的に述べると、「オレはICUの井の中の蛙にはなんねぇよ!」ということを文章にしました。

b.提出書類の成績

評定:4.6
英語提出成績:TOEIC 775

c.エッセイ

小学校の時から吹奏楽を続けてきた中で発見した特長と、高2のときに交換留学を体験した中で発見した特長は共通であり、それをベースに今の私の特長を表現することができるのは楽器を演奏することだ、ということを書きました。今までの経験を存分にアピールするチャンスです。しかし、エッセイで問われていたのは「どんな経験をしましたか?」ではなくて「どんな特長をどのように表現するのですか?」だったので、この問いから外れずに、しかし前述したとおり今までの人生の経験をくどい程にアピールしました。

d.学校内外における自己活動歴と自己分析について

吹奏楽部での係分担のリーダーとして果たす役割は、些細ではあるが、怠れば部の全体に影響を及ぼしてしまうので大変だった、というようなことを書いたと思います。

c.推薦書について

1通は担任、もう1通は現代文の先生に頼みました。かなり良い様に書いてくれたようでした; 他の方も言っている通り推薦書は提出書類中唯一の他人からの客観的な評価なので、 占めているウェイトは大きいと思います。問うている内容も推薦書にしてはかなり濃いですし。書いて頂く人を必ず吟味すべきでしょう。

d.面接について

面接のパターンは、例年通り初めに所謂面接、次に15分間のグループディスカッションでした。今年の面接のテーマは「都市」でした。都市の人口、都市のCO2の排出量のグラフ、(あともう1つ何か忘れた;)の3つの資料が配られ、それに沿った内容の3つの質問(何故都市に人口が集中するか、今後どのような都市の人口が増えるか、ヒートアイランド現象以外に考えられる影響は何か)に答えました。その後、「政治的、経済的なメリット、デメリットを挙げつつ、首都移転に対して賛成か反対か」という内容でディスカッションをしました。最後に、ICUでの学びと将来について1分間スピーチしました。面接は、自分のペースを失ったら終わりだと思います。審査員(?)の教授の方々(男性2人、女性1人)は、私たちが一生懸命答えていても無反応でした。見向きもしませんでした。面接の最後のグループだったので疲れていたのか、はたまた演技だったのか。私はこれに完全に惑わされました。。グループディスカッションでは、”相手の意見を最後まで聞く”、”皆の意見を生かしてあげる”の2点を心掛けると良いでしょう。帰り際にスティール教授が自転車に乗って颯爽と駆けて行った姿が、なんともチャーミングでした。

8. 最後に一言

AO入試は、”俺って何者?”と考えに考えた人、自身の考えに情熱を持って答えることができる人が合格するものだと思います。 夏休みの大切な勉強時間を削って準備することは大いに勇気を必要としますが、二兎を追う者は一兎をも得ることができません。 大胆になることが必要ではないでしょうか。 私は面接で失敗しました。制限時間内に答えられなかったり、”ヒネり”の利いたことが言えませんでした。通知が来るまでの1週間 ノイローゼになりかけました。 それでも合格しました。中3から4年来の悲願の合格でした。 これからAOを受験する皆さんも、最後まで抜かりなく、諦めず、自信を持って取り組んでください。