早稲田仮面浪人からICUへ 4

STSさんインタビュー4

(ICU国際基督教大学の受験対策と大学の授業とは両立されていましたか?)

出席はもちろんしていましたよ!大学生は空き時間が多いので、時間のやりくりには困らなかったような気がします(ICU入試直前は春休みですし)。また周囲の様に、そんな頻繁に飲み会とかには行かなかったので、そこを受験勉強にあてたという感じです。

(モチベーションはどう維持しましたか?3回目は継続してやる気を出すのが難しいような)

周囲にガッカリすると、かえってモチベーションが上がっていましたね。あとは2年目の教訓から「ペースを上げすぎない」というものも学んでいたので。あと、万が一不合格でも、早稲田の2年生になればいいだけなので、ある種の開き直りがありました(笑)。

(トランスファーではなくて一般入試で受験されていますが、これはどうしてでしょうか?)

なんというか「一般入試で2度負けてるやつが、トランスファーなんて入れるかよww」という考えがありました。あと、前述の先輩から「途中からだとELP受けられないよ」と聞いていたので。

(なるほど、でもトランスファーでもELPはあると後で気がつくわけですね(笑)。単位編入はどうされましたか?)

ICUの単位に前の大学のものを入れたくなくて、始めからやり直すために単位は編入してません!

(そうすると全く4年をICUで過ごされる決意だったわけですが、そうすると実質2浪になってしまうわけで、そのことへの抵抗はありませんでしたか?)

ICUメルマガで、2浪の人々が集う「じろう会」なるものがあると聞いていたので。「訳ありの人、多いんだな」ということで、あまり抵抗はありませんでした。あと入学して間もなく、二浪の友達が4人位できましたから。(しかも自然に)。

(なるほど。1,2年目と3年目の違い、試験の勝因はどこにあったと思いますか?)

1年目は憧れに引っ張られ、2年目は執着しすぎたこと。3年目は、いわゆる自然体で臨めたことが大きな違いであり、勝因なのかもしれません。あとはやはり縁です(笑)。実際の試験では特に手ごたえもなく、フツーな感じでした。(本命なのに!)終始リラックスというか、何の意識もせずに受験していた気がします。

(3度目にして受かったときの気分はいかがでしたか?)

結果は直接見にいかずにネットを通じて発表を見たのですが、受験番号を見た時は一人で「あ、受かってら」と淡白でした。今でも不思議です。

(ICUに入学してよかったですか?)

そうですね、かなり遠回りしましたが、今ではとても満足しており入ってよかったと思っています。(そのせいで、わざわざ不況時に就職活動を強いられた訳ですが)

(受験生へのメッセージがあったらお願いいたします。)

大学4年間をちゃんと勉強して過ごしたいと考えるなら、ICUは申し分ない環境だと思います。また、どうしても入りたくても力まずにできるだけ自然体でいることが大事だと思います。あとは、やはり諦めないことです。「意志あるところに道はひらける」はず!ただ、開けるのがいつになるかはなんともいえませんが(笑)。

(次回はAO入試で合格されたICU生のインタビューをお届けします)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へにほんブログ村 この投稿が参考になったらクリックしてください

早稲田で仮面浪人 3度目のICU(国際基督教大学)受験

STSさんインタビュー3

(3年目は早稲田で仮面浪人をされたとのことですが、これはどういったことから仮面浪人に至ったのでしょうか)

早稲田の社会科学科で授業を受け始めたのですが、周囲の学習意欲が予想以上に低く驚きました。例えば英語だと「自己紹介なんてできません!」ってくらいに。不真面目な雰囲気に、学びの場として少し疑問を抱きました。ま、それが普通の大学なんでしょうけど。

(不真面目にというのは具体的にはどのようなところで感じましたか?)

基本的に「授業なぞ出なくてもなんとかなる」っていう姿勢が気になりました。次第に人が減っていって、テスト前になるとコピー機の前に人が沸き出す怪奇現象なども、その一つです。

(仮面浪人としてICU(国際基督教大学)対策を始められたのはいつ頃ですか?)

やや回答がズレますが、ICU向けの勉強をしたというより、早稲田に入ってすぐから英語を使う授業をかなり多くしました。週に4日くらいでしょうか。そういう意味では基本的な勉強という意味では4月からです。ICU向けの勉強としては、確か秋頃からです。

(ICU受験を決意されたのはいつ頃でしょう?)

日ごろから「やっぱりICUに行けたら良かっただろうな」とは思ってはいました。一番のきっかけは、早稲田にいたときに「模擬国連」っていう団体でお会いしたICU生の先輩(ID07)に会ったことですね。時期としては夏前くらいです。

(ご家族や大学でのご友人など、周囲の反応はいかがでしたか?)

駄目もとだったせいか、家族は基本的に応援してくれていたようでした。弟は、ICU合格後に事実を知ったようでしたが。大学の友人には秘密でした。なんせ仮面ですからね。友人達には退学届けを提出する日に「大学辞めることにした」って発表しました。

(仮面浪人というのは言わないものなのですね?)

公表して、またICU落ちたら惨めになりますからね(笑)。ただ秘密にしていたおかげで決心は固まりましたが。「絶対ICU入ってやるぞ!」っていう。

(秋からのICU対策はどのようにされましたか?)

一般能力(リベラルアーツ学習適性)に関しては、過去2年で山ほどデータがあったので、それを活用しました。論文系に関しては、BUCHOさんのサイトを拝見して、入手できる過去問全て(15年分くらい?)に取り掛かりました。

(ようやくこのサイトが登場ですね(笑)過去問による対策は有効でしたか?)

なんだかんだで、過去問は有効だったと思います。論文ってあまり読む機会がないので、経験値という意味でも有効でした。ちなみに、早稲田の印刷機はプリント料金一切無料だったので、印刷し放題でした(笑)。

英語は、早稲田で取り組んでいた英語の授業が大きいかもしれません。参考書としては、TOEFLのリーディング用の本を直前までやたら速読していたのを覚えています。

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学入試受験対策予備校

<STSさん 受験2年目>

(2年目は浪人を決意されたのですね)

はい、浪人です。予備校1(H学院)と予備校2(N講座)に通っていました。ちなみに予備校2のファイルの色は前年とは変わってましたけどね(笑)2年目は最初からICUが第一志望で、1年間しっかり準備して臨もうと思いました。

(具体的なICU対策はどのようなものでしたか?)

予備校2に通うことでしたね。あとは、赤本を前以上に遡って解いたりしていました。予備校2の授業はICU入試にでるような文章を読んで、自ら答えを書かせたりしていました(本番のように選択式ではなく)。「自分で考える力」を身につけさせたかったのでしょうか。最終的には結果は伴わなかったわけですが。

(他の私大対策は順調でしたか?)

可もなく不可もなくという具合でした。科目別では英語と国語は得意としていました。世界史は嫌いでしたが、やらなければいけなかったので無理矢理に詰めました。ちなみに数理は基本的に苦手です。

(私大の併願校はどういったところでしたか?)

早稲田中心で、あとは慶応SFCですね。MARCHやその他の大学も受けました。数にして10校程度でしょうかね。とにかくもう浪人はできないので。

(2回目のICU入試の手応えはいかがでしたか?)

手ごたえはあったと思います(あくまで主観)。1年間やるだけのことはやったつもりでしたからね。ICUを不合格になった日に早稲田の赤本を買いに行ったほど自信がありました。ちなみにICU学内新聞のThe Weekly GIANTSの入試特別号も2年連続も買いまして、翌年も買ったので3年連続で購入しました。ICU学内でも3年連続で買う人は滅多にいなくて、今となっちゃ笑い話ですが(笑)、それでもやはり、結果が伴わなかったのはつらいものがありました。

(2年目の入試の反省点やポイントはどのようなところにあったのでしょうか?)

浪人スタート時から飛ばしすぎて、2月頃にはガス欠を起こしていたかもしれません。あとは、勉強したという驕りというか。「あれだけやったんだから、なんとかなるはず」っていう。でも最後の最後で油断してちゃ世話ないですね。

あとは「物事には縁がある」と悟りました。かなり勉強したICUには落ちて、勉強3日以下の早稲田にはすんなり入るっていう。合格した早稲田の社学は本当にICU不合格の日に赤本を買って始めた程度で、しかもやったのは世界史だけです。国語に関しては、本番の試験中に漢文の存在を知りました(漢文はセンター試験以来、全く見てませんでした)。そんな付け焼刃でも、受かるときは受かるんですよね(自分では納得いきませんが)。

(なるほど、早稲田となると運で受かるレベルではないので、他の教科での積み上げがあったのでしょうが、「縁」というものあるのかもしれませんね。)

それが、2年目の悟りですね!(ICU2戦0勝2敗・・)

<受験3年目に続きます>

ICU国際基督教大学合格者2 仮面浪人からICU

今回は現役、浪人、早大での仮面浪人と、3度の受験を経てICUに入学されたSTSさんにお話を伺いました。

<受験1年目・現役時代>

(ICU(国際基督教大学)を知ったきっかけというのはどういうものだったのでしょう?)

自宅と大学とが割と近く、また出身高校が比較的ICUに近いにもかかわらず、高校3年になるまで、ICUの存在は知りませんでした。ちょうど高校3年生の夏頃に、「なんとなく」オープンキャンパスに足を運んでみた訳です。この時点では興味本位でした(笑)。それで適当な気持ちでICUに足を踏み入れてみたところ、良い意味で他の大学、特に(早稲田や慶応)などとの環境の違いに驚かされたわけです。「なんだここ!森ばっかりだ!!」というような具合に。

直感的に、ここ(ICU)入れたら、優雅で楽しいだろうな!って思いました。そういった環境面を知った後で、オープンキャンパス、文化祭を通じて少人数で集中的に行う英語教育に魅かれていきました。1年目の時点では、ICUは第一志望校の一つという感じでした。

(ICUを志望されてから、何か対策を始められましたか?)

とりあえず、学校で赤本を借りたのを覚えています。しかし、特殊すぎて何をしたら良いのか全くわからず・・。

その後、普通の予備校で一般的な勉強も行いましたが、夏期、冬期には加えてICU用の予備校に通いました。通っていたのは一般的な勉強がEゼミ、ICU対策がTゼミナール(冬期講習)とN講座(冬期講習、直前講習)でした。

(ICU対策フルコースですね)

まぁ、結果は不合格でしたけどね。

(1年目の不合格はどの辺りに原因がありそうですか?)

いわゆる「ICUへの憧れ」ばかりが先行し過ぎて、小手先の技術だけを追い求めたのだと思います。具体的には予想問題ばかり気にしたり、「ビビらず仲間意識を持てばうまくいく(N講座)」などですね。今思うと恥ずかしいのですが、その予備校の同じ色のファイルをみんなで持っていったり、試験後の休み時間に集まって答え合わせとか(笑)。

1年目の敗因は多分、基礎的な能力だと思います。よく読んで考える力など足りない部分があったかなと。反面テクニック的な情報がたくさん入ってきて、本質的な能力に欠けすぎていたというやつです。情報を集めただけで満足しているようでは、無意味だと実感しました。まとめると「情報集めに囚われすぎて、実践的な演習と基礎力が不足していた」ということになりますでしょうか。

(次回浪人時代に続きます)

ICU指定校推薦4

Apacheさんインタビュー4

(指定校枠を得た後)

指定校の枠をとってからはまず受かるものと考えてもよいのですが、せっかく得た指定校の 枠なので、油断せずしっかりと勉強して、未来のICU生として万全たる準備をすべきでしょう。また先ほど述べたA4で2ページのエッセイは、英語の要約を 提出する必要があります(A4で1枚)。それに関しては文法やスペルなど、学内のネイティブ先生などにしっかりと確認してもらいましょう。

な おICU学内の英語表記ではでは「指定校推薦」ではなく、Confirmation Procedures for Recommendees(つまり指定校推薦者の確認手続き)とされています。つまり一般入試のような「セレクション」ではなく、「確認手続き」であり、 その確認手続きを確実にこなすことが重要となります。

(英語の面接はありますか?)

基本的にはないと思います。面接官がNon Japaneseの可能性はありますが、聞いている範囲では日本語で大丈夫なようです。

(最後にアドバイス)

ICU の1年次は、授業の大半はELPとなります。よって受かったあと遊ばずに、TOEFLの勉強をしっかりしておくべきでしょう。また推薦の場合、推薦合格を 得た後に課題が出されます。私の年は英語の本を1冊読み、ブックレビューを書くというものでした。その課題の提出に、学内のネットを使いますので、それは 他の指定校推薦やAO入試、ICU高校からの推薦出身などの方と知り合う機会があります。それを機会にネットワークを広げて入学後のスムーズな交友関係を 事前に築き始めてみるのもいいかもしれません。

(次回は仮面浪人をしてICUに合格をしたSTSさんのインタビューをお届けいたします。)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村

ICU指定校推薦入試3小論文

Apacheさんインタビュー3

(小論文対策はどのようなことをされましたか?)

学校で小論文対策の補講を受けました。さらにICUの指定校枠と取ると、去年の指定校の問題をもらえるのですが、それを解いて添削を受けました。さらに指定校の小論文の問題が、ICUの人文科学、社会科学の問題に共通点があったので、それらの文章を読み込んでいきました。

(問題形式はどのようなものですか?)

小論文の文章の長さはおよそICUの人文科学と同じか、やや短いくらいのもので、設問が5つありました。解答用紙はA4サイズ半分に1問という感じでした。つまり設問1つのスペースは、A4の半分ということですね。よってものすごく短いというわけではないのですが、長文で自分の考えを述べるというものではなく、現代文の記述が長くなったイメージに近いかも知れません。よって答案作成の際は、「文章を理解している」ということをはっきりと示すことが大切です。

(意外に難しいそうですね? 実際に受けてどうでしたか?)

私は受験でかなり緊張してしまいまして、時間的にギリギリな印象でした。周りを見ると比較的早く終わっている方もおり、人によるのかも知れません。いずれにしても推薦入試といっても、イメージよりは難しい試験なので、論文を読む練習及び、それを読んで文章を書く練習はしっかりした方がよいでしょう。

(論文の傾向などはありますか?)

私の受験した当時は、ICUの小論文では人文・社会のトピックが交互に出されているということでした。またICUの一般入試とは違い、論文が1つしかなく、それを基本的には1人の教授が書いているので、年度によって小論文の出題トピックががらりと変わる傾向があります。

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学の小論文添削指導、願書指導等を希望される方はこちらからどうぞ

ICU指定校推薦入試2 キリスト教同盟校

指定校推薦Apacheさんインタビュー2

(キリスト教同盟校に関してアドバイスはありますか?)

まず教会に1年以上通う必要があります。クリスチャンである必要はありませんが、キリスト教同盟校推薦(キリスト教学校教育同盟加盟校)なので、少なくとも1年間はしっかりと教会に通い、キリスト教の基本的な理解は得ておくべきです。

ただし、自分の場合ICUの面接では全くキリスト教に関する質問は出ませんでした。面接では私からキリスト教に関する話をしたような感じです。

指定校推薦に関して最も大切なのは、当然ですが指定校の1枠をいかに取るかということです。2年と半年の中で、いかに評定平均を上げていくか、学内で活躍していくかということが必要になります。また自分の場合、最後まで1枠を争った方と評定平均が全く一緒だったので、予備校の模試の偏差値なども参考にされました。よって一般の受験勉強で偏差値をしっかり出しておくこと、そして万が一指定校が取れなくても一般入試で受かるくらいの勢いで勉強することが大切です。

指定校推薦は運の部分もあり、政治的な部分もあります。なので指定校だけに頼らず、きちんとした受験勉強をしておくことも大切です。

(では指定校の枠が学内で得られたとして、そこからどのような対策をしたらよいでしょうか?)

指定校の枠を得てからは逆に先生と二人三脚になっていきました。学校によっては先生が協力的ではないという場合もあるようですが、私の学校では面接の指導や、小論文添削などもしてくれました。

ICUの面接でキーとなるのは志願票です。それが非常に長く、A4で2ページ分のエッセイを書かなければならないのです。私の場合は「人生で印象的だったこと」というようなトピックだったのですが、面接ではそのエッセイの内容を中心に聞かれました。

面接対策として、時事的な問題に対する知識などを得ておくことも必要かとは思いますが、それ以上に、自分が書いたエッセイに対して、どのような質問がなされるかを意識して、しっかりと準備しておくことが大切だと思います。

全くの余談ですが、私の後輩は宗教学の名物教授で、さらになんともかわいらしいお名前で有名なA先生に「私のネクタイを褒めてください」というお題を出されたそうです(笑)。そのような変わった質問も時としてあるようですが、基本的には自分のエッセイに書いたことを何度も見直し、それにしっかりと答えることでしょう。

(次回に続きます)

ICU指定校推薦入試合格者インタビュー1

今回は普段あまり聞くことのできない、指定校推薦に関する情報を、07年合格のApacheさんに伺いました。
以下はその時の様子をまとめたものです。

(簡単にプロフィールを教えてください。)

群馬県某キリスト教系の高校です。ICUには指定校推薦(キリスト教同盟校推薦)で合格しました。ICUのサークルでは空手部に所属しています。

(ICUを知ったきっかけは何ですか?)

中学時代に中国で生活していたのですが、その時のルームメイトがICUに入学したのがきっかけでした。自分が中学1年生の時に、彼女が中学3年生という間柄でした。

留学後そのルームメイトがICUに受かったという話を高校1年生の頃に聞き、初めてICUの存在を知りました。当時はお約束ですが、国際きとくきょう大学と読む始末でしたが(笑)

親にルームメイトがICUに受かったという話をしたところ、親は高校の教員で、進学情報等には当然詳しく「それはすごいことだ」という反応を得て、漠然とすごい大学なのだなと当時は思いました。

その後高校の進路指導部に話を聞きに行ったら、偶然にも自分の高校の指定校枠にあり、さらにICUの教育システムなどを調べていくと、自分の進路や学問などの希望に非常にマッチしているということが分かりました。

2年生の頃にICU進学の方針を固め、2年の春に進路指導の先生に相談にいったのですが、その時は「うちの学校では評定平均が4.8以上でないとICUは推薦しない」ということでした。

ところが自分が全く意図していなかったのですが、高校1年生の時の評定平均が同じく4.8で、そこからICU進学のために評定平均を維持していこうと努めました。

(具体的に評定平均を維持するためにしたことはありますか?)

基本となりますが、授業をしっかりと聞くことを心がけました。感覚としては授業を「120%」理解するという感じです。具体的には教科書を全部理解し、ノートをしっかりと取り、中間、期末テストに何が出るのかを普段から意識するようにしていました。分からないことがあったらとにかく質問するようにしていました。私立高校でしたし、授業料も安くなかったですし、ある意味で質問するのは当然かなと思いました(笑)。

ちなみにこの習慣は大学でもとても役立っています。ICUでは授業への参加が求められる部分があるので、その場で適切な質問を整理する、すぐに何が分からないかを説明できるということは、今の大学生活でも重要だと思っています。

(そこまで授業を一生懸命取るようになったのはICUへの進学を意識してからですか?)

それまでももちろん授業にはまじめに出ていたのですが、ICU進学を意識してから全教科5を取るという意識が芽生え、例えば保健体育で4などを取るのはもったいないと思うようにはなりました。

(そこまで授業にのめり込むというのは、周りのリアクションというのはどうだったのでしょう?)

元々成績はよかったので、どんどん評定を取りに行くというのは、自分的にも、また周りからも抵抗は感じませんでした。実際にはICUを狙っている学生はたくさんいたのですが、自分が評定を維持していることで、徐々に絞り込まれていったように思います。

具体的には3年の夏休みの三者面談の時点で、学年の成績トップの2人に絞り込まれていたように思います。そのもう1人の方も評定平均が全く同じ4.8でした。

(要するに学年トップの人が通過するということですね?)

その通りです。ただし年によって変わるようで、例えば誰もICU進学に名乗りを上げなければトップでなくても通過することもあり得るようです。とにかく1枠しかないので、誰が名乗りを上げるかと言うことで非常に状況が変わってくると思います。年度によっては評定平均4.5などでも推薦枠を得ることがあるようです。

自分の場合、評定平均が同じく学年トップに近い方と1枠を争う形になっていました。なので一般入試とは違い、目に見える相手と競争しなければならないという難しさはありました。もちろん自分との戦いでもあるのですが。例えば体育なども5を取りに行く意識が必要なので。

やや余談ですが、自分はテニスが苦手だったので、テニスを自主練したりもしていたんですよ。それで体育で3という評定が出されたことがあったのですが、その時は明らかにやれることはやっていたので、納得がいかず先生に聞きに行ったところ、「ごめん、5と間違えていた」と拍子抜けするほどあっさりと評定が変更されたこともあります。

その時は非常に驚いたのですが、ICU進学に向けて評定を維持するという目標がなければそこまではやらなかったと思います。ある意味で執念ですね。その時先生に成績の確認にいかなければ、私は今ICUにいなかったと思います。

(そこまでやったモチベーションというのは何なのでしょう?)

ICUに惚れたということでしょうか。とにかく当時はICU進学に関して熱い思いがあったのです。リベラルアーツの精神、ELP、キャンパスなど、当時の自分には全てが魅力的に見えたのです。あと正直一般入試でICUに入れるとは思いませんでした(笑)。現実的な話では自分の高校の推薦でいける最もよい選択肢だということでした。

また別の理由として、複数の大学を受験すると数十万円の費用がかかりますが、推薦で受かれば35,000円で済むのではないかという思いもありました。

(指定校も受験料をばっちり取られるのですね?)

ええ、しっかり取られますよ(笑)。

(次回に続きます)

ICU国際基督教大学の小論文添削指導、願書指導等を希望される方はこちらからどうぞ